しるしのないカレンダー

定年退職した自由人のBLOGです。庶民の目線であんなこと、こんなこと、きままに思ったことを書いてみたい。

キジも鳴かずば撃たれまいに

2017年07月13日 | Weblog
党内から安倍政権に批判や不満が出にくい雰囲気について。蓮舫代表についても言える。言わないと日本がつぶれる。言ってこそ反省もできる。いつもうまく回っているわけではないのだ。いろいろな意見があることは当然の事。多くの意見が出て、議論の中身が見えてきて、最も合意形成が進みやすい方向性が見えてくる。合意形成とは反対の方向に進む場合も多い。リスクはトップの判断次第。豊田議員の暴言、前川前次官の発言、佐川国税庁長官の全ての資料は廃棄した発言。防衛省も即資料廃棄。一部の人にだけ見えていたから。疑惑が湧くと即「廃棄」。一線を超えないように秘密を守る。パスワードの様なものだ。秘密が守れないから問題が起きる。トップの秘密は自分だけのもの。漏れた時点で崩壊が始まる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七夕飾りと清掃ボランテイア | トップ | 秘密は守る »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
秘密の厳守 (こーちゃん)
2017-07-13 04:55:53
絶対に漏れてはならない秘密がある。
漏れるから世間が騒ぐ。
合意形成に必要な情報かどうかということ。
判断は常にトップに任されている。
トップに近い側近からの漏れがリスクとなっている。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。