しるしのないカレンダー

定年退職した自由人のBLOGです。庶民の目線であんなこと、こんなこと、きままに思ったことを書いてみたい。

外国人初の棋士誕生!

2017年02月22日 | Weblog
将棋のカロリーナ・ステチェンスカ女流3級(25歳)が東京都渋谷区の将棋会館で行われた女流名人戦で女流2級に昇級した。男女を通じて初の「外国人棋士」となった。女流3級となった後に、「昇級後2年間で参加公式棋戦数の4分の3以上の勝ち星を得る」の規定を満たした。正式な棋士になるには原則的に「奨励会」で4段に昇進しなくてはならず、過去に女性が棋士となった例はない。
奨励会は年齢制限があり、満23歳の誕生日までに初段、満26歳の誕生日までに四段に昇進できなければ退会処分となる。
現在の奨励会は7級から3段まであり、多くは6級で入会する。昇級・昇段を重ねて3段に昇段すると「三段リーグ」に参加、
半年間毎のリーグ戦で原則2位に入ると4段に昇段し「棋士」となれる。従って、女性限定の制度である「女流棋士」という制度は奨励会とは別の「研修会」に入会し、C1クラスに昇級するかアマチュアが出場できる女性棋戦でベスト8以上となる。日本将棋連盟の「奨励会」に入会し、2級以上で退会する。いずれか、もしくは掛け持ち資格も可という複雑な制度の由。外国人が2級に昇段した。ということがニュースになった訳で、プロ棋士(4段以上)160人の中に入るにはまだまだ力が不足している。そうゆうことのようでした。女流の賞金がかかった試合に出れるということ。プロ棋士となったということ。その様なニュースの様でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体調不良は胃腸から | トップ | 2エルサイズ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
5段 (こーちゃん)
2017-02-22 04:49:04
プロ棋士は5段以上。
そうゆう基準があるようです。^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。