しるしのないカレンダー

定年退職した自由人のBLOGです。庶民の目線であんなこと、こんなこと、きままに思ったことを書いてみたい。

中古コピー機

2017年05月16日 | Weblog
中古コピー機の相場を調べてみた。長年使っていたコピー機の寿命が来たからだ。1度に500枚程度のコピー枚数で機械が熱くなり
紙詰まりを起こしていた。資料印刷の需要は多い。歌の会、会議資料等大勢の参加者に配る資料はけっこう頻繁にある。
50名程度に配る資料。20ページくらいになることがある。1000枚のコピーだ。年間ではかなりの回数印刷する。
新品のコピー機は200万もする。おいそれと手が出ない。そこで中古品を物色する。案外安い。最新型やカウンター1万枚以下の極上品、オプションが搭載されているなど、特殊な条件でない限りは30万以下で収まるらしい。そこで中古コピー機・中古複合機を「10万」「20万」「30万」の中で調べてみた。30万以下の中古コピー機の特徴は「型は古いがスペックの高い上位モデル」印刷速度が速い・多機能のオプションが搭載されている。
利用頻度の多いユーザーや機能性にこだわりのあるユーザーが導入するワンランク上の中古品と考えることができる。
新品価格は定価150万超えのコピー機が30万以内の価格相場で販売されている。予算計上されていなかったが、前の会議で導入したい。とのトップの意向もあった。既に業者打診し、中古品販売見積もりも出ていた。これならすぐに検討会を開くことができる。即、購入となれば、故障の多いクレームの受け皿となっていた管理人からも喜ばれる。新年度最初の役員会議の検討会資料。決まった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早朝散歩 | トップ | 時期はあるもの。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
検討会 (こーちゃん)
2017-05-16 05:04:55
新役員で検討してほしい。そんな引継ぎがあった。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。