休日は風を切って
休日は自転車に乗って風を切って・・・汗も疲れも気持ちがいいです。自転車に乗るきっかけはダイエットでした。




(2008.8.27 裏磐梯桧原湖畔)

8月27日午前、タップリ道草をしながら御霊櫃峠から猪苗代湖へと乗り入れました。それでも出発が早かったおかげでお昼前なのです。ということで、予定通りここ猪苗代から裏磐梯桧原湖方面へ走り出しました。桧原湖は自転車に乗り始めた頃に一度だけ一周したことがあります。ナイトランではもう何回も回っているのですが、実際は今回で二度目なのです。

いつも皆さんには“反時計回りのバーチャル桧原湖一周”にお付き合いいただき、本当に感謝しているのです。しかしながら“バーチャル”ばかりでは誠に忍びなく、今回本物の桧原湖一周に出かけてきたという訳なのです。



“志田浜一のソフトクリーム”を食べて鋭気を養って、午前11時30分県道322号線を志田浜から裏磐梯を目指して走ります。長袖ジャージだったことを後悔しながら、胸のジッパーを少し下げると冷たい風が心地よいです。いくら天気がよいといってもやはり高原は初秋なのですね。



この道は川桁山の裾を走るようにしながら“リステル猪苗代”へと続く道です。今まさに満開の蕎麦畑がありました。そういえば諏訪峠を須賀川から猪苗代方面へ下ったところも、今は一面の蕎麦の花なんでしょうね。



午前11時40分、リステル猪苗代に到着。敷地の一画には、一面に八重のひまわりが満開となっていました。そうそうここリステル猪苗代はモーグルの世界選手権(WorldCup2008)の会場となった所でもあります。




ここのお花畑の中には、カナダ人の彫刻作家の手になる『巨木彫刻』といわれる木彫りの大きな十二支があるのです。これは本当に見応えがあります。家族で一度ここのハーブ園を訪れた際に間近に見て回ったことがあります。



「♪ハア~ 会津磐梯山は宝の山よ~ 笹に黄金が エーまたなりさがる~ 」というわけで、これから田んぼが黄金色になるとホントに宝の山に見えるんでしょうね。



ここ県道323号線の直線路は約3キロ。車で走るのは気持ちがいいのですが、自転車だと単調すぎて意外に面白くありませんでした。いくら漕いでも進んでいるって言う実感が無いのです。しかも帰りにはここでパンクというアクシデントが・・・。




国道115号線を横断して東京電力秋元発電所へ。山肌に沿って駆け下りてくる大蛇のような水圧管路はこの辺一帯のいい目印になっているのではないでしょうか。敷地内にはタービンのカットモデルなども展示してありました。



国道459号線を裏磐梯へ進んでいくと、水面に影を映す真新しいペンション。こんな絶好地がよくまあ今まで手つかずで有ったものです。



道路沿いのいたる所に特定外来生物に指定されているという「オオハンゴンソウ」が・・・。見回すと林の中にまで浸食の手が伸びているようで、これを根絶やしにするのはもはや絶望的とも思えます。



ここまで来ると裏磐梯に来たような気がします。“ダリ”のコレクションで有名な「諸橋近代美術館」です。



わたしはここの建物のデザインが大好きなんです。いえ、収蔵されている作品も見事でした。



以前に“ダリの作品に実際に触れることが出来ます”という催しに応募し、『この度はNHK「迷宮美術館」でご紹介のありました当美術館開催のイベント  来て!見て!さわって!「ダリの隠された秘密」に参加のお申込をいただき、誠にありがとうございます。』と当選の通知があり、末娘と参加させていただいた事がありました。



ダリの絵や彫刻に隠された秘密や、その彫刻に実際に触れさせていただいたり、作品を持って写真を撮っていただいたりと、それは至れり尽くせりの催しでした。そしてそれ以来ダリとこの美術館がぐっと身近な存在になったことも事実なのです。



午後1時5分、美術館を後にして桧原湖畔へと向かいます。



午後1時26分、裏磐梯サイトステーションに到着。“インターネット自然研究所”の中の『裏磐梯レンゲ沼と磐梯山』の画像は一時間置きにここからアップされているのです。ここの庭にあるテーブルで少し遅いお昼にしました。ジャージの背中のポケットから取り出したのは、出がけに“ワイフ君”が持たせてくれたお昼ご飯なのです。遊びに行くヤツなんか構うことは無いのに、これじゃ“泥棒に追銭”みたいなもんじゃないですか・・・。塩漬けの紫蘇の葉でくるんだその御握りは、セブンイレブンのおにぎりには無い素朴ないい味がしました。



さあて、エネルギーを補充した後は、今日のメインイベント桧原湖一周です。



そしてスカイバレー入り口、早稲沢JA前の自販機でスポーツドリンクを補充しようとして、出てきたボトルを見て「あれっ、コーラ!」疲れているせいか、間違ってとんでもないボタンを押してしまったようです。もう一度買い直すハメになってしまいました。



スカイバレーの入り口の方を見ながら、コーラを飲んでいると「ヒルクライム大会 9/7(日)車両通行止」の立て看板がここにもありました。ここから右の方は“ENDLESSのみなさん”それから“ピナ男さん”や“mattoshiさん”にお願いするとして、わたしは左へ曲がります。



午後2時30分、「ひばらおおはし」の上で記念写真。



お役所にしてはかなり大胆なことをしたものだと感心しました。この足跡からは見る人の心理状態でいろいろな物語が語れそうですね。しかし、わたしはどうしても右側の小さな足跡がこの後どうなったのか気になって仕方がないのです。お父さんが抱き上げて行ったのでしょうか。お父さんの足跡の脇に小さな足跡が並んでいたり、それが楽しそうにスキップしていたりたりしたら言うこと無しなんですけれどね。



“mattoshiさん”のブログにあった“ママキャンプ場”のミソハギはとても見事なものでした。



湖畔のあちこちにではミソハギが満開で、やはり写真に納めておられる方々がおいででした。



ダラダラの上り道でクッタクタになりながら、締めくくりに訪れたのは“mattoshiさん”“ENDLESSのみなさん”たちのブログに出てきた『道の駅裏磐梯』。ここのジェラートを食べに寄ってみました。ここの季節限定「枝豆ジェラート」はとてもいい味でした。時刻は午後3時3分、本当はここから中ノ沢経由母成グリーンラインで下って行こうかと思ったのですが、中ノ沢から母成へのあの上り坂をイメージしただけで、すっかり気持ちは砕けてしまいました。



裏磐梯を後にして再度志田浜に寄り、“志田浜一のソフトクリーム”を食べて帰りのエネルギーにしました。日の傾きかけた猪苗代湖に今日一日遊ばせてもらったお礼を言いながら、午後5時1分、大っ嫌いな国道49号線を下り始めました。

本日の走行距離155.26 走行時間6:31 平均速度23.8 最高速度52.2

コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )


« チャンス到来... ガーデンシュ... »
 
コメント
 
 
 
この素晴らしき世界、What A Wonderful World !! (mattoshi)
2008-08-29 04:58:00
kojiさん!何たる事でしょう!! スゴいですよ!!
スゴ過ぎです。いやあ、自転車っていいものなのですね~、ということを改めて実感させられます。
本宮市ー郡山市ー御霊櫃峠ー猪苗代湖ー裏磐梯ー檜原湖一周ー猪苗代湖ー本宮市 って、、、もう完全に車でのドライブコースですよね。さすがは長距離ランナーのkojiさん!!本当にスゴいです。こういう可能性。スゴく刺激を受けます。だっていつもは、車で自転車たちを運んであげて、乗り出しているわけですから、、、「ああ、こういうのをやってみたいなあ~」と思っている事を、僕より遥か先輩であるkojiさんが易々とやってしまうところが、もう感激です!
高校時代にランドナー ” ミヤタ Le-Man号 ” で裏磐梯を闊歩していた頃の自分に出会いたくて、ここ最近、密かに長距離サイクリストを目指しているのですが、なかなか実行できずにいる自分が歯がゆかったりして、、、 KOJIさん! スゴ~く刺激を頂戴いたしました。感謝感謝、であります。

写真がとてもいいですね~。日頃通っていても気がつかないポイントが撮られていて、[さすがのkoji ]さんです。志田浜のアイスを2回、道の駅 裏磐梯 のジェラートを食されて、冷え冷えでお腹壊しませんでしたか?? いやはや、いろんな事をお話ししたいものです。坂嫌いのkojiさん。雄子沢はいかがでしたか?あのすがすがしいほどの一直線、距離は短いですが、何とも言えず好きなのですが。
今日も大雨が続きます、、、kojiさんの休日の中で、こんな素晴らしき世界があったこと、本当に良かった。そして近代の神器、インターネットを通じてその世界を味合わせていただける事!! 考えてみれば、僕の高校時代には想像もつかないすばらしき世界です。

 
 
 
“mattoshiさん” (koji)
2008-08-29 05:47:06
おはようございます“mattoshiさん”。出発が早かったので時間的な余裕があって助かりました。もう見るところ見るところが、楽しさや感動に溢れていて、ついついカメラを構えてしまうのです。やっぱり自転車の速度はいいですね。
それから文中の「スカイバレーヒルクライム」に挑戦される方々やブログのリンク忘れたので訂正させていただきましたのでご了承くださいませ。
自転車って本当に楽しいですね。わたしの場合、坂が無ければの話ですが・・・。“mattoshiさん”の仰る“雄子沢”は文中の『ダラダラの上り道でクッタクタになりながら・・・』のところだと思います。たしか雄国沼への登山道のところだっですよね。あそこはもうホントにしんどかったです。坂嫌いのわたしとしては、あそこは時計回りで行きたいと本気で思いました。
きょうも雨降り、あの日は本当にワンチャンスのいい一日でした。
 
 
 
猪苗代湖を再度水質日本一に! その2 (dietshu)
2008-08-29 17:32:17
kojiさん、第二段のご報告ありがとうございます。
御霊櫃越えて、裏磐梯に向かって、挙句に桧原湖一周ですものね、155km!!! 超人です☆
しかもきれいなスナップを撮影しながらと余裕です。


7日に白布峠ヒルクライムがあるんですよね。出場される皆様の御健闘をお祈りいたします。
小国沼登山口の駐車場手前、まっすぐの坂が一番厳しいですね。

奥様手作りのおむすびも然ることながらアイスクリームをたくさん食されました。火照った体が欲しがるのがわかります。

磐梯山は一日中雲も掛からずきれいに見えるラッキーな日でした。

帰りの中山峠トンネルは怖いです。暗いし歩道も小石などで路面状況が良くありません。MTBならいざ知らず、ロードの細いタイヤでは・・・。前回僕は歩道を引っ張りました。
無事のご帰還何よりでした。

重ね重ねkojiさんの体力+モチベーションに感服です。
 
 
 
お疲れ様でした (あんぜんぐつ)
2008-08-29 19:12:45
御霊櫃攻略~檜原湖一周お疲れ様でした!
いや~流石ですね!
晴れ間があったらすぐに出かける!
私も見習わなくてはいけませんね。
でも、ここ2週間ほど自転車に乗れていないので
まずは足慣らしをしてから走りたいですね。
 
 
 
“dietshuさん” (koji)
2008-08-29 19:26:43
再びのコメントありがとうございます。
今まで自転車に乗れなかった鬱憤を一遍に吐き出してしまったような日になってしまいました。本当に磐梯山は最後までよく見えていましたし、青空と雲の案配もなかなかのものでした。写真を沢山撮ったということは、休憩を沢山したということなのです。
アイスクリームは即効性の栄養補給源だと信じてやむなく食べました。(大ウソです)
とにかく今までパンクの多いわたしへの、皆様方からの忠告で、あんまり道路の端っこを走らないようにしているのですが、それでも裏磐梯からの帰りでやはりパンクをしてしまいました。度々の49線帰りで慣れてきたせいか、今回はそれほどにも感じないで帰ってきたんです。ひょっとしたらそれほどに疲れていたのかもしれませんよね。
今日、午後から天気は良くなったのですが、宣言通りおとなしく家にいて、夕方は購入したガーデンシュレッダーで先日の伐採枝を処分していました。ガーデンシュレッダーは70点というところでしょうかねえ。
 
 
 
綺麗な景色 (HIDE)
2008-08-29 20:00:31
最高ですね~
写真の景色が、綺麗ですね~
しかも、晴れているので、気持ちよさそう。
KOJIさんは、ロードで走るようになって、ロングライドが楽になりましたか?
私も、ロード選定中ですが、MrOが、先日、裏磐梯ヒルクライムで、ロードに乗って、10分ほど短縮したと言っていました。
MrOも、練習はしているし、クロスからロードに変更だけではないとは、思うのですが?
良かったら、教えてください。

ENDLESS HIDE
 
 
 
“あんぜんぐつさん” (koji)
2008-08-29 20:07:24
ここのところの週間天気予報はまったく当てにならなかったので、当日の予報と朝の時点での生天気が勝負でした。夏休み後半戦、もう一回ぐらいは何処かに行けたらいいなと思っていました。
この天気では“あんぜんぐつさん”のジテツウだってままなりませんでしたよね。明日の天気も安定していないようですね。日曜日に走れたらいいですね。
 
 
 
“hideさん” (koji)
2008-08-29 20:24:32
とうとうですか“hideさん”
わたしの場合はロードバイクに変更したのを機に、今まで以上にロングライドするようになったのですが、やはり自転車が軽い分、絶対に違うと実感しています。それから平均速度がありますが、ナイトランのコースで比べても圧倒的にロードが早いです。“Mr.Oさん”がヒルクライムのタイムを短縮されたというのも自転車の違いによるところが大きいのかと思います。
まあ、一番の違いは“ロードは早い”という自己暗示をかけやすいとことだと思います。
 
 
 
322・323 (へばな)
2008-08-29 21:15:53
県道322か323はブルベ400Kの時に走りました。なつかしい風景です。 リステルのそばも通りました(^^)。
 こんなすばらしい景色の近くに住んでらっしゃるkojiさんがうらやましいです! きれいな写真をありがとうございます(^^)。
 
 
 
“へばなさん” (koji)
2008-08-29 23:44:01
国道294号線を走り、須賀川市の勢至堂トンネルを抜けて、猪苗代湖畔の上戸から322、323号線とつないで115号を土湯へと向かったのですよね。うーん、このルートもわたしには相当キツイです。
そして飯野から南下したこの400kmも凄かったですね。返す返すもママチャリの“へばなさん”は凄いと思います。
 
 
 
磐梯山を満喫! (pontsuko)
2008-08-30 07:29:02
155km、うーん、まだ僕にとっては未知の世界であり、まだまねできないです。ここ1週間の雨模様で、ほとんど真空地帯のような素晴らしい天気に恵まれ、良かったですね。
相変わらずKojiさんの写真、イイですね。いろいろな磐梯山を堪能させてもらいました。
僕はツタの壁をバックにしたKojiさんのアンカーの写真がお気に入りです。
桧原湖一周は、時計逆周りだと、最後の坂がきつかったの思い出します。
 
 
 
“pontsukoさん” (koji)
2008-08-30 07:59:47
おはよおうございます。夕べから降り続いていた雨も今は丁度小康状態といってところでしょうか。こうなってみると、やはりこの裏磐梯行きのときのワンチャンスを逃がしていたら、せっかくの休暇もしょぼくれたものになっていたかもしれませんね。
“pontsukoさん”のおっしゃっている“ツタのある写真”は、わたしも同様にツタの感じがいいなと思った諸橋近代美術館の自転車置き場なんですよ。美術館だけあって、庭園や周りの環境に対する気配りもなかなかですよね。
それから桧原湖一周は前回の時に地形から割り出して、楽ちんなのは“時計回り”と出ていたのですが、今回はあえて毎年行われている桧原湖一周のイベント:桧原湖一周ファミリーサイクリング大会と同じ“反時計回り”で回ってみたのです。でもね、やっぱり“pontsukoさん”がおっしゃるように、最後のほうにある直線の長い坂(“mattoshiさん”が「雄子沢」だと教えてくれました)が応えました。だって“時計回り”の前回の時は一番楽しくスピードに乗って走り抜けた所でしたから。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。