LIFE IS GOOD! うろうろ人生旅日記

20代はいろんな国を歩き30代はサラリーマン。40で早期退職に手を挙げた。現在訪問69か国+1。只今バンコクで生活中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

北京は1日中雪雪雪雪白白白白

2010年01月03日 | 中国日記
朝9時、友人F自分のホテルをチェックアウトし荷物を持って我が宿に登場。

外はしんしんと雪が降り、昨日よりもかなり積もっていた。持ってきた荷物から考えられる最強装備でマイナス10度(天気予報から)に立ち向かう。格好は殆どスキーヤーである。おかげで温かく快適。重いながらも持ってきといてよかった。。

まずは天安門、天安門広場。3日前とは完全に様相が変わり真っ白な雪の中の天安門。それでもかなりの人出。





ここから北上し故宮。雪は容赦なく降り続く。。雪の中でどの建造物も一緒に見えてくる。。。



故宮の後は景山公園。



上まであがると雪の中の故宮。ここはいい天気の中見たかった。



景山公園近くでお昼を取った後、82番のバスで鐘楼へ。フートンと呼ばれる昔ながらの町並み(といってもここは完全に観光地化されていたが)を見て歩き鐘楼を上がる。360度雪雪雪であった。



居心地のいい喫茶店でやたら高いホットチョコを飲みバスで宿に戻ってくる。

ここで友人Fは今日からのさらに高級なホテルへチェックインするために去っていった。。

王府井のいつものフードコートで晩御飯。複数の浮浪者がやたら周りをいったりきたり。もちろん獲物は残した食べ物。席を立って離れたら即席に座り食べ始めた。残したものをとやかく言うつもりはないが、なんかすごく後味悪い。。

さてニュースによると大雪に見舞われた北京は飛行機なんかもキャンセルが相次いだ上、明日からはもっと寒くなる(マイナス16度だって!!)そうだ。2度とこの北京で太陽を拝むことはないような気がする。寒さはどうにかなっても雪の上を歩き続けるのはかなり疲れる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加