東京昆虫記

東京の自然環境に棲む昆虫たちの生態写真
...Represent Real in Tokyo...

セミ撮り

2017年08月09日 | セミ
この土曜日は沿岸部でセミ撮り。

クマゼミ

D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
存在感あるガッチリとした体型は何度見ても飽きない。
高枝先でシャーシャー鳴く午前中の高活性時は撮影距離が
足りないので生態観察を楽しむための時間。
撮影は低活性時の比較的にげられにくい午後の方が有利。
もちろん、午後でも高枝先に静止している個体も多いが、
中には目線の高さに静止する個体もありそれを探すのもクマゼミ撮影の醍醐味。

クマゼミ

D810+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
林床が日影になる常緑樹の密生する林よりもサクラやアキニレなどの落葉樹や落葉高木が植樹され、
それらの樹間が広く確保された明るい林床を持つ環境をより好んでいる様子にある。
今のところ個体数に増減は無く例年通りの発生。
アブラゼミ

D810+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
例年、アブラゼミがごっそりと集まりるアブラゼミの御神木と呼んでいるサクラをチェックしに訪れたが何故か今年はまだ少数。
再びお盆休み中に訪れる予定でいるので、その時は例年以上に集る光景が見られる事に期待したい。

撮影日:8月5日
撮影地:東京都沿岸部
『虫』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湿地の片隅で | トップ | 真夏の早朝 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む