東京昆虫記

都内の片隅に残された自然に生きる昆虫たちの生態写真

...Represent Real in Tokyo...

雨後の広場で

2016年10月12日 | トンボ
公園の原っぱ広場が雨の影響によりビチャビチャ。

D810+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
晴れればすぐに蒸発してしまう一時的なものではあるが、
まるで湿地の様な環境を見せてくれていた。
娘たちに長靴を履かせてそこで遊ぶも、本当の目論見はアキアカネの撮影。

気温の低下により活動が見られるのか不安であったが、雲間から何となく薄日を感じた時、なんとオスが一斉に目線の高さでホバリングを開始!
気象、その他の条件によるものか、そうした光景は今までに遭遇したことが無く、娘たちとともにそれを目の辺りにして、スゲ〜と見惚れながらに大興奮。

先陣を切ってホバリングするオスに網を振る長女。

D810+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
しかし、残念ながら空振ったご様子。。。

アキアカネ ♂(Sympetrum frequens)Mele

D810+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED



D810+Cosina Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF.2
娘が捕まえたのはメス。
原っぱに静止していた個体を捕まえたらしく、
ホバリングしているオスは網を見せると逃げられてしまい難しくて捕れないとのこと。
どんよりとした曇り空であったものの、
娘たちとともに雨後の広場でアキアカネの素晴らしい活動を楽しむことができた。


撮影日:10月10日
撮影地:東京都区部
『虫』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黄色が目立つ | トップ | 気になる越冬場所 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む