健康サポーター H&S

心も身体も健康に生きたい。みんなで生き生きしましょ。

何十年ぶりでしょうか 温泉旅行

2017-05-14 08:00:56 | Weblog
こんにちは。健康サポーターH&Sです。

親子水入らずで温泉旅行がしたい

そんな母の希望で箱根に一泊してきました。

大船で待ち合わせ、「踊り子号」でわずか25分。
小田原で下車し、送迎バスでホテルまで。

小田原駅には「小田原」と書かれた大きな提灯が下がっていました。
ホームから「お猿のかごや」が聞こえてきました。発車の合図です。

お土産ものとしては、かまぼこ、ういろう、温泉まんじゅう、寄木細工。

ホテルは芦ノ湖畔にありました。


                      部屋の窓から出港前の遊覧船(海賊船)が見えます。

夕食までに時間があったので近くにある「箱根公園」を散策することに。




   歩き始めてから気づいた、「健脚コース」を選んでいたことに。


                       前を歩く、80歳を過ぎた母と妹
                                     


「湖畔展望館」の正面玄関でフクロウがお出迎え




 
園内のあちこちの広場にも看板にフクロウの姿。どうしてかな。





「湖畔展望館」周辺。きれいに整備されています。


                 公園の出口近くに古い石碑発見。「箱根八里」の歌詞が刻まれていました。

夕食はフランス料理でした。
どんな料理が出てくるのか、テーブルに置かれた
献立表を見ただけではさっぱりイメージできません。


   
順番に出てくる料理はどれも大きなお皿に
芸術的(?)にこじんまりのっています。

ゆっくり食事を楽しんだ後は温泉へ。

浴場入口まで履いていったスリッパは数字のついた下駄箱へ。
これなら、出てきてほかのお客さんが履いてきたのを履いて帰ることはないですね。

洗い場は1人のスペースごとに壁で仕切られています。
これなら、お互いに石鹸の泡や流すお湯が侵入する心配なしです。

シャワーのレバーを一押しするとしばらく置いて自動で止まる。
これなら、使っていない時に流しっぱなしになる心配がありません。
再開するのも一押しするだけだから手間ではありません。

温泉は何年ぶりかなぁ。

長い間行かないうちに私が覚えている温泉とは
いろいろなところが違っていました。

翌日は天気予報どおり朝から冷たい雨。

チェックアウト後はすぐ近くの「箱根駅伝ミュージアム」で
ハープティーをすすりながらおしゃべり。

小田原までの送迎バスの発車時刻を待ちます。

小田原駅でお土産店をまわった後、
「踊り子号」発車までベンチに腰かけ、そこでもおしゃべり。

空いているところへ二人連れの女性。
外国の方の様子。

「こちらの国からいらしゃいましたか。」
と尋ねてみたら、台湾でした。


                 通りかかった駅員さんが「お撮りしましょうか。」と声をかけてくれました
 
バイオリン、チェロ、サックス、とおふたりとも楽器を演奏するそうです。

母国語の他に日本語、フランス語が得意だったり、
栄養に詳しくて長寿日本の食生活に興味を持っていたり、

親戚や友人が福岡、大阪、仙台、アメリカ、フランス、…
日本各地、世界各地にいるそうで訪ねるところが沢山あるみたい。

毎日いきいきしていらっしゃる様子でした。

とても友好的な感じの良いおふたりで
ご一緒に楽しいひとときを過ごしました。










             




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の「ほほえみ広場」(新... | トップ | ~「アフリカ日比谷フェステ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。