健康サポーター H&S

心も身体も健康に生きたい。みんなで生き生きしましょ。

曲の途中でテンポが変わってもみんなの息を合わせる練習

2017-06-16 22:46:04 | TaYu²(たゆたゆ)
こんにちは。健康サポーターH&Sです。

6月24日(土)25日(日)にせまった
「アフリカ日比谷フェスティバル」。

今日も4人で練習しました。

曲の途中で何度もテンポが変わる「久遠の河」。
前奏、間奏でゆっくりになる「京都の恋」。
前回の練習でテンポが遅すぎた
「太陽がくれた季節」「ナオミの夢」「アクアマリンのままでいて」。

何度も何度も部分練習してみんなで息を合わせます。

アレンジもさらにひと工夫。
前回までにはなかったメロディーが加わりました。

本番の曲順で演奏してみると、持ち時間は
ほとんど残らないことがわかりました。

「トークの時間は取れないね。
 曲目を言ってどんどん演奏という感じでいきましょう。」

私もナオミさんもちょっとホッとしました。
あまりそういうの慣れていないので。





早く片づけが終わった功さん(右)、他のメンバーを手伝ってくれます。

ボーカルのナオミさん(左)、今日は途中で声がかすれた。
他のメンバーと違って自分の体が楽器だから上手に休憩も取らなきゃね。



あれっ、Tamyさん、何か問題発生?



重いアンプを台車に積むTamyさん。音楽って体力要ります。

手前に見えるのはアダプターのコードをたたんでいる功さんの手。

今日も楽しく熱のこもった練習ができました。

次回は18日(日)の午後と夜。

初めてドラムが加わる。楽しみです。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大沢地区の認知症カフェは「... | トップ | 今日の練習は七夕の日に向けて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。