かわ遊び・やま遊び雑記

アユ・渓流・ワカサギなどの釣り情報と身近な自然の中で遊び回った記録や雑記

ネムノキの花・・・

2017年07月11日 | 植物

ネムノキの淡紅色の花が見頃を迎えているので、旬を逃さない内にアップしておこうかな・・・

ネムノキの花を詳しく観察すると、頭状に10~20個の花が集まっているのが分かる。 

たくさんある淡紅色の糸状のものは雄しべで一つの花に30本ほどある。 雌しべは1本で見つけるのが大変だ! 花弁や萼は長い雄しべの根元の方に有って、淡い黄緑色で目立たない・・・


ネムノキは夜になると葉が閉じるから付いた名前だと言われているが、花は葉と逆に午後になると開き始め次の日には閉じてしまうのだ。 夜を中心に花が開くということは送粉昆虫はスズメガなどの夜行性昆虫ということになる・・・

虫媒花は送粉昆虫を呼び寄せるために虫にアピールする色を持ち良い匂いや蜜を出すのだけど、ネムノキは省エネ型で頂生花の1~数個しか蜜を出さないらしい。 他の花は蜜を出す花の恩恵にあずかっていることになる。 頭状花序中央部分の花冠の長い花で雄しべが横にも広がってボリュームがある花なので直ぐにわかる・・・↓の中央の花。

蜜を出す花は、蕾のうちから花冠が長く根元が太いので分かりやすい(←のものと左隣の蕾)・・・


ネムノキの花は先に雄しべが熟して花粉を出す仕組み(雄性先熟)になっている。 花粉を出し終わると雄しべは萎れ、雌しべがだけがまっすぐ伸びていて他の花の花粉を受粉して自家受粉を避けているのだという。


下の写真の花は、蕾なのに雄しべが出ている? と思ったらカゲロウの卵かな?



「夜に葉を閉じるからネムノキ・・・分かりやすい命名だね」と (↓) 応援クリック よろしくお願いします!  (3498話目) 

にほんブログ村ランキング」に参加中です。

【アウトドア】 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ  【釣り】 にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ

 

「人気ブログランキング」にも参加しています。

【自然観察】   【鮎釣り】  

 

ヤマケイハンディ図鑑3 樹に咲く花 離弁花① 山溪ハンディ図鑑
クリエーター情報なし
山と溪谷社
『群馬県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝の上毛新聞・・・ | トップ | 今日も気になる記事があった... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

植物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。