譲二さんと毎日うふふ 妄想小説と乙女ゲーム

主に『吉祥寺恋色デイズ』の茶倉譲二の妄想小説

話数が多くなった小説は順次、インデックスにまとめてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なんでこうなった?~その11

2017-03-08 06:16:09 | ゆきずりの恋

以前書き込んだこともある譲二さんのお話ですが、結末は完成してないものの少しづつupしていこうと思います。

お酒を飲んだ勢いで、譲二さんと一夜をともにしちゃった女の子の話です。


時期としては、本家吉恋のヒロインがクロフネに住み込む少し前の頃を想定してます。


川原柚葉…大学卒業して一年のOL、歴史オタク

茶倉譲二…喫茶クロフネのマスター、やっぱり歴史オタク


☆☆☆☆☆
なんでこうなった?~その11

〈柚葉〉
ため息と同時に着信音がして、ちょっと飛び上がった。


美香からの電話だ。


柚葉「もしもし…」

美香「柚葉、大丈夫だった? 家に帰り着いてる?」

柚葉「うん、さっき帰って来た」

美香「さっきって…。どこかお泊りしたの?」


しまった!


柚葉「うん…。昨日の…茶倉さんちに泊めてもらった」

美香「何してんのよ…。で、どうだった?」

柚葉「え? どうだったって?」

美香「あんなに意気投合した男女が同じ部屋に泊まって、何もなかったわけ無いでしょ?」


はい…。

その通りです…。


柚葉「うん…。その…何かはあったらしいんだけどね…」

美香「らしいって何よ。どういうこと?」


私の話を聞いた美香は大きなため息をついた。


美香「信じられない…。で、どうするのよこれから?」

柚葉「どうするって?」

美香「だ~か~ら~。一夜だけのアバンチュールで終わらせるわけ?」

柚葉「まだ、考えてない…。一応茶倉さんからメールは来たけど」

美香「メール来たの? 良かったじゃない。きぬぎぬの歌ってわけね」

柚葉「きぬぎぬ? そんなのじゃないよ。単にまたコーヒー飲みにおいでねって書いてただけだよ」

美香「それって『また柚葉に逢いたい』ってことじゃない」



散々私をからかって美香は電話を切った。

そうだよね…。

また会えば何か進展もあるかもね…。



とは言え…。



『昨夜のことは無かったことにしよう。』


というのが気になる。


覚えてないからといって、無かったことにされるのはもやもやする。

かと言って、当たり前のように迫られたら…それはそれでちょっと困るかも…。


あれこれ悩んだ挙句、返信のメールはそっけないものになってしまった。

 

その12へつづく

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんでこうなった?~その10 | トップ | なんでこうなった?~その12 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ゆきずりの恋」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。