譲二さんと毎日うふふ 妄想小説と乙女ゲーム

主に『吉祥寺恋色デイズ』の茶倉譲二の妄想小説

話数が多くなった小説は順次、インデックスにまとめてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クロフネハロウィン~譲二の場合~その4

2016-10-27 06:16:28 | 吉祥寺恋色デイズ 茶倉譲二

 

手抜き(>_<)昨年の記事の再掲です。

 

(▼∀▼)(▲ω▲)†(▼皿▼) †(▲∀▲)(▼ω▼)

吉恋本家の番外編、『クロフネハロウィン』には譲二編がない。

だから、譲二編を自分で作ってみた。

高校時代で、付き合い始めて間がない頃。

この設定は他のルートと同じ。

(▼∀▼)(▲ω▲)†(▼皿▼) †(▲∀▲)(▼ω▼)


クロフネハロウィン~譲二の場合~その4

カラカラーン~♪


理人「マスター、衣装もらって来たよ」

譲二「あ、ご苦労様」

理人「当日まで、みんなに見られないところに隠しておいてね」

譲二「OK!」

理人「じゃ、今日はもう帰るね」

譲二「え、すぐカフェオレ淹れるから飲んでってよ」

理人「カフェオレか~。じゃあもらおうかな」


譲二さんがカフェオレを作りに厨房に入った。


百花「ねぇ、りっちゃん、私の衣装もあの中にあるんだよね?」

理人「そうだよ。百花ちゃんのは、マスターのたっての望みの…」

百花「え?何?」

理人「エヘン…。それは当日のお楽しみ」


りっちゃんは結局、私が何の仮装をするのか教えてくれなかった。


(▼∀▼)(▲ω▲)†(▼皿▼) †(▲∀▲)(▼ω▼)


その夜。


譲二「ねえ、百花ちゃん…。ちょっとハロウィンの衣裳を着てみてくれるかな?」


譲二さんが持ってきたのは…。


百花「これって、メイド服ですか?」

譲二「うん。百花ちゃんにはメイド服が絶対似合うだろうな~って思って、りっちゃんにリクエストしてたんだ」

百花「でも、りっちゃんは当日のお楽しみだって…」

譲二「そうなんだけどさ…。当日まで、なんだか待てなくて…。いい?」

百花「私は構わないですけど…」


(▼∀▼)(▲ω▲)†(▼皿▼) †(▲∀▲)(▼ω▼)


二階で着替えて降りてきた。



百花「譲二さん、似合いますか?」


譲二「……」

百花「どこか変ですか?」

譲二「…あ…いや、すごく可愛いよ…」

百花「そんなに見つめられると、ちょっと恥ずかしいです…」

譲二「ねえ、百花ちゃん。…『ご主人様』って言ってみて?」

百花「ご、ご主人様…」

譲二「……」


譲二さんは私を抱き寄せるとぎゅっと抱きしめた。


百花「…譲二さん」

譲二「参ったな…。すごく可愛いんだけど…。こんなに可愛い姿を他の男たちには見せたくないよ…」



譲二さんは腕を緩めて私の顔を覗き込むと呟いた。


譲二「それに…そんな顔しちゃダメだよ…」

百花「そ、そんな顔って?」

譲二「こんなことをしたくなっちゃう…」

百花「え……んっ…ん」

譲二「メイド姿で、こんな色っぽい顔、俺以外の男の前じゃ絶対にしないでね」


(わたし…どんな顔してるの?)


譲二「それにしても弱ったな…。あいつらにはとても見せられないよ…」


譲二さんは何度も『弱ったな』『弱ったな』と呟きながら、その合間に優しくキスをしてくれた。


(▼∀▼)†その5へつづく


ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クロフネハロウィン~譲二の... | トップ | クロフネハロウィン~譲二の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

吉祥寺恋色デイズ 茶倉譲二」カテゴリの最新記事