譲二さんと毎日うふふ 妄想小説と乙女ゲーム

主に『吉祥寺恋色デイズ』の茶倉譲二の妄想小説

話数が多くなった小説は順次、インデックスにまとめてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

秋の話

2016-11-08 05:45:00 | インデックス

gooブログは昔の記事の検索がしづらいのが難点。

スマホは記事検索で題名の中から選べるけど、PCは記事自体がずらずらとでてくる。

アメブロみたいに記事の見出しで探していけるようになるといいのにね。


というわけで、古くからの読者の方には「またかよ〜」と言われるかもしれませんが、秋の頃の譲二さんの話を集めてみました。

といっても、実はそんなになかった…^^;



『キャンプへ行こう!』

ええっ! キャンプなのに秋? と思われるかもしれませんが、暑い時期よりも涼しくなって虫のいない時期のキャンプは防寒対策さえすれば、とても快適です。

この話は譲二さんが実家でお仕事をしている頃のお話です。

なかなか会えないヒロインと二人でキャンプをしようとさそってくれます。

が…+2人のお邪魔虫?も同行することになり…。

クロフネじゃないキャンプ、というシチュエーションで男らしく頼りになる譲二さん、甘やかしてくれる譲二さんを描いてみました。

ラブラブな話も満載ですので、よかったら読んでみてください。


キャンプへ行こう!~その1~その5



キャンプへ行こう!~その6~11




さて、今度は『ひとつ屋根の下』カテゴリーから秋の話を2つ。

まずこの『ひとつ屋根の下』についての紹介から。

これは吉恋の番外編に『ひとつ屋根の下ストーリー』というのが公開されたことから触発されて書いた話です。

この本家の『ひとつ屋根の下ストーリー』では、

もしカレが幼なじみではなく、義理の兄弟だったら?…という春樹・理人編

もしも幼なじみと一緒にシェアハウスに済んだら?…という剛史・譲二編

もしも幼なじみと男子寮で同室だったら?…という竜蔵・一護編

の三種類のシチュエーションストーリーがありました。


上から順番に公開されたのですが、最初の『春樹・理人編』を読んで、譲二さんだったら、母の再婚で義理の兄弟になるのはむずかしいけど、譲二さん自体がお母さんと結婚しちゃったら?という危ないストーリーを思いついてしまったのが、このシリーズを書い始めた動機です。


ヒロインから見た視点、譲二さんから見た視点、お母さんから見た視点と次々書いてしまいました。


その中から秋の話二編です。


一つ目は二人の間が進みどうにもならなくなって、結ばれるお話です。

ひとつ屋根の下・金木犀



そして、二つ目

金木犀の話より10年後の3人がどうなったかの話です。

ひとつ屋根の下・秋桜



『ひとつ屋根の下』カテゴリーには、これ以外にも色々なお話があって、結末も二種類あるので^^;興味のある方は読んでみてくださいね。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつまでも~その7 | トップ | ルシア〜ダークエンド&ダーク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

インデックス」カテゴリの最新記事