譲二さんと毎日うふふ 妄想小説と乙女ゲーム

主に『吉祥寺恋色デイズ』の茶倉譲二の妄想小説

話数が多くなった小説は順次、インデックスにまとめてます。

小説を検索しやすくするためインデックスを作りました

インデックス 茶倉譲二ルート…茶倉譲二の小説の検索用インデックス。

インデックス ハルルートの譲二…ハルくんルートの茶倉譲二の小説の検索のためのインデックス。

手書きイラスト インデックス…自分で描いた乙女ゲームキャラのイラスト記事


他にも順次インデックスを作ってます。インデックスで探してみてね。



サイトマップ






人気ブログランキングへ

永遠の刻(とき)~その8

2015-07-09 08:16:52 | アリサ

この話はハルルートの譲二さんの「それぞれの道」の7年間の空白期間を埋める話をと考えて書き始めたものです。
ところが、書いて行くうちにハルルートの譲二さんの話からは外れ、全く違う結末のお話になってしまいました。
それで、upしたものかどうか悩みました。

二次創作の二次創作だし…。
ヒロインは娼婦だし…。
譲二さんは壊れてるし…。
不快に思われる方もいるかもしれません。

でも、一時お話をかけなくなった時期に書けるものを書こうと書き始めたのがこの話で、そういう意味では私を助けてくれた話とも言える。
アクセス数が減ってるということは読む人も少ないわけで、ひっそりとupするのならいいかなと思い公開します。
性描写もそれなりにあるので、18禁にしようかとも思ったけど、そもそもネットではそれを確かめるすべもないし。
だから、こういう話はダメという人は避けてくださいね。

上にも書きましたが、ハルルートの譲二さんの話から派生した物語なので、読んでない方は『それは突然の告白から始まった…』から『それぞれの道~その1~その5』あたりまで読んでもらえると、どうして譲二さんが壊れているのか…とかが分かると思います。

 

 

☆☆☆☆☆

永遠の刻(とき)~その8

〈譲二〉

目が覚めて無意識に隣を探る。

誰もいない。

起き上がってベッドの上を確認する。

俺一人しかいない…。



アリサの名前を呼びながら部屋を出る。

ドアを開けてアリサの部屋に入る。

奇麗に整った部屋には誰もいない。


俺はアリサの名前を呼びながら家中を探した。

といってもそんなに広い場所ではないのだからすぐ探し終わってしまう。


しかし、一度開けたドアをもう一度開きながら家中をさがした。

何度も何度も…。

風呂場やトイレも覗くが誰もいない…。


俺一人だ…。

アリサ…行ってしまったのか…。





今度はメモか手紙のようなものがないか探した。

アリサの部屋の小さな机の上には何もない。

リビングのテーブルも…。

キッチンの流しの上も…。

玄関の靴箱の上も…。



最後に自分の部屋に戻った。




俺の部屋の机の上にそれはあった。



広げられた便箋。


風で飛ばないようにアリサの携帯で重石がしてあった。





『大好きなジョージへ


今まで大切にしてくれてありがとう。

ジョージとくらした毎日はとても楽しかった、まじで。

ほんとうはもっと一緒にいたかったし…、ジョージのほんとうの恋人にもなりたかった。

だけど、やっぱりあたしにはムリだってわかってたから。

ジョージとあたしでは何もかもちがいすぎてる。

ジョージみたいな家の出の人にあたしを恋人にしてもらうなんてできないよ。

まして、結婚なんて…。

だから、あのクロフネで一緒にくらすことはできません。


だけどね…。

いつか約束したみたいにジョージがクロフネのマスターにもどったら…。

あたしクロフネのマスターをしてるジョージが見てみたい。


だから、ほんとうにそういう日が来たら…あたしクロフネにたずねていくからね。

お客さんとして。

だから、今さよならしても悲しまないでね。

                         アリサ』



俺はその手紙を握りしめて…、嗚咽をもらした。



そして…

『アリサは…アリサは俺の本当の恋人だよ!』


そう……心の中で必死で叫んでいた。




☆☆☆☆☆


今更ながら、俺はアリサの本名すら知らなかったことに気付いた。

金を振り込む銀行口座の名義が本名なのだろうと漠然と思っていたが、その口座はアリサの友人が名義を貸して開いたものだった。

後になって、その名義の人物を突き止めたが、全くの別人でアリサの昔のことも今現在どこで何をしているかも知らなかった。

だから、アリサという名前が本名なのか源氏名なのか…今となっては全く分からない。







アリサが部屋を出て行ってから2年後、なんとか茶堂院グループを立て直した俺はクロフネの営業を再開した。

最初は土日営業のみという変則的なものだったが、一年経った今、やっとほぼ元通りの営業が出来るようになった。





俺は…、今も待ち続けてる。



この店の…あの扉のチャイムを鳴らして、アリサが現れるのを…。


そして、いつも心の中でアリサに呼びかけている。


『俺はもうクロフネのマスターに戻ってるよ。いつでも店に来てくれていいよ』って…。




アリサ…。

今度君に会えたなら…もう決して離さない。


だから、もう一度だけ…俺にチャンスをくれ。



『永遠の刻(とき)』おわり


☆☆☆☆☆

このお話はこれで終わりです。

実は、続きのエピが私の中にはあるんだけど、吉恋からはますます離れていくし、書くことはないかな。

前に譲二さんはクロフネで待つイメージと書いたことがあった。

だからこのendもそういうイメージで書きました。

恋人をひたすら待ちながら、淡々と日々を過ごす譲二さん。

来店するお客さんは温かく穏やかにもてなして、辛い気持ちは見せない…譲二さん。

だから、この譲二さんは自暴自棄になったりはしない。いつか恋人が現れるかもという希望があるから。

アリサがそんな譲二さんとクロフネの前に現れるかどうかは、分からない方が色々空想できていいかなとf^_^;)

私自身も続編は二種類くらい思い浮かんでるので…。

これからは、しばらくハルくんや譲二さんの彼目線の話といっちゃんルートの譲二さんの話をupして行こうと思います。

この前から書き始めたいくつかの譲二さんの話は、どれも出だし部分は書けているのだけど、中盤以降のエピに苦戦してます。

できてるところだけupしてもいいけど、そのまま終わってしまう可能性もあるし、せめて結末が見えてからでないと、と思ってます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永遠の刻(とき)~その7

2015-07-08 08:12:29 | アリサ

この話はハルルートの譲二さんの「それぞれの道」の7年間の空白期間を埋める話をと考えて書き始めたものです。
ところが、書いて行くうちにハルルートの譲二さんの話からは外れ、全く違う結末のお話になってしまいました。
それで、upしたものかどうか悩みました。

二次創作の二次創作だし…。
ヒロインは娼婦だし…。
譲二さんは壊れてるし…。
不快に思われる方もいるかもしれません。

でも、一時お話をかけなくなった時期に書けるものを書こうと書き始めたのがこの話で、そういう意味では私を助けてくれた話とも言える。
アクセス数が減ってるということは読む人も少ないわけで、ひっそりとupするのならいいかなと思い公開します。
性描写もそれなりにあるので、18禁にしようかとも思ったけど、そもそもネットではそれを確かめるすべもないし。
だから、こういう話はダメという人は避けてくださいね。

上にも書きましたが、ハルルートの譲二さんの話から派生した物語なので、読んでない方は『それは突然の告白から始まった…』から『それぞれの道~その1~その5』あたりまで読んでもらえると、どうして譲二さんが壊れているのか…とかが分かると思います。

 

 

☆☆☆☆☆

永遠の刻(とき)~その7

〈譲二〉

兄貴に呼び出された。


紅一「またじいさんに催促されたんだが…」

譲二「アリサとの結婚のこと?」

紅一「ああ。じいさんは、入籍だけでも済ませてはどうかと言うんだ」

譲二「入籍?」

紅一「彼女が茶倉家の嫁に相応しくないと思われるのを嫌がっているのなら、お前との結婚を公表せずに入籍だけすればいいとじいさんは言ってる」

譲二「秘密の結婚ってことか…」

紅一「ああ。だから、公式なパーティなんかには連れて出ることはできないが、アリサさんはそういう派手な場所には出たくないんだろ?」

譲二「ああ、多分…」

紅一「二人で考えてみてくれないか?」


〈アリサ〉
ジョージに「結婚しよう」と言われた。


譲二「じいさんがアリサのことを気に入ってね。入籍だけでもさっさと済ませたらどうかって言うんだ。
別にまわりに公表する必要はないからってね。大掛かりな結婚式をすれば取引先の人間を呼んだり気が張るけど、入籍だけならアリサも気が楽だろう?」


突然のことに、あたしは頭がついていかなかった。


譲二「でも、アリサはウエディングドレスとかが着たかったかな?」

アリサ「う、ううん…。あたしはウエディングドレスなんか着なくても平気だよ」

譲二「だけど、アリサの花嫁姿は俺も見たいしな…。
そうだ。入籍したら二人だけで結婚式を挙げるのはどうだろう? それなら、気も楽だしアリサの花嫁姿も見れるし」


ジョージは一人でその気になっている。

この頃ジョージの気持ちはずいぶん明るくなった気がする。

もう美緒さんのことで悩んだりはしないのだろうか?


アリサ「ジョージ」

譲二「ん?」

アリサ「ジョージはもう美緒さんのことはいいの?」

譲二「なんで?俺にとって、美緒はもう昔の思い出の中だけの存在だよ。今はアリサを愛してアリサのことだけ考えてる」


言いながらジョージはあたしを見つめて微笑んだ。


アリサ「じゃあ、鈴音さんのことは?」

譲二「鈴音?」


一瞬、ジョージは鈴音というのが誰だかわからなかったようだ。


譲二「ああ。前にお見合いした子か…。アリサはまだ彼女にヤキモチを妬いてるの?」

アリサ「そうじゃないけど…」


一度、鈴音さんに会った、ということは言い出せなかった。


譲二「彼女は単なる見合い相手じゃないか」

アリサ「でも気が合うんだよね?」

譲二「彼女と気が合うって…どうしてそう思うの?」


あたしは慌てて言った。


アリサ「だって、鈴音さんは譲二と同じような育ちの人だし」


ジョージは真面目な顔で見つめた。


譲二「アリサ…。もしかして、アリサは俺と育ちが違うとかそういうことを気にしてるの?」

アリサ「うん…」


ジョージはあたしを抱きしめた。


譲二「アリサはおバカさんだね…。俺はそんなこと気にしてないよ」

アリサ「ジョージが気にしてなくても周りの人が気にするよ…」

譲二「前にも言ったろ? 俺はいつかはクロフネのマスターに戻るって。
そうなったら育ちのこととか気にする必要はないんだよ。
今度だって入籍だけで、周りに公表するわけじゃないんだし」


あたしは鈴音さんに言われたことがどうしても気になっていた。


アリサ「ねえ、答えて…。あたしより鈴音さんとの方が気が合うんじゃないの?」

譲二「気が合うかと言われたら…気は合うよ。でも、気が合うからって好きになるわけじゃない。
彼女とは…そうだな。別な機会に知り合ったとしたらいい友達にはなれたと思うよ。
だけど、恋人になれるかといえば、そんな単純なものじゃない」

アリサ「…」

譲二「俺が愛してるのはアリサだけだよ」


ジョージは言いながらあたしの鼻先にキスしてくれた。


アリサ「あたしも…」


あたしたちは抱きしめあいながら深くキスをした。


ジョージ。

あたしも愛してるのはジョージだけだよ…。



そして…、ジョージはあたしが生涯で愛するたった一人の男だよ…。


その8へつづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永遠の刻(とき)~その6

2015-07-07 08:05:25 | アリサ

この話はハルルートの譲二さんの「それぞれの道」の7年間の空白期間を埋める話をと考えて書き始めたものです。
ところが、書いて行くうちにハルルートの譲二さんの話からは外れ、全く違う結末のお話になってしまいました。
それで、upしたものかどうか悩みました。

二次創作の二次創作だし…。
ヒロインは娼婦だし…。
譲二さんは壊れてるし…。
不快に思われる方もいるかもしれません。

でも、一時お話をかけなくなった時期に書けるものを書こうと書き始めたのがこの話で、そういう意味では私を助けてくれた話とも言える。
アクセス数が減ってるということは読む人も少ないわけで、ひっそりとupするのならいいかなと思い公開します。
性描写もそれなりにあるので、18禁にしようかとも思ったけど、そもそもネットではそれを確かめるすべもないし。
だから、こういう話はダメという人は避けてくださいね。

上にも書きましたが、ハルルートの譲二さんの話から派生した物語なので、読んでない方は『それは突然の告白から始まった…』から『それぞれの道~その1~その5』あたりまで読んでもらえると、どうして譲二さんが壊れているのか…とかが分かると思います。

 

 

☆☆☆☆☆

永遠の刻(とき)~その6

〈アリサ〉
譲二「アリサ…この頃、少し痩せたみたいだね…」


ジョージがあたしの素肌をそっと撫でながらささやいた。


アリサ「そう? ダイエットが成功してるのかな?」

譲二「ダイエットなんかしてるの?」

アリサ「ん~。ちょっと太り気味だからね」

譲二「アリサは太ってなんかないよ。あまり無理すると身体を壊すよ?」


あたしはにっこり笑ってジョージに抱きついた。

そっと足も絡める。


アリサ「無理して身体壊しそうなのはジョージの方じゃない…。お仕事もほどほどにしないと…」

譲二「ほら話を逸らさない…」


ジョージは苦笑して、あたしの乳房に軽く口づけを重ねた。


譲二「ねぇ、アリサ…」

アリサ「なあに?」

譲二「もしかして、前にじいさんが『子供をどんどん産め』っていったのを気にしてる?」

アリサ「…そんなことないよ」


動揺した表情を隠すために、あたしはジョージの胸に顔を埋めた。

くぐもった声が響いた。


譲二「あれさ…。全然気にすることないから…」

アリサ「でもジョージも子供が欲しいんでしょ?」

譲二「俺は…アリサの心の準備が出来るまで、ずっと待つよ」

アリサ「ほんと?」


あたしは顔を上げてジョージを見つめた。


譲二「ああ…俺は子供よりアリサの方が大事だから…だから、何も心配しなくていいんだよ」


あたしは少し意地悪をいう。


アリサ「でも…あたしの心の準備ができた時はもう子供が産めない歳になってるかも知れないよ?」

譲二「それでもいい。俺はアリサさえ側に居てくれたら…愛してるよ、アリサ」


あたしは信じられない気持ちでジョージを見つめた。

ジョージに「愛してる」と言ってもらうのは初めてだ。


アリサ「今…愛してるって言った?」

譲二「ああ…。何度でも言うよ。アリサ、愛してる……。え? アリサ?」


あたしの目からはぼろぼろと涙が零れた。


アリサ「うれしい。…うれしい」

譲二「愛してるよ…」


そういうとジョージはぎゅっと抱きしめてくれた。



喜びが全身を駆け巡って…だのに、頭の一部は冷めていた。

冷静なもう一人のあたしが囁く。


「子供はいらない? ジョージはよくても茶倉家の人たちはそうは思わないよね」



そう。ジョージはいらないと思ったとしても、茶倉一族は跡継ぎが欲しいと思うだろう。

そして、子供を産むのが茶倉家の嫁としての一番大切な仕事なんだろう。


 その7へつづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永遠の刻(とき)~その5

2015-07-06 08:15:36 | アリサ

この話はハルルートの譲二さんの「それぞれの道」の7年間の空白期間を埋める話をと考えて書き始めたものです。
ところが、書いて行くうちにハルルートの譲二さんの話からは外れ、全く違う結末のお話になってしまいました。
それで、upしたものかどうか悩みました。

二次創作の二次創作だし…。
ヒロインは娼婦だし…。
譲二さんは壊れてるし…。
不快に思われる方もいるかもしれません。

でも、一時お話をかけなくなった時期に書けるものを書こうと書き始めたのがこの話で、そういう意味では私を助けてくれた話とも言える。
アクセス数が減ってるということは読む人も少ないわけで、ひっそりとupするのならいいかなと思い公開します。
性描写もそれなりにあるので、18禁にしようかとも思ったけど、そもそもネットではそれを確かめるすべもないし。
だから、こういう話はダメという人は避けてくださいね。

上にも書きましたが、ハルルートの譲二さんの話から派生した物語なので、読んでない方は『それは突然の告白から始まった…』から『それぞれの道~その1~その5』あたりまで読んでもらえると、どうして譲二さんが壊れているのか…とかが分かると思います。

 

 

☆☆☆☆☆

永遠の刻(とき)~その5

〈アリサ〉
ATMから出て、帰ろうとした時、誰かに呼び止められた。


???「よぉ、アリサ」


振り返ってぎょっとした。


アリサ「タツヤ!?」

タツヤ「久しぶりじゃねぇか。あんまり変わってねぇな」


あたしの体を舐めまわすような視線に鳥肌が立った。


アリサ「なんで、あんたがここにいるの?」

タツヤ「久しぶりにあったのにツレナイじゃないか」


タツヤは、昔私がフリーの娼婦じゃなかった頃、女の子達の用心棒をしていた男だ。


アリサ「あたし、急いでるから…」


その場を去ろうとしたあたしを引き留めるようにタツヤが言った。


タツヤ「この間、探偵が訪ねてきてさ。お前のことを根掘り葉掘り聞かれたよ」

アリサ「何を話したの?」

タツヤ「お前の仕事のこととか…、うちの店では稼ぎ頭だったこととか…」

アリサ「よけいなことを…」

タツヤ「ちょっと懐が寒くてさ…。いい小遣い稼ぎにはなったよ。お前は愛嬌があるし気立てもよくて、みんなに好かれてたって話しといたよ」

アリサ「それはどうも」

タツヤ「その探偵がさ、お前がここらへんに住んでいるようなことをポロッと漏らしたからさ…。
お前のことが無性に懐かしくなってさ…。暇があるときにここらをぶらぶらしてたのさ…」

アリサ「脅してもあんたにあげるようなお金はないよ!」

タツヤ「そっか、こんな金持ちが住むような街にいるってことは、俺と知り合いってだけで脅しになるってことなんだな」


タツヤがにやりと笑う。


アリサ「何よ。あんたには関係ないでしょ」

タツヤ「ふん。どうせ金持ちの爺の愛人の座でも射止めたんだろ」


当たらずといえども遠からずのタツヤの言葉に、心が凍りついた。


アリサ「だったら、なんだって言うのよ…」

タツヤ「まあ、昔馴染みの幸せに水を差すつもりはないけどな…。俺もその幸せのおすそ分けにでもあやかりたいとは思ってね…」


タツヤがじりじりと間合いを詰めてくる…。


ちょうどその時、空車の表示を出した流しのタクシーが近づいて来た。

あたしは即座に手を挙げるとそのタクシーに乗り込んだ。


アリサ「すみません。急いで車を出してください。変な男が付いてくるんです」

運転手「お、分かった」


運転手さんはタツヤを胡散臭い男だと思ってくれたみたいで、すぐに車を出してくれた。


あたしは少し先の大きな駅の名前を告げた。

その6へつづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永遠の刻(とき)~その4

2015-07-05 08:03:32 | アリサ

この話はハルルートの譲二さんの「それぞれの道」の7年間の空白期間を埋める話をと考えて書き始めたものです。
ところが、書いて行くうちにハルルートの譲二さんの話からは外れ、全く違う結末のお話になってしまいました。
それで、upしたものかどうか悩みました。

二次創作の二次創作だし…。
ヒロインは娼婦だし…。
譲二さんは壊れてるし…。
不快に思われる方もいるかもしれません。

でも、一時お話をかけなくなった時期に書けるものを書こうと書き始めたのがこの話で、そういう意味では私を助けてくれた話とも言える。
アクセス数が減ってるということは読む人も少ないわけで、ひっそりとupするのならいいかなと思い公開します。
性描写もそれなりにあるので、18禁にしようかとも思ったけど、そもそもネットではそれを確かめるすべもないし。
だから、こういう話はダメという人は避けてくださいね。

上にも書きましたが、ハルルートの譲二さんの話から派生した物語なので、読んでない方は『それは突然の告白から始まった…』から『それぞれの道~その1~その5』あたりまで読んでもらえると、どうして譲二さんが壊れているのか…とかが分かると思います。

 

 

☆☆☆☆☆

永遠の刻(とき)~その4

〈譲二〉
じいさんに会ってから、アリサの元気がなくなったのが気になる。


そして、じいさんからは「早くアリサさんと結婚しろ」と催促されている。

アリサは…もしかして、俺と結婚したくはないのだろうか?

アリサを抱いた後、寝物語にアリサに聞いてみる。


譲二「アリサ、この頃元気がないね」

アリサ「そんなことないよ。あたしはいつも元気だよ」


アリサは力こぶを作ってみせた。


譲二「もしかして、アリサは俺と結婚するのが重荷なのかな?」


一瞬の間があった。


アリサ「そんなこと…。ジョージに結婚してもらえるなら、こんなうれしいことはないよ」


にっこり笑ってみせる。


譲二「それならいいけど…。不安なことがあるなら俺に話してよね?」

アリサ「うん…。わかった」


そうアリサは言ったけど…、目はそらせたままだ。


そんな彼女をどうしても捕まえておきたくて…、俺はぎゅっと抱きしめた。



☆☆☆☆☆


アリサを……どうしても放したくない。

アリサを思う気持ちは以前にも増して募っていた。


そして、ふと考える。

この頃…美緒のことは考えなくなったな……。

そうだ…。もう美緒のことを思い浮かべても、胸がうずくことは無くなっていた。


代わりに、アリサのことを考えると胸がきゅっと締め付けられる。

アリサは俺のことを『好きだ』と言ってくれた。

『ジョージといたい』とも言ってくれた。

だから…アリサと俺は相思相愛…のはずだ。


その5へつづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加