譲二さんと毎日うふふ 妄想小説と乙女ゲーム

主に『吉祥寺恋色デイズ』の茶倉譲二の妄想小説

話数が多くなった小説は順次、インデックスにまとめてます。

小説を検索しやすくするためインデックスを作りました

インデックス 茶倉譲二ルート…茶倉譲二の小説の検索用インデックス。

インデックス ハルルートの譲二…ハルくんルートの茶倉譲二の小説の検索のためのインデックス。

手書きイラスト インデックス…自分で描いた乙女ゲームキャラのイラスト記事


他にも順次インデックスを作ってます。インデックスで探してみてね。



サイトマップ






人気ブログランキングへ

いつまでも~その7

2016-11-07 06:19:03 | 譲二の~勝手に3年後編(吉祥寺恋色デイズ)

譲二の勝手に3年後編も今回で完結です。


☆☆☆☆☆

前にも書いたけど、吉恋本家の譲二ルートの3年後編には色々と不満がある。

久しぶりに吉祥寺に帰ってきた譲二さんとのラブラブな話のはずなのに、新キャラの紹介に使われてたり、色々とモヤモヤするものがあって、私の思う『勝手に3年後編』を書いちゃいました。

『譲二の勝手に3年後編』の始めの部分は本家の『譲二3年後編』とほぼ同じです。

そして、時々本家のエピソードに重なるものも入れながら、少しずつ離れていき、玉の緒ワールドの譲二さんの話になってます。

航くんは出てきませんが、本家の『譲二3年後編』では出てこなかった、懐かしいあの人とかあの人とか出てきます。


だから、ネタバレも少々あるものの、譲二ルートの3年後編とはまた別のお話と思って下さい。





☆☆☆☆☆


いつまでも~その7


〈百花〉

一週間はあっという間に過ぎた。

今日、お父さんたちはイギリスに帰る。

空港には譲二さんと2人で見送りに来た。


父「譲二くん。百花のことを頼んだよ」

譲二「はい。百花さんのことは大切にします」

父「百花、譲二くんが一緒にいるから、安心してるよ。だけど、何かあったらどんな小さなことでも母さんや私に相談してくれると嬉しい」

百花「うん、わかった。きっと相談するよ。……お父さん、身体に気をつけてね」

父「ああ、ありがとう。お前もな…」

百花「お母さんも無理はしないでね」

良子「ええ。気をつけるわ。百花も元気でね。譲二くんも」

譲二「ありがとうございます」



いつまでも、話はつきないけど、搭乗手続きの時間は迫って、お母さんたちの姿を見送った。


☆☆☆☆☆


お母さんたちの乗った飛行機がどんどん小さくなって行く。


慌ただしかったけど、楽しかった思い出も一緒に遠ざかっていく。


いつまでも空を見つめる私の頭を、譲二さんが優しく撫でてくれる。


譲二「寂しくなったね」

百花「はい…。でも、私は大丈夫です。譲二さんがそばにいてくれるから」


そっと見上げると、譲二さんの頬が少し赤らんでいる。


譲二「…そうだね。うん、俺はもうどこにも行かないよ」

百花「はい。私もずっとそばにいます」


譲二さんは私の顔を覗き込むと、あのイギリスでの夜のように私の額にそっと口づけた。


百花「!」


(こんな外でキスされるのは、たとえおでこだとしてもちょっと恥ずかしい)


そんな私の気持ちに気づいてか気づかずにか、譲二さんは優しい笑顔をみせて言った。


譲二「百花ちゃん。これからもずっとずっと、よろしくね」

百花「はい!」

譲二「うん、元気ないい返事だ。百花ちゃんはこうでないとね」



(これから、どんなことがあるか先のことはわからないけど、私たちはいつも一緒に乗り越えていこう!)


そう決意して譲二さんの手を握る。

譲二さんもしっかりと私の手を握り返してくれた。



そして…手を繋いだまま、イギリスまで続く青い空を見上げた。



いつまでも〜おわり

☆☆☆☆☆

これで『勝手に3年後編』は終わりです。


最後まで書けていないのに、見切り発車でブログに載せはじめたけど、なんとかお話を終わらせる事ができて良かったです。

今、見返してみるとこのシリーズは今年の2月23日から載せてるのね。

長い間、付き合って読んでくださった方、ありがとうございます。


今後は、最初の部分は書けている禁断の愛の話と行きずりの関係から始まった話のふたつをどうにかブログに載せられるようにまとめるのが目標です。

それ以外にも何か妄想話が書けるといいな。

色んな漫画とか乙ゲーとかで栄養分は随分補給できたので、また譲二さんや吉恋の楽しい話が書けるといいなと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつまでも~その6

2016-11-06 06:52:58 | 譲二の~勝手に3年後編(吉祥寺恋色デイズ)

譲二の勝手に3年後編も今回で完結です。


☆☆☆☆☆

前にも書いたけど、吉恋本家の譲二ルートの3年後編には色々と不満がある。

久しぶりに吉祥寺に帰ってきた譲二さんとのラブラブな話のはずなのに、新キャラの紹介に使われてたり、色々とモヤモヤするものがあって、私の思う『勝手に3年後編』を書いちゃいました。

『譲二の勝手に3年後編』の始めの部分は本家の『譲二3年後編』とほぼ同じです。

そして、時々本家のエピソードに重なるものも入れながら、少しずつ離れていき、玉の緒ワールドの譲二さんの話になってます。

航くんは出てきませんが、本家の『譲二3年後編』では出てこなかった、懐かしいあの人とかあの人とか出てきます。


だから、ネタバレも少々あるものの、譲二ルートの3年後編とはまた別のお話と思って下さい。





☆☆☆☆☆


いつまでも~その6


〈百花〉
話が弾み、久しぶりに日本の銭湯に入りたいということで、私たちは福の湯にお母さんたちを案内した。


あい子「マスターに百花ちゃん、今日はお揃いで来てくれたんか?あれ、そっちのお客さん方は?」

百花「私の両親です」

あい子「ああ、イギリスに行かはってる? ほな久しぶりに日本に帰って来られたんやな」

父「はじめまして、百花の父の佐々木です」

良子「百花がいつもお世話になっています」

あい子「こちらこそ、よろしゅう。百花ちゃんにもマスターにもいつもお世話になってますよって」

あい子「そや! もしかしたら、マスターは『百花ちゃんをください』言うて挨拶したんかいな?」

譲二「あい子さん! 何言い出すんですか」


珍しく譲二さんが慌てている。


あい子「そやかて、久しぶりにご両親が揃うて日本に帰って来たんやろ?結婚の挨拶とちゃうの?」

譲二「いや、だからそれは…」

父「娘はまだ学生なので、そういうことはまだまだ先です」


お父さんは憮然としている。


あい子「そうか?残念やわ~。百花ちゃんの花嫁姿、見られるかと思うたのに」


花嫁姿と言われて、私も頬が赤くなってしまった。

そんな私達を見て、お母さんはニコニコと楽しそうにしている。


良子「百花の花嫁姿は私も楽しみだわ」

父「母さん、何をバカなこといってるんだ。百花の花嫁姿なんかまだまだ先のことだろ」

良子「だって…」


(あい子さんがいうように、いつか譲二さんのお嫁さんになれるといいな)



☆☆☆☆☆


お母さんとは久しぶりに一緒に買い物にも出かけた。

洋服や小物を見ながら、他愛もないおしゃべりをするのはとても楽しかった。


良子「百花、しばらく見ないうちに綺麗になったわね」

百花「え?お母さん、どうしたの?急に」

良子「譲二くんと幸せに暮らしてるんだなぁって思った」

百花「…うん。この三ヶ月色々あったけど、譲二さんと一緒に暮らせて、本当に幸せだと思うよ」


離れ離れで過ごした日々のことを思えばいくらだって頑張れる。


良子「日本に帰って来て良かった。微笑ましいあなたたちを見られて」


お母さんは手ぐしで私の髪を整えながら、にっこり微笑んだ。

 

 

その7へつづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつまでも~その5

2016-11-05 06:34:58 | 譲二の~勝手に3年後編(吉祥寺恋色デイズ)

譲二の勝手に3年後編も今回で完結です。


☆☆☆☆☆

前にも書いたけど、吉恋本家の譲二ルートの3年後編には色々と不満がある。

久しぶりに吉祥寺に帰ってきた譲二さんとのラブラブな話のはずなのに、新キャラの紹介に使われてたり、色々とモヤモヤするものがあって、私の思う『勝手に3年後編』を書いちゃいました。

『譲二の勝手に3年後編』の始めの部分は本家の『譲二3年後編』とほぼ同じです。

そして、時々本家のエピソードに重なるものも入れながら、少しずつ離れていき、玉の緒ワールドの譲二さんの話になってます。

航くんは出てきませんが、本家の『譲二3年後編』では出てこなかった、懐かしいあの人とかあの人とか出てきます。


だから、ネタバレも少々あるものの、譲二ルートの3年後編とはまた別のお話と思って下さい。





☆☆☆☆☆


いつまでも~その5


〈百花〉
今日は朝から譲二さんと料理を作っている。

日本に帰ってきた両親がクロフネを訪ねてくることになっているのだ。


床はチリひとつ落ちていないし、テーブルも綺麗に拭きあげ、ハルくんちから届いた花が花瓶に飾ってある。

デザートは一時間前に一護くんが届けてくれて、冷蔵庫に入っている。

譲二さんと一緒に作った料理はほぼ完成し、グリルで焦げ目をつければいいようになっている。


☆☆☆☆☆

メールで連絡してくれた時間より、少し早くお父さんたちは着いた。


良子「久しぶりねぇ。クロフネも昔のままで懐かしいわ」

父「そうだね。最後に来たのは吉祥寺に住んでいた頃だからね」

譲二「それは先代の頃ですね。まだ漢字の『黒船』だった頃だ」

百花「お母さんたちが前のマスターの頃の『黒船』に来たことがあったなんて、初めて知ったよ」

父「そうだな…百花を連れてきたことはなかったかなぁ?」

良子「そうねぇ、百花を連れて、一回くらいは来たんじゃないかしら、まだ赤ちゃんだったけど」

百花「ほんとに?」

父「ああ、そういえばマスターに『可愛い女の子だね』って褒めてもらったのを思い出したぞ」

良子「そうそう、マスターはとても喜んでくれたわね」

譲二「先代は赤ちゃんの時の百花ちゃんを知ってるのか。羨ましいなぁ」


(私が『黒船』の頃に来たことかあったなんて、なんだか不思議な気がする)

☆☆☆☆☆

食事もデザートになり、寛いだ雰囲気の中、譲二さんがお父さんに話があると伝えた。


父「譲二くん、どうしたんだね?改まって」

譲二「佐々木さん…。僕たちは3年前から、お付き合いをしています」

父「そうらしいね。母さんから聞いたよ」

譲二「僕はつい最近まで、実家の茶道院グループの経営を立て直すために全力を尽くして来ました。かなり厳しい毎日でしたが、ずっと頑張れたのは百花さんの応援と励ましがあったからです」

譲二「この店に帰って来て、グループの仕事とクロフネの営業を両立させるのは本当に大変でしたが、百花さんは店のことも手伝ってくれ、忙しい僕の心の支えにもなってくれました」

譲二「そんな百花さんをこれからも恋人として大切にしていきたいと思っています」

父「そんな風に娘のことを褒めてくれるのはありがたいが、百花はまだ学生だ」

譲二「はい」

父「だから、学業がおろそかになったり、途中で辞めなければならなくなるような、無様なことにはならないよう気をつけてくれ」

譲二「はい、それはもちろん、そのつもりです」

父「君は百花と違っていい大人なんだから、自重するところは自重して欲しい」

譲二「分かりました」


いつもは余裕のある譲二さんが、お父さんの前では緊張しているのがわかる。

それでも、私と視線が合うと譲二さんはにっこり微笑んでくれた。


父「百花のことを頼んだぞ」

譲二「はい、百花さんのことは大切にします」


譲二さんにはいつも大切にしてもらっているけど、口に出して言ってもらえるとなんだか嬉しい。

 

その6へつづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつまでも~その4

2016-11-04 06:53:22 | 譲二の~勝手に3年後編(吉祥寺恋色デイズ)

譲二の勝手に3年後編も今回で完結です。


☆☆☆☆☆

前にも書いたけど、吉恋本家の譲二ルートの3年後編には色々と不満がある。

久しぶりに吉祥寺に帰ってきた譲二さんとのラブラブな話のはずなのに、新キャラの紹介に使われてたり、色々とモヤモヤするものがあって、私の思う『勝手に3年後編』を書いちゃいました。

『譲二の勝手に3年後編』の始めの部分は本家の『譲二3年後編』とほぼ同じです。

そして、時々本家のエピソードに重なるものも入れながら、少しずつ離れていき、玉の緒ワールドの譲二さんの話になってます。

航くんは出てきませんが、本家の『譲二3年後編』では出てこなかった、懐かしいあの人とかあの人とか出てきます。


だから、ネタバレも少々あるものの、譲二ルートの3年後編とはまた別のお話と思って下さい。





☆☆☆☆☆


いつまでも~その4


〈譲二〉
百花ちゃんとは恋人になって三年経つけど、無性に不安になることがある。

俺は百花ちゃんとは世代が違う。

何かにつけて、俺は百花ちゃんとの年の差を思い知らされる。

その度に…本当に俺でいいのか?と思うし、こんなにオジサンくさいと、百花ちゃんに嫌われてしまうんじゃないかと悩んだりしてきた。


百花ちゃんはいつも「譲二さんはオジサンなんかじゃない」って言ってくれるけど、自分に自信が持てないできた。


だから、いつかライバルが現れたら、という不安にいつも苛まれてきた。

そうでなくても、百花ちゃんの幼なじみたちは若くてかっこいい奴らが揃っている。

あいつらだって、百花ちゃんのことが大好きなんだ。

もし俺が百花ちゃんを泣かすようなことをしたら、絶対に許さないだろう。

って、もちろん俺は百花ちゃんを泣かすようなことをするつもりは毛頭ないけどね。



クロフネに帰って一緒に暮らすようになり、百花ちゃんと身も心も結ばれた。

もう誰にも渡さない、百花ちゃんは俺のものなんだ、と強く思った。

けど、それでもまだ微かな不安は残っていた。


その一つが佐々木さんが俺たちのことを認めてくれるかどうかということだった。


今までは、佐々木夫妻が日本にはいないのをいいことに、俺はそこから目をそらせてきた。

だけど、もう逃げない。

きちんと挨拶して、百花ちゃんと付き合うことを許してもらおう。


竜蔵『それでこそジョージだ! お前は俺が理想とする男。男の中の男だからな』


頭の中でリュウに褒められた気がして、俺は苦笑いした。

 

その5へつづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつまでも~その3

2016-11-03 05:49:44 | 譲二の~勝手に3年後編(吉祥寺恋色デイズ)

譲二の勝手に3年後編も今回で完結です。


☆☆☆☆☆

前にも書いたけど、吉恋本家の譲二ルートの3年後編には色々と不満がある。

久しぶりに吉祥寺に帰ってきた譲二さんとのラブラブな話のはずなのに、新キャラの紹介に使われてたり、色々とモヤモヤするものがあって、私の思う『勝手に3年後編』を書いちゃいました。

『譲二の勝手に3年後編』の始めの部分は本家の『譲二3年後編』とほぼ同じです。

そして、時々本家のエピソードに重なるものも入れながら、少しずつ離れていき、玉の緒ワールドの譲二さんの話になってます。

航くんは出てきませんが、本家の『譲二3年後編』では出てこなかった、懐かしいあの人とかあの人とか出てきます。


だから、ネタバレも少々あるものの、譲二ルートの3年後編とはまた別のお話と思って下さい。





☆☆☆☆☆


いつまでも~その3


〈百花〉
譲二「それにしても、佐々木さんたちには久しく会えてないから懐かしいなぁ」

譲二「そうだ。ご両親の詳しい日程がわかったら教えてね。俺も予定を空けるようにするから」

百花「すみません」

譲二「え? 百花ちゃんがどうして謝るの?」

百花「だって…、譲二さんは実家のお仕事もあって、忙しいのに」

譲二「そんなこと…。俺は百花ちゃんのことが一番大切だからね。その百花ちゃんのご両親に挨拶するのは、仕事よりも大切なことだよ」

百花「ありがとうございます」

譲二「それに、実家の仕事の方もあと少しで片付きそうなんだ」

百花「そうなんですか?」

譲二「ああ、昨日兄貴とも話したんだけど、茶堂院グループの経営も軌道に乗ってきたから、そろそろ俺なしでも大丈夫なんだ」

百花「よかったです」

譲二「うん。それとね、桃護さんもそろそろ『旅に出たい』って言い出しててね」

百花「桃護さんが?」

譲二「こんなに長く吉祥寺にいたのは久しぶりだって笑ってた。親父さんやお袋さんはがっかりするだろうけどね」

百花「そうですね…」

譲二「百花ちゃんには色々心配かけたけど、それもあと少しだよ。」

百花「私なんて大したことはしてません」

譲二「そんなことないよ。クロフネに帰ってきてから、百花ちゃんの手助けや励ましがなかったら、俺一人ではとてもここまでやって来れなかった。ありがとう」


譲二さんにギュッと手を握られた。


百花「私こそ…譲二さんと一緒に暮らせるだけで嬉しいのに、いつも大切にしてもらって…」

百花「私…譲二さんのために何かしてあげたいです」


譲二さんが可笑しそうに笑う。


譲二「何だか前にもこんなことがあったよね」

百花「そうですね」

譲二「それじゃ今日の夕食は百花ちゃんにも手伝ってもらおうかな?」

百花「はい!」


忙しい譲二さんのために美味しいものを作ってあげたい。

だけど、2人で厨房に立つのはもっと楽しい。


その晩は大学での出来事や譲二さんの実家でのことを話しながら、2人で夕食を作った。

 

その4へつづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加