譲二さんと毎日うふふ 妄想小説と乙女ゲーム

主に『吉祥寺恋色デイズ』の茶倉譲二の妄想小説

話数が多くなった小説は順次、インデックスにまとめてます。

小説を検索しやすくするためインデックスを作りました

インデックス 茶倉譲二ルート…茶倉譲二の小説の検索用インデックス。

インデックス ハルルートの譲二…ハルくんルートの茶倉譲二の小説の検索のためのインデックス。

手書きイラスト インデックス…自分で描いた乙女ゲームキャラのイラスト記事


他にも順次インデックスを作ってます。インデックスで探してみてね。



サイトマップ






人気ブログランキングへ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

真夏の夜の夢

2015-07-30 08:17:50 | もしもの話

◎おわび


昨日手違いで『またまた始まった…若い子との暮らし~その4』『またまた始まった…若い子との暮らし~その5』を同日の一時間違いでupしてしまいました。
そのお詫びもかねて、今日は私の妄想話をupします。


☆☆☆☆☆

今年の総選挙ストーリーのお題は「もしも彼に一年に一度しか会えなかったら」だった。

そこで、私も一月に一度(一年じゃないけど;^_^A)しか、譲二さんに会えないシュチュエーションを考えてみた。



悪い魔女に呪いをかけられて(^^;)月の光に姿を変えられてしまった譲二さん…。

月の光が一番強くなる満月の夜にしか、姿を現わすことができない。



明日、7月31日が満月です。

晴れるといいな…。

☆☆☆☆☆


「譲二さん…」

そっと呟く。

窓を開けると真夏の風が微かに入ってくる。


この前の満月の夜は梅雨のさなかで、どんよりとした雲と、しとしと降る雨に遮られて、ひとすじの光も目にすることはできなかった…。


今日は…。台風が近づいているということで気を揉んだが、流れるような雲の合間に空が見えている。

日が沈むのとほぼ同時に、東の空から昇った月は時々薄雲に遮られながらも私を覗き込むように輝いている。


(早く…譲二さん、現れて…)


そう、心の中で強く念じた時だった。


「玉の緒ちゃん…」


後ろから懐かしい声がした。

振り返ると、隣りの窓から差し込む月明かりに照らされた譲二さんが立っていた。


「‼︎」


声を上げることもできないまま、譲二さんに駆け寄った。

抱きつきたいけど、あまりの懐かしさにそっと顔を見上げる。

二カ月前と同じ、優しい瞳がそこにあった。


「俺に触れてはくれないの?」


その言葉を聞いた瞬間、譲二さんを抱きしめる。


「譲二さん、会いたかった」

「俺も」


腕を回しても両指の先は触れる程度だ。

厚い胸板に顔を埋めて譲二さんの匂いを嗅ぐ。

幻じゃない、本物の譲二さんだ。

そして、大きな譲二さんの腕が私を抱きしめていてくれる。


「寂しかった…」

「うん…」

「先月は会えなかったし…」

「うん…。でも、俺はいつも玉の緒ちゃんの側にいたよ」

「うそ…!」

「玉の緒ちゃんに触れることはできなかったけど、いつも側にいて、玉の緒ちゃんのことを感じてた」

「ほんとに?」

「ああ、いつも俺のことを考えて、時々俺の名前を呼んでくれたね」


見上げると優しく微笑んでくれた。


「ずっとこうしたかった」


私の顎を持ち上げると、包み込むように優しく口付けた。



☆☆☆☆☆

一夜は短い。

五感すべてで彼を感じたくて、彼の胸にすがってずっと過ごした。

部屋は月明かりで明るい。


しかし、時々雲が月を遮るように動くと、部屋は薄闇に包まれる。

その度に譲二さんの身体は透けて、私の手が突き抜けそうになる。


そんな時、私は祈った。

(まだ消えないで…)

私の気持ちが伝わるのか、譲二さんは私の身体に優しく口付けていった。

『まだ消えないよ』とでも言うように。





月が西に傾いてきた。

東の空は少し薄い色になっている。


「そろそろ行かないと…」

(いや…)

「そんな顔しないで」

「だって…」

「さっきも言ったけど、俺はいつも玉の緒ちゃんの側にいるから」

「うん…」

「姿は見えなくてもいつも一緒だよ」


軽い触れるだけのキス…。

さっきよりも譲二さんの姿は薄くなった気がする。


「次も会えるよね?」


譲二さんが微笑む。


「来月になれば、もう少し夜の時間が長くなるから、もっと長く一緒にいられるよ…」

「ほんと?」

「きっと…」


安心させるように譲二さんの大きな手が私の手を握る。

でもそれは今にも消えてしまいそうに頼りない。



「それまで待ってる」

「うん…」

「ずっと待ってるから」

「…」


譲二さんが何か言った。



しかし、その声は聞き取れない。


「え…?」


譲二さんはまた何か言って微笑んだ。


もう半分くらい透けて、壁が見えている。


「行かないで…」


優しい笑顔だけが最後まで残って……。


あとは名残の月明かりが部屋に影を落とした。

 


『真夏の夜の夢』おわり

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妄想飛行~譲二の場合 その12

2015-05-13 07:47:39 | もしもの話

特別捜査密着24時の『妄想飛行~冗談は脳内だけにしろ~』で野村さんが言っていたこと

>>「9つも歳が違うと同じ学校に通うなんてことないしさ、妄想が膨らむよね」

>>「もう少し年齢が近かったら、こんなこともあったかな~っていう俺のロマンじゃーん」

みたいに譲二さんも妄想してたかな…と思ったらこんなお話が浮かびました。




 なお、妄想の中の『マスター』は先代マスターです。

☆☆☆☆☆

妄想飛行~譲二の場合 その12

 

いつものごとく、あいつらがクロフネに集まってる。

俺は甘い妄想から自分を引き戻した。



あの夜、俺の前で一護のこともハルのことも好きだと言って泣いた百花ちゃん。

結局、たくさん泣いて、気分が落ち着いたのだろう、淹れなおしたココアを飲むと少し笑顔もみせてくれた。

あれから、一護とも仲直りしたみたいで佐東洋菓子店の手伝いにも行っている。

だから、ハルのことはもう諦めたんだろう、と思っていた。


今日も百花ちゃんは学校から帰って着替えるとすぐに一護のところに出かけてしまった。

だから、店にいるメンバーはハルにタケ、リュウにりっちゃんだけだ。



理人「あ~あ、この頃百花ちゃん、いっちゃんところばっかりで全然会えないなぁ~」

竜蔵「一護の店が忙しいんだろ」

理人「それだけじゃないでしょ? いっそ僕もいっちゃんちにバイトに行こうかな~」

剛史「手を怪我しちゃダメなお前がバイトなんか出来るわけない」

竜蔵「理人、俺んちにバイトに来るか? おばちゃんたちに野菜を勧めりゃいいんだし、ナマモノだから火傷もしないぞ」

理人「ヤダ!」

竜蔵「なんでだよ?」

理人「百花ちゃん、いないし」

竜蔵「百花が手伝いに来るのなら、バイトするのかよ?」


りっちゃんは相手にならないとでも言うように大きなため息をついた。


理人「マスター、百花ちゃんをちゃんとクロフネに繋ぎ止めといてよ」


俺は苦笑した。


譲二「りっちゃん…。そんなこと言ってもね。百花ちゃんが一護のところに行きたいのを止めるわけにもいかないからね」


それにしても…ハルはさっきから元気が無いな…。


譲二「ハル。はい、注文のコーヒーとサンドイッチ」

春樹「あ、すみません」


笑顔を見せるがどこかぎこちない。よし。


譲二「ハル、それを食べたらちょっと手伝ってくれるかな?
もう一度読みたい歴史本があるんだけど、本棚かダンボールの中かわからなくなっててね、探すのを手伝って欲しいんだ」

春樹「いいですよ。5時になるまでですけど…」

譲二「じゃあ頼むよ」


本棚の整理をしながらハルに水を向けてみる。


譲二「ハル…。この頃何か悩みがあるんじゃないのか?」

春樹「…いえ、俺は元気ですよ…」


無理に明るく出した声が少しかすれている。


譲二「そっか…それならいいけど…。愚痴があるなら話くらいは聞くよ 。
気持ちを吐き出せば少しは楽になるからね」

春樹「…ジョージさん…。俺…」

譲二「ん?」

春樹「いや、やっぱりなんでもないです」

譲二「違ってたら悪いんだけど…。もしかして百花ちゃんのことかな?」


図星だったのか、ハルは持っていた本を落とした…。




春樹「あ、すみません」

譲二「いや、大丈夫だよ…」




2人で本を拾いながら言ってみる…。




譲二「ハルは何でも自分の気持ちを抑えてしまうけど…素直に出した方がいいこともあるんだよ」

春樹「俺が口に出したら、傷つく人間がいてもですか?」




俯いたままのハルの表情は読み取れない…。

ハル…。

やっぱりハルも百花ちゃんのことが好きなんだね。

だけど…。百花ちゃんが一護のことだけじゃなく、ハルのことも好きだと言ったことをハルに話すわけにもいかないしな…。


譲二「相手が傷つくかもとか思いやる心は大切だけど、口に出してみなければお互いの気持はわからないよ。勝手に思い込んでたということもあるだろうしね」



ハルが真剣な目で俺をみる。

二三度、言い淀んだが思い切ったように言った。

春樹「好きな女の子のことを友達と取り合うみたいな経験、ジョージさんにはありますか?」



俺は絶句した。

 


うん。そういう経験、俺にはあるよ…。

しかも、その友達は親友で…それもハルと同じだな…。

 


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妄想飛行~譲二の場合 その11

2015-05-12 08:09:44 | もしもの話

特別捜査密着24時の『妄想飛行~冗談は脳内だけにしろ~』で野村さんが言っていたこと

>>「9つも歳が違うと同じ学校に通うなんてことないしさ、妄想が膨らむよね」

>>「もう少し年齢が近かったら、こんなこともあったかな~っていう俺のロマンじゃーん」

みたいに譲二さんも妄想してたかな…と思ったらこんなお話が浮かびました。




 なお、妄想の中の『マスター』は先代マスターです。

☆☆☆☆☆

妄想飛行~譲二の場合 その11

 

 【☆妄想中☆】

 

あれから百花ちゃんは俺とまともに口を聞いてくれない。

朝食も夕食もマスターとは普通に会話してるのに、俺とは話してくれない。

こういう時一緒に暮らしているのはかえって不便だ。

見かねたハルが百花ちゃんに「明里さんには別に恋人がいるらしいよ」と言ってくれたらしいのだが…。

俺は思い切って百花ちゃんに申し開きをすることにした。

百花ちゃんの部屋のドアをノックする。


譲二「百花ちゃん…ちょっといい?」


なかなか返事がないので、ドキドキした。

軽い足音がして、ドアが開いた。


百花「譲二くん、何の用?」

譲二「百花ちゃんにちょっと聞いてもらいたいことがあって…」


百花ちゃんはちょっとため息をつくと「いいよ」と言った。

二人だけで、百花ちゃんの部屋で話をするのはちょっと気まずくて、近くの小さな公園に出かけた。

真ん中に巨大なタコの滑り台がある公園だ。

二人でベンチに並んで座る。


譲二「この間はびっくりさせたみたいでごめん…」

百花「明里さんのこと?」

譲二「ああ…」

百花「びっくりしたというより、何だか悲しかった…。譲二くんに隠し事をされてたのが…」

譲二「ごめん…。ほんとはちゃんと説明しなきゃって思ってたんだ…。俺の家のこと」

百花「家のこと?」

譲二「ああ…。色々と複雑な事情があるんだ」

百花「それって、譲二くんがクロフネに下宿してる理由と関係があるの?」


俺は百花ちゃんに実家の話をした。

俺の実家は茶堂院グループという大企業のオーナー一族だ。

明里の家の会社と事業提携をするようになって、俺と明里を結婚させてしまおうという話が持ち上がり、二人は親の決めた婚約者となった。

幼稚園の頃に「お前の婚約者だよ」と紹介されたが、明里には最初から婚約者とは認められてない。

そして、中学生の頃に明里は俺のダチを恋人にしてしまった。


譲二「だから明里は婚約者には違いないけど、恋人じゃないんだ…」


百花ちゃんはどう思っているんだろう?

恐る恐る百花ちゃんの顔を伺う。


百花「どうしていままで話してくれなかったの?」


おい譲二。この質問の答えは重要だぞ。

下手をすると百花ちゃんに永遠に嫌われちまう。


譲二「親の決めた婚約者にさえフラれる情けない男……好きな女の子にはそう思われたくなかったから…」

百花「え?」

譲二「俺、百花ちゃんには…カッコ悪いとこ見せたくなくて…。そのために傷つけてしまったのなら…ごめん」

百花「譲二くん…。今なんて言ったの?」

譲二「百花ちゃんを傷つけてごめん…」

百花「その前…」

譲二「百花ちゃんにはカッコ悪いとこ見せたくない…。好きな女の子だから」

百花「やっと言ってくれたね…」


百花ちゃんはちょっと潤んだ目で俺を見つめた。


譲二「俺は…百花ちゃんが好きだ」


百花ちゃんは目を伏せた。


百花「私も譲二くんのことが大好きだよ」


その12へつづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妄想飛行~譲二の場合 その10

2015-04-02 07:43:00 | もしもの話

特別捜査密着24時の『妄想飛行~冗談は脳内だけにしろ~』で野村さんが言っていたこと

>>「9つも歳が違うと同じ学校に通うなんてことないしさ、妄想が膨らむよね」

>>「もう少し年齢が近かったら、こんなこともあったかな~っていう俺のロマンじゃーん」

みたいに譲二さんも妄想してたかな…と思ったらこんなお話が浮かびました。




 なお、妄想の中の『マスター』は先代マスターです。

☆☆☆☆☆

妄想飛行~譲二の場合 その10

 

元気のない百花ちゃんにラム入りのココアを入れてあげた。

俺もラム入りのココアを淹れて二人で向かい合わせに座わる。


百花「…美味しい」

譲二「よかった。…ねぇ、百花ちゃん。何か悩みがあるなら…話を聞くよ?」

百花「…」

譲二「一人で悩んでいるより、口に出した方が楽になるよ?」


と、突然百花ちゃんの目から涙が溢れ出した…。


譲二「ちょ…、百花ちゃん…」


俺は慌てて、とりあえずティッシュを百花ちゃんにわたした。

百花ちゃんはすすり上げながらそのティッシュで涙を拭いた。


百花「ごめんなさい…、マスター。取り乱してしまって…」

譲二「もしかして…。一護と喧嘩でもした?」


百花ちゃんは一護のことが好きなんだろう。

そばで見ていればすぐわかる。

俺は彼女のことを…いや…今はこの気持ちは横においておこう。


百花「私…いっちゃんと一緒にいるだけで、とても楽しくて…」

譲二「うん」

百花「今まではいっちゃんも…私といると楽しいのかなって思ってた」

譲二「うん」

百花「でも、この頃、いっちゃんは私と一緒にいても上の空で…それで何かあったかなって思って、ハルくんに話してみたんだけど…」

譲二「うん」

百花「…ハルくんと二人で話している時にいっちゃんが来て…『お前は俺よりハルといる時の方が楽しそうだな』って…」


百花ちゃんはまた嗚咽を漏らす。


譲二「そっか…一護に誤解されちゃったのか…」

百花「私…そんなつもりじゃなかったのに…」


その後の言葉は涙の中に埋もれてしまった。

俺は百花ちゃんの頭をポンポンと軽く叩いて慰めた。

そしてもう一枚ティッシュを渡す。


譲二「一護もそんなこと言って…きっと今は後悔してるよ…」

百花「そうかな…」

譲二「うん…そうだよ。一護はすぐ強がったり、百花ちゃんに意地悪をいうけど…百花ちゃんのことを本当に大切にしているって思うよ」

百花「今まではそうだって思ってたけど…。今回は…」


俺は百花ちゃんの愚痴を聞いてあげるくらいしか何もしてあげられない…。


譲二「だって、百花ちゃんは一護のことが大好きなんだろ?」

百花「今まで、いっちゃんのことだけ見てきたけど…。この頃なんだかよく分からなくなってきた」


その言葉に何か引っかかった。


譲二「それは…もしかして、他にも気になる人ができた…とか?」

百花「どうして?マスターはそれを?」


百花ちゃんは涙で汚れた顔で、俺を見つめた。


譲二「いや、なんだかそんな気がして…」


自分で言いながら、ドキドキしている。


百花「私…この頃…」

譲二「うん」

百花「ハルくんのことが気になって…」


へ?


百花「いっちゃんのこととかハルくんに色々相談してたら…、優しく一緒に考えてくれるハルくんのこと…好きになってしまったかもしれない…」


それだけ言うと、百花ちゃんはテーブルに突っ伏して、声をあげて泣き始めた。


それって、百花ちゃん…。重大発言じゃないか…。

そして、そんなに泣くってことは一護のこともあきらめきれないんだろう。

俺はどうなぐさめたらいいのか分からないまま、彼女の柔らかい髪をそっと撫でていた。


つづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妄想飛行~譲二の場合 その9

2015-04-01 07:17:58 | もしもの話

特別捜査密着24時の『妄想飛行~冗談は脳内だけにしろ~』で野村さんが言っていたこと

>>「9つも歳が違うと同じ学校に通うなんてことないしさ、妄想が膨らむよね」

>>「もう少し年齢が近かったら、こんなこともあったかな~っていう俺のロマンじゃーん」

みたいに譲二さんも妄想してたかな…と思ったらこんなお話が浮かびました。




 なお、妄想の中の『マスター』は先代マスターです。

☆☆☆☆☆

妄想飛行~譲二の場合 その9

 

 【☆妄想中☆】

 

 みんなにはその後も色々からかわれたけど…、なんとか誤解は解けたみたいだ。

 しかし…。


百花「ただいま…」

マスター「百花ちゃんおかえり」

譲二「百花ちゃん、今日は遅かったね…」

百花「マスター、今日は宿題がたくさんあるのでお店の手伝い休んでもいいですか?」

マスター「いいよ。今日はあんまりお客さんもいないし、譲二くんが手伝ってくれてるしね」

百花「すみません。夕食の時間には降りてきますから」


百花ちゃんはマスターに笑顔をみせると、俺には一瞥もくれずに二階へあがった。


マスター「百花ちゃんはこの頃譲二くんにそっけないね」

譲二「はい…」

マスター「まあ、そのうちに仲直りできるよ…。あせらないようにね」


マスターはメガネの奥で優しい目をして微笑んだ。


譲二「はい、すみません、ご心配かけて…」


俺はがっくり肩を落とし、食器洗いの仕事に入った。


☆☆☆☆☆


このところ、妄想の中まであまり上手くいってない…。

ため息をつきながらお皿を拭いていると、百花ちゃんが帰ってきた。


百花「…ただいま…」


心なしか元気が無い…。

何かあったのかな?

片付けが一段落ついたので、ラム酒入りのココアを作って百花ちゃんの部屋のドアをノックする。


百花「はい?」

譲二「百花ちゃん、ココアを作って来たんだけど…、よかったら飲む?」

百花「あ、ありがとうございます…。でも、ここじゃなくてお店で飲みます…。
 先に降りておいてください。直ぐ降りますから…」


俺が店に降りて待っていると…しばらくして百花ちゃんが現れた。

少し目が赤い…。もしかして、泣いていたのかな?

俺もラム入りのココアを淹れて二人で向かい合わせに座った。

その10へつづく

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加