秋田に恋っこ

ロサンゼルスの日々と秋田自慢と

6月の訪日の思い出

2017-06-15 21:54:19 | 帰省



















田舎の夏の花。
大仙市内小友・・・













6月の日本、帰国したのは
長女の高校卒業記念の二人旅、2008年だった。











秋田から上京
東京時代の11年ほど、一度も乗ったことのなかった
東京見物のはとバス、
明治神宮のコース。


清楚に咲き並ぶ花菖蒲
忘れられない。













明治神宮の入り口だったか
日本のお酒がずらり・・


出羽鶴、秀よし、大平山、まんさくの花・・・
秋田銘酒の名前を見た時、
嬉しかったなぁ~・・。
忘れられない。












古里、秋田県大仙市
「酒の秋田」と全国に名を知らしめた
秋田のお酒、秋田清酒さん。
現在は社長さんのY.I. さんたちをお迎えしての試飲会
「なはまげ」のお酒を抱きながら
トモダチも喜んだ喜んだ!!












今年2月の秋田まごころ物語。
50年前の秋田での恩を返したいと、
大仙市南外の小学校でお話されたアニタさんに
I社長の奥様も会いに来て下さった。

特別な手作りの「いぶりがっこ」
いただいた。

鮮やかに胸に刻まれた
忘れられない思い出♪
幸せ感じる 思い出♪










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっと身近 感じるメキシコ | トップ | 一通の手紙が結んだ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。