秋田に恋っこ

ロサンゼルスの日々と秋田自慢と

パバロッティの親友だった方の奥様の秋田行き

2017-05-15 22:19:55 | 秋田自慢


















大好きです。
品川駅、高輪口。
秋田美人、秋田のお米の大型看板あるから。













大好きです。
秋田県のデザインセンス。
見て、見て・・・









見て、見て、食べてみて・・・
自信たっぷり、お勧め。秋田米。

3カ月前、秋田県庁の観光スポーツ部のトップの方と、あきたびじょん室のトップの方々に
50年前に秋田を訪ねたアメリカ人女性と一緒に
面会して頂いた折に、いっぱい秋田自慢もらって嬉しかった。
その中でひときわ、秋田のお米!!











品川駅の高輪口のこの看板の、
ほぼ斜め向かいにある、ドイツ料理ハンバーグステーキが絶品の
老舗レストランが、こちら。










「一度食べたら、絶対また食べたくなりますよ・・」

秋田ご縁のアメリカ人女性のご主人のお勧めを受け、
「つばめグリル」に3人で食事ができたのは、秋田行きの前日
2月13日だった。


イタリアで長年修行を重ねられ、著名な画家として
ヨーロッパ・アメリカで知られるご主人はドイツで、、
何度も個展を開催された。








そして、
ダイアナ妃とも親しかった故パバロッティさんの親友だった。

東京の公演など、主だった公演にパバロッティさんから招待を受け、
秋田ご縁の奥様と二人で、出かけられたそうだ。


秋田の田んぼの出身のわが身とは、身の丈が
全然ちがうけれど、ただただ、秋田・秋田・秋田と思い続けてきたら
ご縁が広がって、50年前の秋田ご縁の物語の奥様と知り合ったのだった。

そして、10年目の今年、奥様の秋田再訪に同伴でき、奥様の夢が叶ったのだった。
陰ながら、そのお手伝いができたこと、真心いっぱい秋田の方々の応援のおかげだった。










それにしても、光栄。
世界三大テノールとしても知られる、パバロッティさんの親友だった方に
薦められ、ご夫妻と一緒に「つばめグリル」。

テーブルは、奥にある女神像?の前の 
向かって、右側でした。 読者の方で、首都圏お住まいの方は是非、おでかけ下さい。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オラ(西語こんにちわ) 裏... | トップ | ボクサー三浦隆司さんの古里... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。