ビビッド能里子トーク・サロン

心身両面の指導者として感じたこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

来月20日学会で講演します!

2016年10月31日 | お知らせ
 私は自分の年齢をたたき台に、どうすれば健康で若々しくいら
れるか、ビビッドエイジング研究家として、色々考え工夫し
実践している。そのお陰か信じられないようだが、20年年齢を
重ねた今の方が体調が良いが、ご紹介すると・・・
 
 小池能里子(1935年11月12日生まれ・献血歴117回)
1 20年前より体調が良くなった
2 ひざ痛を治した
3 腕の力が強くなった
4 突発性難聴炎で20年前から落ちていた左耳の聴力が良くなった
5 入れ歯や差し歯はなく現在の歯30本
6 顔も引きしまり目じりのシワが薄くなった
7 健康診断の数値はベストで何の治療も受けていない
8 坐骨神経痛が完全に治癒した
9 約20年間予防注射も受けずに風邪らしい風邪はひいていない
10 たとえ病気になっても回復力が早い
11 いつも心が弾んでいる
 これは現在の私だか、今までそれらについて何度かお話ししたが
今回学会で講演は「アンチエイジング、見た目の若さを保つ」だ。

 今回今私が「精神世界」についてご教示頂いている林先生の前で
初めてお話しするので、緊張するかもなどと思っています。
 都内ですのでご興味がある方は、実物の小池能里子を見にいら
して下さいね。今話題の「浮き指」についても詳しくお話しします
ので、きっとお役に立てると思いますし、実習もあります。
 また催眠応用医学会なので、最後にどの会場でも大好評の私独自
の「リラクゼーション」もご体験できますので、ぜひどうぞ!
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅ヶ丘キャッハロウイン | トップ | 今日から11月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お知らせ」カテゴリの最新記事