保守と革新

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

前川元事務次官という人

2017年05月25日 | 保守と革新
文科省の元事務次官の前川氏が、加計学園の問題にからんで、「総理の意向」を示す文書が確実に文科省に存在したと言っておるようです。
ことの真偽はともかく、事務方の最高責任者の地位にあった前川氏がこのような無責任なことを言うことについては驚く他ありません。
発言の内容からして、前川氏が安倍首相なり官邸なりを攻撃の目標に定めていることは間違いのないところでしょうが、そもそも彼は
所謂省の天下り問題で引責辞任した事務次官です。
そのときに彼の言った言葉は、「万死に値する」でした。
「万死に値する」とはまず1度死んで、それからまた死んで、さらにまた死ぬことを万回くりかえすということです。
言葉とは全く裏腹に彼はまだ1度も死んでいなかったのです。国民に大嘘をついたことになります。
また、報道のなかでは、大きく行政がゆがめられたと言っておりますが、そう思ったのならなぜ現職のときに体を張って抵抗しなかったのでしょうか。
強大な権限を持つ事務次官の立場ならできたはずです。
辞職とは言いながら退職金を満額受け取った後に自らとった不作為の結果については口をつぐみ、このようなことを言うなどとは偽善以外の何物でもありません。
忖度に忖度を重ねていって出来上がった「文書」はおそらくあったのでしょう。
しかいこのような、それこそ恥も外聞もない偽善者に耳を傾けるのは、「記事の取り消し」が得意な朝日新聞ぐらいではないでしょうか。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮と我が国 | トップ | 東芝とWH »

コメントを投稿

保守と革新」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。