女装子愛好クラブ

女装子をこよなく愛するコーイチローのブログです。女装小説、女装ビデオ、女装動画、女装記事などを紹介していきます。

一年間、ご愛読ありがとうございました。

2011年12月31日 | 女装子愛好日記
激動の2011年もあと3時間で終わります。

女装関係で1年間、いろいろな記事を書いてまいりました。
ネタ切れで苦しい時もありました。
またいろいろと書きたいことがたくさんあった時期もありました。

しかし、2011年は女装男子が市民権を得たという意味では特筆すべき都市化もしれません。
秘やかな趣味であった「女装」が表の世界に浮上する。
それは喜ぶことか、哀しむことか。

まあ、そんな世事に背を向けて、私は自分の好きなことを書いていきます。
人は人、コーイチローはコーイチローです。

2012年も、このブログをお読みいただければ嬉しいです。

来年が皆様にとって佳いして年でありますことをお祈りいたします。

   コーイチロー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金の蔵はいい

2011年12月26日 | 女装以外の情報いろいろ
たまには飲もうか、ということで渋谷で待ち合わせ。ただ忘年会続きで財布もヘロヘロ。となる安く飲めるところがいい、ということで渋谷・宮益坂昇り口にある金の蔵に。
ここはなんでも300円。オーダーも画面入力。2時間という時間制限もちょうどいい。そして食べ物も美味しい。ついつい2時間、いろいろと食べながらあっという間の2時間でした。お勘定はちょうど2800円通し。気楽に飲めた忘年会でありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスイブはいかがでしたか

2011年12月25日 | 女装以外の情報いろいろ
みなさま、クリスマスイブはいかがてしたか?
聖なる夜に愛のこもったプレゼントをもらうことができましたでしょうか。
プレゼントは品物だけではありません。
「楽しいな」「幸せだな」と思った瞬間があれば、それは最高のプレゼントです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「レディーボーイ」が客室乗務員デビュー、タイの航空会社

2011年12月25日 | 女装関係のニュース&事件

乗るなら、この航空会社ですね。
タイに旅行に行きたいよぉぉぉ


[バンコク 16日 ロイター] タイの新規参入航空会社「P・C・エア」の国内線フライトで、女性に性転換した4人の「レディーボーイ」が客室乗務員としてデビューした。
性転換をした客室乗務員の1人は、「タイで性転換者が受け入れられることの始まり」と話し、将来は性転換者が警察、軍隊、パイロットなどの職種にも就くことができるようになるかもしれないと語った。

同社のピーター・チャン社長は性転換した客室乗務員について、「男性と女性の両方を理解できることから、より良いサービスが提供できる可能性がある」と述べた。

4人は2月、女性19人と男性7人と共に客室乗務員として採用され、これまで安全対策、機内サービス、メークなどの研修を受けていた。
写真を見たい方はこちらです→★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月23日(金)のつぶやき

2011年12月24日 | 女装以外の情報いろいろ
07:14 from gooBlog production
女装妻 まさみさんの手記 http://t.co/7RUZU58L
by koichiro326 on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごく普通のおじさんが女装してみた

2011年12月22日 | 女装子愛好日記
ロケットニュースの佐藤記者が女装しました。
女装写真も満載です。


最近は一部の男性の間で、女装が流行しているらしい。「女装子(じょそこ)」や「男の娘(おとこのこ)」なる言葉まで登場し、半ば市民権を得た格好だ。

このことに、当編集部のあの男が無駄に反応を示した。そう、あの男だ、佐藤記者だ。何を思ったのか「俺もやってみようと思うんです」と言い始めた。

「やめておいた方がいいと思うよ、ただでさえブサイクなのに」と、とある女性記者が優しい忠告をしたのだが、彼は聞かず「ブサイクでも女装したら変わるんだよ! じゃあどうする、俺が可愛くなったら!」と、マジ切れして手がつけられない次第となった。

仕方がないので、やるだけやらせてみようということになり、彼を泳がせてみたのである。そうしたところ、本当に女装をしやがったのだ! 以下、過激な写真が多数掲載されているので、念のため「閲覧注意」とお伝えしておこう。

彼の話では、都内某所の撮影スタジオで女装のお手伝いをしてくれる場所があるという。彼はそこに赴いて、無理難題に応えてもらったのだ。ご丁寧にすね毛まで剃って撮影に臨んだのだとか。

約3時間を経た後に、彼は写真を収めたDVDを携えて戻ってきた。編集部で中身を確認してみたところ、驚くほど可愛く仕上がっていてびっくり! 化粧マジックとでも言おうか、女装マジックとでも言おうか。よほど腕のいい人に化粧をしてもらい、実力のあるカメラマンに撮影してもらったのではないだろうか。

続きはこちら→★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月21日(水)のつぶやき

2011年12月22日 | 女装以外の情報いろいろ
22:19 from gooBlog production
さらば、まだら狼 上田馬之助。 http://t.co/Rce1lLhp
23:05 from gooBlog production
「レディーボーイ」が客室乗務員デビュー、タイの航空会社 http://t.co/hO1igKfv
by koichiro326 on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さらば、まだら狼 上田馬之助。

2011年12月21日 | 女装子愛好日記
元プロレスラーの上田馬之助(うえだ・うまのすけ、本名・裕司=ひろし)氏が21日午前10時7分、窒息のため大分県臼杵市の病院で死去した。71歳。愛知県出身。自宅は大分県臼杵市二王座389の1。葬儀・告別式は24日午後1時から臼杵市市浜1126、玉泉院臼杵会館で。喪主は妻恵美子(えみこ)さん。
 大相撲を経てプロレス入りし、金髪の悪役レスラーとして知られた。


日本人レスラーは海外遠征から帰ると「凱旋帰国」と言われた時代、上田馬之助は違った。国際プロレスのリングでヒールとして登場したのだ。
日本人でありながら悪役となり、日本人レスラーに悪行の限りを尽くす。
この逆転の発想が上田馬之助を人気レスラーにした。
タイガージェットシンとのタッグで猪木・坂口を痛めつける。
「ベビーフェイスにはなれないが、ヒールならいくらでもできるぜ」
このプロフェッショナルの気概を持つ上田馬之助を私は好きだった。

さらば、まだら狼 上田馬之助。



Giant Baba,Jumbo Tsuruta vs Tiger Jeet Singh,Umanosuke Ueda pt2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月20日(火)のつぶやき

2011年12月21日 | 女装以外の情報いろいろ
18:40 from gooBlog production
土曜日の池袋・アウルを訪問しました http://t.co/18I8l1cw
by koichiro326 on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土曜日の池袋・アウルを訪問しました

2011年12月20日 | 女装子愛好日記
12/17(土)は会社関係のおつきあい忘年会。
これが8時に終わったので、池袋アウルに寄ってみることにしました。
平日夜や土日の昼間に行ったことはありますが、もっとも盛り上がるだろうサタデーナイトはいったことがありません。家人には「土曜日だけど遅くなる」といってありますから、絶好のチャンスです。

8時過ぎに入り早速5階のラウンジに行ってみると、クリスマスパーティの真っ最中。名札を付けて皆さん楽しそうです。
美しい女装子さんたちも10数人。
お馴染みに男性さんたちと仲良くやっています。

まだ時間が早いせいでしょうが、妖しい雰囲気はあまりない。
新参者の私は話しかける相手もなく、話しかけてくる人もいない。
まっ、初回はこんなもんでしょう。
美しい女装子を眺めながら、ウーロン茶を飲んでおりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加