華麗なるオーストラリアンライフ

渡豪10年。職業・看護師。
白熊のようなオージーの旦那1人とワンコ2匹で
ニューサウスウェルス州の田舎町で生息中。

お・も・て・な・し

2013年09月30日 20時41分04秒 | Weblog
昨夜帰宅したらDから言われた。
「今夜友達が泊まりにくるからね」。

え、もう夜の10時ですけど??

話によると昨夜バリから飛んで来て、シドニーを出るのが夜中の12時ごろになるという。なので我が家への到着は夜中の1時過ぎ。普通に勤務をしていた私はそんな時間まで起きていることはできず、あとはDに任せて先に寝た。
そして今朝起きたら彼らは空き部屋で爆睡中。何を食べるのかわからなかったので、いつものバットマンキッシュとグリーンサラダ、マッシュポテトを準備した。そして11時ごろ目覚めてきた2人の男の子。

あらぁ

ヤングでグッドルッキング

彼らはノルウェー人。前にも触れたかもしれないけど、Dはノルウェー人の血が入っていて(クォーター)、彼の風貌には色濃くスカンジナビアンの特徴が表れている(高身長、金髪、碧眼)。ノルウェーにはイトコだかハトコだかがいて、フェイスブックなどで写真を見ると、みなどことなく似た顔をしている(よく知らないけど相当長く続く家系らしい)。
仲良くしているハトコの友達が現在、オーストラリアのアデレードという街で学生をやっている。大学の中間休暇を利用してバリに飛んだ彼らが帰りにシドニーによるので、そのときに面倒を見てやってほしいとハトコから頼まれていた。そしてやってきたのが昨夜の話。
2人ともスカンジナビアンの容姿を持ったハンサムボーイ。そんな2人を前におばちゃんのハートは一気にヒートアップ。昨夜は少し「こんな遅くくるなんてヒジョウシキ!!」とか思っていたくせに、「まぁまぁまぁまぁ 何もないところやけどゆっくりしていってね」とおせっかいおばさんに早変わり。

「おいしい!」といってバットマンキッシュ、和風ドレッシングを使ったサラダを完食。食べてくれる人がいる状況は料理の作り甲斐があるわ。グッドコーヒーも振舞って、それから近所を散策。今日は好天で、高台に昇ってみる風景も、いつも歩くビーチもすっかり夏模様。




今日はジムデーだったので帰ってから行くつもりだったんだけど、日差しにやられた私は猛烈な眠気に襲われて、お客様がいたにもかかわらず昼寝。日本の“おもてなし”精神を貫きたかったけど、体力の衰えに抗うことをやめた今、お客様より自分中心。それに今夜は夜勤やし。気が付いたら3時間も寝ていた。私が寝ている間、学生の彼らは論文を書いていたらしい。
夜はローストチキンと春雨サラダ、朝の残りのマッシュドポテト。我が家に滞在する以上、彼らも当然“ユマイナチュックス”入団。幸い和風の味付けも問題ないようで助かった。

私はこれから夜勤。明日はDと3人でシドニー観光に出かけるらしい。一緒に行くのはちょっと疲れるので私はお留守番。
Dは話し相手がいることが嬉しいらしく、論文を書こうとしている彼らをじゃましてばかりいる。彼らに申し訳ない。私はあと1分で家を出る。もう一度「じゃましないように」ときつく言い聞かせておかなくちゃ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃の私

2013年09月29日 23時04分14秒 | Weblog
本日午後シフト。
昨日と同じ患者さんを担当。手術から2日も経つと点滴も抜けてるし、痛みも少々マシになってきている。決して暇ではなかったけど、昨夜よりは計画的に動くことができた夜だった。
今夜の病棟は全体的に静かで、正看4名、準看1名全員良い夜を過ごしたと思っていた。

が。

正看4名のうち、1名は新人さん。今日で勤務3日目。それでもう6名を担当。たまたま夕食の時間が一緒になったので「大丈夫?」と声をかけた。すると「とっても緊張している」としつつも大丈夫だという。ちなみに彼女は韓国人。見るからにまじめそうな、思いつめそうな感じの子。元看護師だというし、そこまで重い患者さんではなかったので大丈夫なのかな?と思っていた。私以外のほかのスタッフも手伝えることはあるかと何度か尋ねていたけど、そのたびに「大丈夫です」と応えていた。
そして申し渡しの時間。
私も経験がある。申し渡しは慣れるまでとても緊張する。そして何を言っていいのかもわからない。それが彼女にも起こっていた。ところが不幸なことに彼女が申し渡しをした夜勤看護師はあまり優しいとは言えない先輩。先輩はどうやら新人さんの申し渡しに満足できなかったようで、怒り顔でナースステーションに戻ってきた。新人さんの気持ちが痛いほどわかる私は黙っておられず、「新人さんやからどうか大目に見てあげて」と言ったところであまり貸す耳はない様子。
申し渡しがちゃんとできてなかった上に、投薬にもれがあったり、他にもできてないことがいくつかあったようで、作業が増えた先輩はそれにもイラッとしているようだった。
いきなりキツイ洗礼を浴びた新人の彼女は落ち込んだ様子を見せつつも、何が悪かったのかさえ分かっていない状態。脳みそがパンパンで考える余地がない様子だった。

大きな病院では2週間ぐらいは先輩に付いてまわるのが普通。でもウチは小さい病院なので、勤務3日目でもう独り立ちさせられている。“正当な”看護を教えられていないのにすでに一人前に患者を担当。なんて無責任なんやろうと上にちょっと怒りを覚えたぐらい。できると思う方がおかしい。ちなみに働き始めた頃の私はできない自分を責めて相当しんどい思いをした。そして、ちゃんとした教育システムがないことに不満と不安を覚えたものだった。教育機関も兼ねた大きい病院ではないのである程度は仕方ないけど、いきなり一人前扱いは本当にかわいそう。

終業時間を大きくまわってやっと作業が終わった彼女。一応今日も私が一番古株だったので終わるまで待っていた。2年目の私にできることも少ないけど、とりあえず「わからんことは聞くように」「新人さんができないことはみんなわかってるから大丈夫」と声かけ。少しでも気がまぎれてるといいんやけど。

今夜、彼女がどんなことを考えながら眠りに付くのかと思うと胸が痛む。縁あって一緒に働くことになったんやし、同僚として、移民組として手を貸してあげられるよう、私も頑張ろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カフェ・ガリレオ便り

2013年09月29日 12時29分26秒 | カフェ・ガリレオ便り
昨日のチーズケーキ。今朝、グッドコーヒーとともに。


今日日曜日はダイエットもお休み。来週は月水金がジム、火木土がベジデーの予定。というわけで今朝はしっかり食べた。これから仕事なので、ケーキで少し糖分補給。ちなみに夜ご飯は昨日のトマトスープの残り。Dは作り置きのハンバーグとスープ。
ケーキの残りは病院に持って行く。“周囲の人を太らせよう”キャンペーン展開中。みんなを大きくして私を霞ませる作戦。

ヨシ、準備していってこよっと。
忙しくありませんよーに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

OMG!!

2013年09月28日 23時03分42秒 | Weblog
今日はベジデー。お弁当が作れなかった場合病院のトーストで済ませることができるけど、ベジデーの日はそうはいかない。朝から台所に立って、春雨サラダと野菜スープを作った。ただのグリーンサラダでは飽きがきてしまうので、一応サラダには少し凝るようにしている。とはいえ、春雨が本当にいい味を出してくれるので、どのように食べてもおいしい。ドレッシングもお手製。
野菜スープもできるだけいろんな野菜を取れるように心がけている。今日は8種類の野菜を少しずつカット。今日はトマトベースのスープ。なかなか美味。
これらのベジメニューを作り終えてから、クリームチーズの期限が近づいてきていたので、ベイクドチーズケーキを焼いた。ただいま冷蔵庫で眠らせているところ。明日が楽しみ。

さて。
本日午後シフト。4人のスタッフが病棟にいたけど、なんと私が一番先輩(!!)という状況。というか、私より経験の長い看護師が2名いたけど、1人は途中採用で昨日入所した人、もう1人は派遣さん。もう1人は新人研修一週目の韓国人の看護師。
というわけで、私はもっともヘヴィーな患者さんの担当になった。6名中5名が術後患者さん。昨日手術を受けた人たち3名を含む。術後は当日も翌日も何かと忙しい。術後患者さんを持つ機会は週に一度あるかないか。なのでどうしてもやるべきことが頭に入りきらず、後になってすべき作業に気づいたりして何かと後手後手になっていく。無論、イレギュラーなことも起こるし。他の3人が優雅に(!?)働いているところ、私はウヒーッと歩き回っていた。
十分にテンパっていた上、7時半になって夜勤の先輩看護師がやってきて「アレやった?」「コレやった?」と見落としを指摘するので、私の脈拍と血圧は一気に上昇。無論先輩は助けようとしてくれているだけなんだけど、「できてへんやん!」と言われているような気がしてパニクってしまう。
大きく深呼吸をしてなんとかかんとかやるべきことをやり遂げ、9時になって看護記録を書き始めた。その横で午後シフトのスタッフと夜勤スタッフが危険ドラッグのチェックをしている。
危険ドラッグは合法的に処方が許されている鎮痛剤。主にモルヒネを含む薬が多い。これらの薬は鍵付きの薬だなで保管されており、患者さんに処方する際は必ず2名で処方箋に書かれた用量、時間等を確認し、病室まで行って、投与する患者さんに間違いがないかをチェックしなくてはならない。そしてこれらの薬の残数は各シフトが入れ替わるときに双方のシフトのスタッフでチェックされることになっている。
私が看護記録を書いていると、確認中の先輩看護師が薬の部屋から出てきて「Yoshi! 薬の数が合わないわ!!」。

うそん!?

もしも間違えて投与していたら、下手をしたら患者さんの命取り。紛失であれば警察沙汰になる可能性も。そして看護師資格にも関わってくる。
一気に噴き出す汗。一生懸命投薬したときのことを思い出そうとした。私がやったのかどうかもうわからない状態だったけど、一応古株の私がやった可能性が高い。しかすすでに十分パニック状態にあった私はパンク寸前。すがるような思いで記録帳を見たら、私のミスではないことが判明。派遣看護師さんと病院を統括する大ボスの記入ミスだった。ここでパニックのまま脱力という変な感じ。先輩に「私じゃありませんでした」と伝えるための英語が出てこずしどろもどろになっていたら、「深呼吸しなさい!」と背中を叩かれた。
ちなみに今回のミスは、幸い投与した薬は合っており、記録するページを間違えたらしい。とはいえ2人してきちんと確認していたら起こるはずのないミスなので、始末書扱いになる。投薬ミスは看護師が起こすミスの中でもっとも起こりやすいもの。誰もが一度はやっているぐらい。しかし危険ドラッグのミスは相当痛い。今日のミスが自分だろうか?と考えた瞬間、胃がギューッと摘まれるようだった。今回は自分じゃなくて良かったし、ただの記入間違いで患者さんに大事がなくて良かったけど、本当に本当に気をつけよう。
フワッフワした気持ちのまま残りの仕事を終えて病院を出たときはグッタリ。経験を積んだらこのテンパり具合もマシになるんやろうけど、それは一体いつになるんやろう?

看護師への自分の適性を悩む中、チャレンジが続いている気がする。もう“新人”じゃなくなった今、正直逃げたい気持ちもある。新人じゃないのに一人前でもない。どうなるんやろうなぁ、私。と言っても今は選択肢もないので頑張るしかない。明日も午後シフト。日曜日はダイエットはお休み。ちょっとおいしいものを食べて明日も頑張ろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウェルカム☆おひとり様

2013年09月27日 23時09分34秒 | Weblog
本日オフ。
朝からDがシドニーへ。Dがいない日に家で一人でいることはめったになく新鮮な感じ。たまにはいい、こういうの。

Dをシドニーへ送っていったその足で、我が田舎町ではなかなかおいしいカフェへ行き、病院の日本人スタッフの方とモーニング。久しぶりのガチ日本語トーク。楽し~。嬉し~。その人はもうこちらに30年近く住んでいる。仕事や生活のことなど、いろんな話をさせてもらった。とても聞き上手な人で、私ばかりが話していたような気がする。反省。でも楽しかったー。ゴハンもおいしかった。

それから帰宅して朝のうちに放り込んでおいた洗濯物を干す。やっとシーツを洗った。制服やタオルもあったので今日は2回転。お天気が良かったのでよく乾いてくれたけど、昼から干したため全部は乾かず、最後少しだけ乾燥機に投入。何度でも語れるわ、乾燥機の素晴らしさ

2回目の洗濯物を干し終わったらすでに午後。調理実験に取り組むか、ジムへ行こうと思っていたけど、ここで猛烈なダルさに襲われる。というのも、今日は花粉症症状がモロに出ていた。人に会うし、と思って薬は飲んでたんだけど、全然効きやしない。モーニングを食べている最中から鼻水・鼻づまり。目はカユカユ。それは家に帰っても同じで、頭がモーロー。Dを送っていかなくちゃ、という意識のせいで寝たり冷めたりの朝だったので、軽く昼寝でもしようとベッドへ向かった。
しかしそうは問屋が卸さず。
しばらくネットサーフィンをしてさぁ眠気が襲ってきたぞ…とウトウトしていたらDから電話。電車に乗ったら連絡してきて、と言っておいたのに、大冒険中の引きこもり君は、今日最後の予定を終わらせたことを現場から報告。「今から駅に向かうねー」とのこと。時間は3時前。正直「え、もう帰ってくんの?」という感じ。もっとゆっくりしてきていいのに。
Dが最寄り駅に着くのはだいたい2時間後。Dが帰ってきてからジムに行くのは難しそうだったので、結局起きてジムへ行き、その足でDを駅で拾い帰宅。

私はお腹が空いていたのでシリアルと昨日持ち帰ったトムヤンスープを夕食に。Dはピザが食べたいというので、近所のスーパーで冷凍ピザを購入して食べていた。ダイエット食は明日に持ち越しやなぁ。
Dはピザ購入の際にお酒も購入。私は酔っ払ったときのDが正直うっとうしい。上機嫌なんだけど、思い出したときに好きなだけしゃべり、私が何をしているかなんてお構いなし。テレビを観ていようが、本を読んでいようがガンガン話しかけてくる。そして相づちをしつこく求めるので無視もしにくい。なのでDがお酒を買うときは私は不機嫌になる。大冒険を終えた後の酔っ払いはより饒舌になるのが常なので、今夜はイヤホンをして、たまたま見つけた古畑任三郎VSスマップを観ていた。完全シャットアウト。平和な夜やった。こうやって書くと冷たく聞こえるけど、こうでもしないと私一人がイライラすることになるので、Dにはあきらめてもらうしかない。
動画を見ることを強要された(!?)ので片づけができず。なぜ私ばかりが家事を!?という不満もたまって、12時前の今も散らかったまま。明日Dに頑張ってもらおう。

週末は午後シフト。そして月曜日は夜勤。今回は一日だけなので気が楽。なんかもっと休みたいなーと思ったけど、来月末、手術の後一週間ぐらい休むんだった。なので今はガマンして、頑張って働こう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳴らずの携帯が鳴るとき

2013年09月26日 22時04分55秒 | Weblog
本日午後シフト。
のはずが。
6時50分の電話でたたき起こされ「午前シフトできる~?」。用事もなかったので「いいですよ~」と答え、準備をして病院へ。
寝起きの悪い私は病院に着いてもまだ目が覚めきらず。しかし午前シフトはすでに始まっているので大急ぎで申し渡しを終えて業務についた。
昨日とはまるで違う患者さんをなんと11名も担当。多い(涙)。実習に来ている学生3名と先輩アシスタントの計4名が付いてくれたからこの人数になったと思われる。おかげでシャワーやベッド作り等の作業はやってもらえたので大変ではなかったんだけど、誰がどんな患者さんで、誰が誰に何をしたのかを把握するのが大変。
しかもこういってはなんだけど、学生の作業はややいい加減。区別をしてはいけないと思いつつも、正看ではなくアシスタントの実習(薬や傷口の手当等メディカルなことはしない)のせいか、緊張感がない上に“やらされてる感”が漂っている。本当にこの職業に就きたいのか?という感じだった。私が看護実習をやっていたときとプレッシャーの感じ方がまるで違うかった。大きい大学から大きい病院に送り込まれていたので教育システムもしっかりしてたし、また採点も厳しかった。でも田舎の職業訓練コースから田舎の病院に実習にくるとこんなもんなんかしらねぇ。
もとい。
学生さんたちの遣り残した作業を見つけてやり直すのも面倒くさくて精神的に疲れた午前シフトやった。

そんな風に午前中を過ごしていたら、婦長から「残業できる?」。ダブルシフトを言われていたら考えたけど、4時間だけの残業だったので引き受けた。
午後からは1人で7名の患者さん。朝から担当していた人と被っていたのでやっとゆっくりと誰がどんな病状で入院しているのかをきっちり把握することができた。半数が要介助。でもナースコールを押す人はほとんどいなかったので自分のペースで作業を進められた。帰る時間になったら他のスタッフが夕食に行っていて病院を離れることができず、結局8時まで居残って何かと作業をしていた。すると夜のリーダーが残業を延長してくれて、結果12時間半労働に。ラッキー。

昨日はベジデーだったため昨夜からずっとお腹が空いていた。そして今日はお弁当を作る時間がなく、病院のトーストやサンドイッチだけで一日を過ごしたためさらにお腹が空いていた。帰ってから料理をする気にもなれなかったので近くにタイ料理を食べに行った。病院の人が結構おいしいと言っていたけど、いつも行くタイレストランの方がおいしかったなぁ。無念。ま、虎穴に入らずんば虎児を得ずということでヨシとする。
そういえば今日は残業のせいでジムに行けなかった。明日はDがシドニーへ行っていないので1人で行くつもり。ちなみに朝は日本人の理学療法士さんとモーニングを食べに行く予定。本来ベジデーのところにまたも外食。昼夜はちゃんと野菜と果物で過ごすとしよう。

お休みは明日一日だけ。予定よりも早く起こされた上長く働いたのでもう眠い。明日はDを送っていくため通常の休日より早起きやし、もう寝るとする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日はいい日だった

2013年09月25日 22時23分46秒 | Weblog
本日午後シフト。
病院に行ったら新人さんがワンサカといた。たしか11名採用したはず。シフトワークだし、私は今日ちょっと離れた場所の担当になったので新しい人たちと触れ合う機会はほとんどなし。すれ違うときにニッコリするぐらい。途中採用と新卒の両方いる。もう新人じゃなくなっちゃったんやなぁ。頑張らないと。

というわけで今日はたくさんスタッフがいて、スタッフ2名で輸血1名を含む9名の患者さん。うち2名は新規入院でシフトを始めた時点ではまだ来ていなかった。なので実質7名。新規入院は夜の8時前に2名一緒にやってきた。もう遅いし、患者さんたちも少々疲れを見せていたので書類処理等をしようにもできることが限られており、忙しくなりようもなかった。というわけでゆっくりとした良いシフトだった。

ところで。
考えた末にチョコレートケーキは持っていかず。一応おいしくいただける“賞味期限”は今日までなんだけど、4切れという中途半端な数を持っていくのがどうかと思って。今日はベジデーなので私たちも食べるわけにはいかず、冷蔵庫で眠っている。やっぱり持っていくべきやったかな。お腹が空いてて誘惑に駆られているけど、グッとガマン。そういえば春雨サラダ。Dはとっても気に入ったらしい。ダイエット中に楽しめるものがあるのはいいことや。
明日は普通に食べても良い日。そして午前中はジムへ行く。

このところとみに暖かくなって、私の花粉症も本格化している(日本にいるときの症状に比べたら雲泥の差で楽やけど)。鼻ムズムズ。目はとてもかゆい。うっとうしいわ。これがあるから桜の季節の帰国はためらってしまう。帰国時期をどうしようかいまだに考え中。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食事処・ガリレオ便り

2013年09月25日 12時16分23秒 | カフェ・ガリレオ便り
ただいまダイエット中の私たち。今日はベジタブルデー。なんだけど味付けと彩りにハムと卵を使用してしまった。
今日のランチはコレ。

春雨サラダ。
どうして日本の定番中の定番のダイエットフードを忘れていたのか。

いくつかのレシピを見ながら一番簡単そうな方法を選んで味付け。先ほど食べてみた。砂糖とニンニク、ごま油がもうちょっと欲しかったなぁ。それでも春雨好きのDは大喜び。もう日本から持って帰ってきたストックがなくなってしまう。どこかで買えるかなぁ?

午後シフトなので夜ご飯のサラダも作った。こちらはひよこ豆入り。野菜は適当に5~6種類。和風ドレッシングを別容器で持っていく。もともとセロリは好きじゃないんだけど、サラダに入れるといい味になる。なので積極的に摂取中。

ここ一ヶ月ほどお菓子作りをするのに毎日のようにレシピを眺めていたのが習慣になり、今はダイエットメニューを楽しみながら検索している。そして実験。ダイエットは肉体的にも精神的にもきついので、このように楽しみがあるというのはいいことや。今回は頑張れそうな気がするぞ。

よし、午後シフト、働いてくるかぁ。今週から新しいスタッフが数名入っている。病棟の雰囲気、変わってるやろうな。後輩ができてしまった。あぁ、プレッシャー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豪州のヘンなヤツ

2013年09月24日 20時08分49秒 | Weblog
朝は曇っていたけどお昼から好天。こんなことならベッドシーツを洗えばよかった。
昨日、新しくシーツや枕カバー等を買い揃えた。これまで使っていたものはDが長く使っていてヨレヨレ。柄もバラバラ。捨てはしないけど、新しい季節がきたことやし気分を変えたいなーと思って春らしい色のものを購入。柄が揃うと部屋がスッキリするし、また全体が明るくなった。ちょっと痛い出費ではあったけど変えた価値はあった。

さてダイエット。
昨夜寝る前はやっぱりお腹が空いてきた。でも“空腹を楽しもう”とお互いに励ましあって就寝。今朝目覚めたら不思議なもので、昨日一日体に優しいものを食べただけなのに体が軽くなった気がする。消化器官に良くないものを食べ続けてきたってことかしらねぇ? 朝ごはんは普通に食べた。昨日の残りのひよこ豆のサラダもタップリ。
ケーキを焼き終えてから公言通りジムへ。ジムでは私はウォーキング、Dはバイク。ちゃんと20分有酸素運動に取り組んだ。サウナとスパでさっぱり。
帰宅してすぐに遅いランチを食べてからちょいとダラダラ。ちょっとの運動で疲れて軽く午睡。怠け癖が身に染み付いてるのねぇ。
目覚めてからはグッドコーヒーとともに改めてチョコレートケーキを試食。まぁまぁかな。チョコレートなのでやっぱり甘い。今度はビターチョコを使おう。そんで砂糖の量も減らそう…ってそんな単純なことでいいんかな? まだ半分以上残っている。明日病院に持っていくかどうかは明日考えよっと。

晩ご飯は鶏むね肉の新しいメニューに挑戦しようと思っていたけど、遅いランチとチョコレートケーキで空腹を覚えず、今のところパス。9時を回った今お腹が空いてきて泣き言をいったらDが「強くなれ!」と励まして(!?)くれた。普段は私の方がDにヤイヤイ言う立場なので、たまに逆の立場になっても文句が言えない。ちっ。
明日は午後シフト。ベジタブルデーなので何かを工夫して持って行かないと。またひよこ豆を水につけて戻しとこうかな。腹持ちいいし。

ところで。
Dと私がリビングでくつろぐときは2脚あるソファで各々に転がっていることが多い。その際、私の足の裏はDの顔の近くにいく。足を向けることを申し訳なく思うし、また足の裏を見せることを恥ずかしくも思うけど、Dが気にしていないのでずっとこの有様。そしてなぜかこの頃、Dの中で私の足の指の間に自分の指を挟むことが流行り。今日も「ピーパーピーポー♪」とわけのわからない音を奏でながら人の足の指で遊んでいた。
Dはちょっと変わっている。これ以外にも“アドモンスター”とか言って、CMになるとソファから転げ落ちて私のところまでノシノシ四つんばいでやってきて、私の肩に噛み付いてまた戻っていったり、私の言葉尻を捉えてそれにそのまま適当な節をつけて歌い始めたり。我が夫ながら変なヤツ。イメージでは川原泉の漫画「空の食欲魔人」に出てくるキャラクター・吉川弘文。あそこまで鳥頭ではないんだけど、Dの妙な行動を見るにつけあのおめでたいキャラを思い出してしまう。しかしDは私のことを「変な子」と言う。「日本女性ってみんなこんな感じなの?」「ボク、君のことを書いたブログを始めたらすごい人気出るんじゃないかな」などなど。私のどこが!?と思うけど、彼には彼の言い分があるらしい。お互いがお互いを変だと思っている時点で釣り合いの取れた夫婦なのかもねぇ。

今日は暖かく部屋の窓は全開。今も心地よい風が流れ込んでいる。夏ほど暑くもなく、一番いい時期。明日あさってとまた仕事。もう一杯グッドコーヒーを楽しんで寝るとしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カフェ・ガリレオ便り

2013年09月24日 11時50分16秒 | カフェ・ガリレオ便り
昨夜から取り組んでいた調理実験。
チョコレートケーキ。


手間ひまかかったぁ。でも出来栄えには及第点を付ける。初めてのわりには良くできた、と思いたい。まぁ、全部ただの自己満足やから自分がハッピーならそれでいいのだ。

さっきDと一切れを半分こ。甘い。しつこくない甘さやけど、たくさん食べるのは無理かな。コーティングのチョコレートをもう少し落ち着かせてから“グッドコーヒー”とともに改めて頂くとしよう。

ところで。
カフェ・ガリレオ、冷たいお茶始めました。

今日の天気予報、我が田舎町は30度まで上がるらしい。春とは思えない暑さ。こんな日は冷たいお茶に限る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加