華麗なるオーストラリアンライフ

渡豪10年。職業・看護師。
白熊のようなオージーの旦那1人とワンコ2匹で
ニューサウスウェルス州の田舎町で生息中。

アディクティブ

2012年08月31日 21時41分15秒 | Weblog
今日はオフ。昨日のでっかいステーキが堪えたみたいで、朝っぱらから胃がもたれていた。朝ごはんも食べる気にならないし、かといって今日の予定である買物にすぐに行くのもちょっと。何より体をしっかり起こそう!ということでなんとまたジムへと行った。
しかし今日の私は泳がず。“デトックスデー”としてサウナとジャグジーのみ。
というのもだいたい1時間前後でDはトレーニングを終える。私はだいたい30~40分ぐらいは泳いでいるので、それからサウナへ入ったところでサウナにじっくり座っている時間がない(体をほぐすためにもジャグジーには15分は入っていたい)。Dは待っているのが苦にならないと言うけど、待たれている方は落ち着けない。その結果しっかり汗をかく前に出るはめに。コレではいつまで経っても新陳代謝が活発化しない!というわけで本日“デトックスデー”。

いつも忘れる水もちゃんと持って、タオルを抱えてサウナへ。平日午前中なので人も少なめ。行ったらおじさんが一人修行僧状態。隣りに座って5分強。持ち込んだプラスティックのボトルが“ベコッ”と音を立てるので「もしかしてまずかったかしら?」と思って表に起きに出た。そして戻ろうとしたら、おじさんがサウナの中で腹筋中。「戻りにくい…」と思って誰もいないジャグジーに入った。サウナで腹筋って…鍛えたいのはわかるけどマッドネスを感じるわ。
そうこうするうちにそのおじさんが出てきたので無人のサウナへ。7分ぐらい座ったら手の甲、腕、足等に汗が。ヨシヨシ。サウナ7分、冷水シャワー2分を繰り返すこと3回。最後にはサウナに座ってすぐに汗をかけるようになっていた。ウシッ。
心臓がドキドキしてきたのと見慣れた巨体がプールサイドをウロウロしていたので、サウナを切り上げてジャグジーへ。ここで15分ほどボェ~。極楽、極楽。お風呂とは違うけど、シャワーだけの日々よりは全然マシや。
ちなみにDもチャリこぎを楽しんでいるようで、彼の生活の一部になりつつある様子。いいことや。

帰宅して着替えた後はお買い物へ。計4つほど購入予定のものがあったんだけど結果的には一つ買っただけ。他のものは思いのほか高かったたり、気に入らなかったり。急ぎではないしもう少しリサーチしてからということにした。
家でご飯を食べた後、私はDVDタイム。先日買った「グレイズ・アナトミー 恋の処方箋」を観始めた。

めっちゃおもしろい。

大病院で次々に起こるドラマ。病名もさまざまで英語のサブタイトルを付けてついていくのがやっと。それでも一応医療界で働く者としてかなり興味深い内容で勉強になる。また登場人物もそれぞれ味があって、彼らのやり取りが面白い。シリアスな場面もありつつユーモアにもあふれている。いうなれば医療界の「踊る大捜査線」みたいなもんだろうか。まだ始めの3話を観ただけ。シリーズ8まであって、各シリーズ10話強はあるはず。観終わるのはいったいいつになることやら? でも中毒になりそうな予感。寝不足にならんようにだけせんと。

さて。
明日のオフはSydneyへ行く予定。今のところ。暦の上では明日から春なんだけど、どうやらだいぶ冷え込むらしい。暖かくしていかねば。
ヨシ、寝よう。校正はまた後日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康への目覚め

2012年08月30日 20時51分04秒 | Weblog
今日も午前シフト。昨日と同じ6名を担当。同じ人を担当して一週間ほどになるので、投薬のスピード等がだいぶあがり、“その他”のことにも少々目が届くようになった気がした。これが新規だろうが何だろうが継続してできるようにならんと一人前とは言えないよなぁ。

帰宅後はDとともにジムへ。
プールで一人バシャバシャ。私はたいてい平泳ぎ、クロール、背泳ぎの順で1往復(50メートル)を繰り返す。泳ぎ始めて最初の100メートルはほとんど疲れない。だけど300メートル辺りから息が上がってきて「500メートル泳いだら終わりにしよ」と思ってしまう。それが昨日までの話。今日も同じようにしんどくなってきて、水から顔を上げると肩で息をするぐらい。しかし今日はゴールを設けないことにして、ゆっくりゆっくりルーティーンを繰り返した。「もうちょっと、もうちょっと」と自分に言い聞かせて本日やっと1000メートルを泳いだ。
やったね
しんどかったけど、泳げない距離じゃないんだということがわかった。
最初から達成できない目標を立てても意味ないけど、何かを成し遂げるためには自分の力より少しだけ高いレベルにゴールを設定せんとあかんなぁと思った次第。
何はともあれ、しばらくはこの距離を目標として頑張ろう。

さて。
昨日の宣言通り(!?)今夜は外食。某レストランでは木曜日、それはそれはボリューム満点のステーキが12ドル(1000円ぐらい?)で食べられる。お給料も出たので昨日のワインに引き続き少々のぜいたく。せっかく運動したんだから食べるのを控えておけばいいのに、こういうところでDと私の気ってとっても合って「運動したんだもん、いいよね~」となる。2人してお腹いっぱいにして帰宅した。旨かった~。どんだけ運動しても痩せはせんやろうなぁ、私たち。

明日と明後日はまたオフ。買い物に行かないといけないんだけど、それ以外は用事がないのでまたジムに行こうか?と話している。Dは徐々に“ジムジャンキー”になってきているらしい。いいことだ。

そういえば今日、病院で血圧を測ったら104/59だった。めちゃくちゃってこともないけど、低いのは低い。ほぼ休むことなく歩き回る中で、元々水分不足なのに全然補給しないからこういう結果になったんだろうと思う。ちゃんと水分を摂らないとなぁ。
低血圧だと血の巡りが悪いので栄養や酸素が体の隅々までいきわたらず、めまいや疲労他の症状をもたらすことがある。また血行がゆっくりだと血中の老廃物を送り出せず、そのまま血管が詰まったりして心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性も。

うう、水飲もうっと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

振り返ればそこにドラマ

2012年08月29日 18時10分43秒 | Weblog
今日は午前シフト。6名プラス1新規入院。今日は予想外の学習タイム(薬や栄養分、各種機械等の教育が時折行われる)があり、ちょっともたついたけど時間内には終了。朝のお茶もお昼ご飯もちゃんと摂ることができたのでヨシとする。

帰ってからDと近所へお買い物。今日はお給料日(隔週水曜日)だったので、またもやワインに手を出した。いつも買うものより少々上のレベル。週末シフトをこなしたため、通常よりお給料が少々良く、ちょっと気が大きくなってしまった。
オーストラリアのお給料は日本と比べると良い。アルバイトでも最低時給は15ドル(1200円ぐらい)のはず。資格保持の私の職業のお給料も決して悪くない。日本の看護師のお給料相場を知らないのでなんとも言えないけど、私としては新人・週4日の勤務で「“資格”って素敵」と思えるほど頂いている。「これで独身だったら…」と心の中で思ったり思わなかったり。とはいえ、こちらに来てから貧乏生活が身に染み付いているので、端から見たら「…へぇ」ってぐらいのものなんやろうな。
“気が大きくなった”とはいえ、浮かれるのはワイン購入で終了。ジムにも通い始めてそちらにお金もかかるようになったし、引き締めていかねば。あ、でも明日の夕食はどこかに食べに行く予定。

ところで。
2日連続で寝落ちしたので、ジムであった面白い(!?)ことを書かなかった。
ひとつはおととい、ラップ専用レーンで、浮き輪でバチャバチャ遊んでいる若い中国人らしきカップルが、他の利用者のクレームを受けて連れ出されこと。係員が注意を促したけど水音で聞こえなかったようで、その係員が靴だけ脱いでユニフォームのまま端から3レーン目にいるカップルめがけて華麗にジャンプ。浮き輪を取り上げ、プールから出るように注意した。私は実は彼らの隣のレーンで泳いでいて、他にも使いたい人がいるのに決まりに従わない彼らに正直イライラしていた。係員が飛び込んだ瞬間は胸のすく思いがしたなぁ。
しかし不思議だったのは、他の係員も集まってきて結構大事になっているのに件のカップルはずっとヘラヘラ。注意されたことなど意にも介さず、しばらくプールの中でチンタラチンタラ。最終的にはプールからでたけど、恥ずかしくないんやろうかと疑問だった。私なら多くの人の耳目を集めただけで縮こまりそうなもんやけど。英語がわからないのかしら?とかいろいろ考えながら成り行きを見守っていた。結局彼らはそのままプールを出た様子。また帰ってくるんかしら? 私ならその勇気はないなぁ。

もうひとつは昨日のヨガ教室でのこと。
静かな部屋でオリエンタルな音楽が静かに流れる中でみんな軽く瞑想状態。目をつぶるように促され、暗い部屋で体をリラックスさせながら思いっきりストレッチ。そんな独特の静寂を破る一筋(!?)の物音。

ブーッ。

私とDは前後になっていたんだけど、どうやらDの前にいる女性がやってしまったらしい。残念ながら広い部屋ではない上に静かだったのでそこにいた約10名前後の誰一人として聞き逃さなかっただろう。自分の近くで起こったことはわかっていたので、私は臭わないことだけを願って「そんなこともあろう」とそこまで気に留めなかった。しかしDは笑いをこらえるのに必至だったらしい。約90分のクラスが終わって2人になってから大笑いしていた。しかしこれは我が身にも起こることかもしれんので、お互い気をつけようね、と話し合った次第。

病院でもいろんなドラマがあるけど、ジムはジムでいろんな人間模様。元々“人間ウォッチャー”なので被写体(!?)には事欠かない。明日もまたジムへ行く予定。また何か起こるかなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨガデビュー

2012年08月28日 22時03分38秒 | Weblog
今日もオフ。2日連続だとさすがにゆっくりできるなぁ。

今朝は9時に某アポイントメントがあったので、8時半には家を出た。用事自体は30分ほどで終了し、10時にいったん帰宅。それから(また)洗濯をして干し終わった頃にDとジムへ。

実は昨日も行っていた。休みの日をジムで過ごすことが増えたため意味のない買い物等の外出で時間をつぶさなくてもよくなって嬉しい。あと単純に運動していると瞑想に近い状態になってしばらく現実を忘れられるから精神的にも良い影響を与えている気がする。
今日は500メートルを泳いでサウナへ。10分ほど粘ったら手と手首に汗を見ることができた。ヨシヨシ、順調順調。その後はジャグジーでゴボゴボ。相変わらずすごい勢いでぜい肉が揺れていた。いつかなくなると信じてこれからも頑張ろう。

帰宅してお昼にお好み焼きを食べ、後はおのおの好きなことをして過ごした。私は少々勉強など。久しぶりにちゃんと机に向かったなぁ。
夜はなんと本日2回目のジム。Dと2人してヨガのクラスに参加した。2人にとって初ヨガ。
要はストレッチなのねぇ~と思いつつも、使用している筋肉に意識を向けたらちゃんとカロリーを消費しているのを感じた。体が柔らかかったらもっと楽しいやろうなぁ。これから継続して参加していく予定。
思いのほかDもヨガのクラスを楽しんだ様子。暗い部屋でインストラクターの指示で軽く瞑想状態に入るんだけど、彼は思いっきり地球外へ行っていたらしい。終わった後で「気持ちよかった!!」と大喜び。彼も家のことでストレスを溜めているのだけど、ヨガの間は忘れていることができたらしく、リフレッシュできたらしい。よかった、よかった。

体が良い感じにだるくて、現在眠気に襲われている。Dもすでに高いびき。適度な運動で疲れて眠るって体にすごく良い感じがする。仮に勘違いやとしても今は素敵な勘違いに包まれて眠るとしよう。校正はまた今度。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミスった

2012年08月27日 23時07分31秒 | Weblog
今日はオフ。
書きたいことがいろいろあったのにもう寝落ち。

そういえば今日、先日注文した「Grey's Anatomy」のシリーズ1~8巻のDVDセットが届いた。嬉しい~!と思って開けてみると、中国から届いた海賊版だった。ウェブサイトには海賊版って言葉も中国から搬送って文言もどこにもなかったのに…。
でもだから安価なんやなぁ。普通に買ったらシリーズ1だけでも2500円ぐらいするのに、シリーズ8までセットで1万円。セット価格やから安いんかと思っていた。
ちょっと見てみたら画像は普通にキレイでちゃんと見られる。余計な字幕もないし、そういう意味では本物と遜色はないのかも。だけどやっぱり海賊版って何か気分が悪い。やっぱりオンラインでの買い物って好きじゃないなぁ。

とりあえず今回の分は買ってしまったので仕方ない。今度からは気をつけて買い物をしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宣伝

2012年08月26日 23時17分48秒 | Weblog
前職の元同僚がこのたび本を出版します。

毒舌!誕生日占い ―ひとの弱みは蜜の味―」(テン・ブックス)
著者:櫻井バギオ
定価:1680円

応援どうぞよろしくです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

イライザは意地悪女の代名詞

2012年08月26日 20時30分49秒 | Weblog
今日も午前シフト。担当は6名で昨日と同じ患者さん。しかし1人で世話をしたのでそれはそれは大変だった。幸い朝のお茶の時間(20分)はとることができたけど、昼食(30分)は当然のようにスキップ。お茶の時間にお弁当を食べておいて正解だった。しかし週末はドクターオーダー等がないので比較的楽なはずなんだけどこの忙しさ。これが平日だったらどうなっていたんだろう?と考えるとドッと疲れた。今日は本当にしんどかったなぁ。
だけど嬉しいことに患者さんから「今までで一番の看護師さん」という言葉をもらった。私のつたない英語でもこのように満足してもらえるなんてありがたい話。モロに英語環境で働いているせいかListeningも少々上達している様子。ただSpeakingはどんどんひどくなっている気がする。焦ったり疲れていたりすると文法がどっちらけ。まだまだじゃのう。

さて。
勤務を始めて一カ月ぐらい経った頃に担当していた患者さんがいる。私は新人なのでナースステーションから遠い病室=症状が比較的軽い人用を担当することが多い。その患者さんも最初は離れた病室にいたけど、諸事情でナースステーション横の病室に2週間ほど前に移っていった。この患者さんは80代のとても話のしやすいおばあさん。今よりもっと“新人”だった私にはとてもありがたい応対をしてくれた人だった。先方も私をとても気に入って(?)くれていて、「退院したら個人的に世話をしに家に来ない?」と言ってくれたぐらい。担当から外れた後も用事があって病室にいくときは必ず声をかけて調子を尋ねるような状態が続いていた。
私は明日明後日とオフで、このおばあさんは明日退院。なので最後のあいさつに、と今日の帰りがけに顔を出した。思いのほか別れを惜しんでくれて「またどこかで会えるといいね」「病院以外でね」と話して別れた。スタッフと患者さんとの個人的な交流は基本的に許されないので、よほどの偶然がない限り難しい。“また”があるかなぁ。あるといいなぁ。

幸いにして今のところ担当患者さんの死に遭遇したことはない。そして退院する患者さんのたいていは「バイバイ、Yoshi!」と手を振ってくれる。子供のころに読んだ漫画「キャンディ・キャンディ」の中で、キャンディが勤める病院の婦長の言葉に「病院ってのは元気になって出て行くか死んで出て行くかというところなんだ!」というのがある(実際の台詞はちょっと違うと思うけど)。この台詞は妙に頭に残っていて、今その“病院”というところに勤めてこの台詞の重さを感じている。
「死」というのは誰にも避けられない事実で、年輩の患者さんには確実に身近なものだろう。人生も終盤に差し掛かり、不本意ながらも世話にならざるを得ない病院という場所で、少しでもいやな思いをしないでいてくれるといいなと思ってお世話させてもらっている。
気持ちだけで技術と知識がまだ全然追いつかないのが現状。もっと勉強していかんとなぁ。

明日・明後日は待ちに待ったオフ。なんか今週は本当に疲れている。明日はちゃんと起きてジムへ行く予定。明日こそしっかり汗をかくぞー。

余談。
「キャンディ・キャンディ」は子供のころ、キャンディのサクセスストーリーぐらいに思って読んでいたけど、大人になって読み返してみるとまた全然違う感想を持った。テリィと別れる場面では自然と涙が流れたなぁ。日本に帰ったらまた読みたい。
キャンディキャンディOP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末シフト

2012年08月25日 20時54分54秒 | Weblog
今週はずっと午前シフト。
昨夜はブログの後、11時過ぎにはベッドへ行き、わりとすぐ眠りに落ちていた。どんだけ疲れてるねん、ワタシ!? 眠るにも体力がいるらしく、よく眠れるのは若さを示しているのだとかいないのだとか(だから年を重ねると睡眠時間が短くなる?)。とりあえず眠れない夜を過ごさなくてよかった。

さて。
午前シフトの日の目覚ましは5時40分。こう見えて意外と低血圧な私は起きるのに暇がかかる。今朝はシャワーを浴びてから行くことになってので頑張って少し早くベッドから這い出た。朝起きるの苦手。しっかり睡眠をとっていてもアカン。午前シフトだと4時ごろには帰ってくるので夕方~夜に時間があるけど、私はやっぱり朝ゆっくりできる午後シフトの方が好きかも。

週末シフトは今回で2回目。先週も体験した通り、病棟は静かだった。今日は不思議な割り当てられ方をして、2人の新人で10名を担当。もう一人の同僚はフィリピン人で、新人とは言え私より数ヶ月早く働き始めており、また自国で看護師だった上語学に問題がないのですでに普通に仕事をしている。申し訳ない気持ちでいっぱいになりながら頑張ったけどやっぱりずっと後手後手だった。うーむ。

ところで。
今日担当した10名のうち4名が喘息か肺疾患を抱えていた(オーストラリア人で喘息を持っている人はとても多い。もっとも流布している病気のベスト3内に入る)。皆が皆ぜぃぜぃしながらボソボソと話すので聞き取るのがそりゃあ大変だった。オージー看護師でもよくわからんというぐらいだった。痰が絡んだ咳をする様子は本当に辛そうで見ていてこちらも辛いのだけど、中に「ホラホラ」と痰を見せてくれるおじいさんがいてちょっと困った。悪気があるわけじゃなくただの報告なので、私も一応プロとして平然としていたけど心の中では「ひぃぃ」。こういうことに慣れる日が来るのだろうか?と思った一日だった。
ちなみに下の世話も看護師の仕事。こちらも何回現場を目撃しても慣れない。患者さんが「ぶぅぅぅぅ~」と豪快に放屁することにもまだ驚いていしまう。
日本で看護師という職業は3Kと言われたこともあったけど(今もそうなの?)、今日ペアを組んだフィリピンの子によるとフィリピンでも看護師は給料が低く、また下に見なされる職業なんだそうだ。自国で働いていた当時は恥ずかしさもあったものの、その資格のおかげで彼女はオーストラリアへ移住することができたので今はハッピーだと言っていた。
私は。
母親が看護師だったこともあって、この職業に対してそこまで悪いイメージはない。看護師の友達もいて、みな誇りを持って働いていたし。また私が小さい頃は4世代同居で、今だって実家に帰れば3世帯同居。ゆえに“老い”“年輩を敬う”ということが常に身近だったように思う。現在抱える患者さんたちを見て“これが自分の行く末”だと思うと「情けは人のためならず」と逆に気合が入ったりする。だけどこれは、まだ看護師として働き始めたところだから言えるだけなのかも。今後、自分がどう思うのか働きながら自分を観察するとしよう。

今気づいたけど、看護師デビューしてから丸2カ月や。まだまだヒヨコもヒヨコ。殻つき状態。頭で考える前に行動あるのみ。

さて。
明日も午前シフト。夜10時10分前なのにまだお弁当を作っていない。やれやれ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飲めや眠れや

2012年08月24日 23時04分19秒 | Weblog
本日オフ。いつもの朝食(ベーコンエッグトースト&サラダ)をモリモリっと食べて、D用事のため隣町・Gosfordへ。昨日ほどではないとは言え、今日も暖かった日中。用事終わりでオープンカフェへ入りほっこりコーヒー。

帰宅して着替えて、今度はジムへ。なんとなく疲れていたけど、今日行かないと怠け者になりそうな気がしたので行ってきた。Dも一緒で90分後に表で落ち合うことにしてプールへ。
今日の目標は低めに設定して500メートル。無理すると続かないというのが自論なので。ところが泳ぎ始めるとなんとなく次々いける。これまで2ラップごと(100メートル)毎に小休止をしていたけど、今日はほぼ休まずに500メートルを泳いだ。時間にして20分ぐらい?
もう少し泳げそうな勢いだったけど、息がちょっと上がり水の中なのに立ちくらみがしたのでサウナで休憩。
体重の加減によるけど私はあまり汗をかかない。一人暮らし時代に半身浴に凝った頃があってそのときは一時的に汗かきになったけど、基本的に新陳代謝が良くないよう。もともと水分もあんまり摂らないし。プールにも水を持ち込むべきだとわかっているけどつい忘れてくる。今日はサウナに10分ほど座っていたけど、隣りのおじさんが汗だくになっているのを横目にしながら、私は体が乾くだけで汗はほとんどかかなかった。
「あと5分粘ろ」と気合いを入れた頃、見慣れた巨体がプールサイドをウロウロ。Dだ。「早っ!」と思いながらサウナから出てDに声をかけたら「今日は12キロで燃え尽きたー」とのこと。別れてから30分ほどした経ってないし。でも汗ビッショリのD。いいなぁ、気持ち良さそう。
体が温まってきたところだったので、今日の運動は終了というDをベンチに待たせて、サウナへ戻った。しかし人が待っていると落ち着けないもので、手の甲にうっすら汗を見た時点で退室。家路に着いた。
トータルで一時間ほどしかいなかったかも。もっと泳げそうな気分だったのでこんなに早い時間に終わるのは残念。せっかく2人で始めたのでできるだけ一緒に来たいけど、時間を摺り合わせたりせんとあかんところが面倒よなぁ。対策を考えねば。

さて。
運動したらお腹が空くというとてもシンプルな胃袋を持ち合わせている私。今朝「魚が食べたいねぇ」と話していたことを思い出し「“フィッシュ&チップス”を買って帰ろうか?」「何ならワインも付けちゃう??」。何の開放感からきたのかわからん欲求に逆らわないことにしたDと私はそれらを買って帰って無言でモリモリ。Pig out=「ガツガツ食べる」という俗語があるんだけど、そのイメージ通りフンガフンガ言いながら食べた。
今日消費したカロリーの倍以上を摂取した後は眠くなってそのまま禁断のベッドへ。気がついたら4時間ほどぐっすり眠りこけていた。起きたら8時半。明日は午前シフトで10時には寝んとアカンのに。
それにしても運動した後でろくすっぽまともな水分を摂らず、それどころか塩分とワインという脱水を促すものだけ摂って寝たので、起きたらさすがに体が「水分摂らんかいっ!」と怒っているのを感じた。たまたまスポーツドリンクを買っていたので、明日のむくみが気にしつつも先ほどそれを一気飲み。汗をかくにはまず水分をちゃんと摂ることから始めるべきかな。

ただいま11時前。眠くないけど明日のことを考えるとそろそろベッドに向かわないと。眠れるやろうか? あ、お弁当作らないと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギャップに苦しむ

2012年08月23日 20時42分56秒 | Weblog
今日は異様に暖かかったWoy Woy。帰宅してニュースを見ていると、17年ぶりに更新したもっとも暖かい冬の一日だったらしい。ウチの近くは30度まで上がったとか。夕方になって風が吹き荒れ、雨も少々。春の嵐。明日もそこそこ暖かいらしいけど今日ほどにはならないらしい。それにしたってすごい寒暖の差や。

さて。
今日も午前シフト。担当は5名。だけど朝の間に3人が退院。朝早い退院とわかっていたので、昨日の午後シフトのスタッフがすべての書類関係を整えてくれていたので、私がすることは少なかった。あっという間に担当患者が2人になって「よっしゃあ!」と小さくガッツポーズ。他の看護師に「何か手伝うことある?」とか言うぐらいの余裕ができたその瞬間ガラガラガラガラ…。患者を乗せたベッドがやってきた。

新規入院だよ…

とはいえ計3名の担当の上、新規入院の手続きにも少々慣れてきたので、思ったよりは手こずらなかった。それもこれも2名の患者さんが本当に手がかからない人たちだったからだけど。今日もなんとか終了。またまたあっという間の8時間だった。

帰りがけ一緒になった同僚と少しだけ立ち話。そこである人の評判を聞いた。いつもニコニコしていて、私にも「よく頑張ってるね」と声をかけてくれる人がいる。しかしそれは表の顔で、裏では違うことを平気で言うタイプの人だとのこと。私も私のいないところで「作業が遅い」等言われていたらしい。実際彼女が、その人がそう言うのを聞いたんだそうだ。だから彼女はその人を好きじゃないと言っていた。ちょっとショックやったなぁ。悪く言われているのもショックやったけど、いつもニコニコしているあの人にそんな裏の顔があったとは。
現在、家のことでストレスを抱えていることにこれまで少し触れたことがあるけど、実は平たく言ったら近隣の人との間に揉め事が発生している。そんな環境の中で、小さな嫌がらせを積み上げたり、相手を尊重しない行動を目の当たりにする機会が多く、また文化の差なのかこの案件に関する対応に関してDとも意見を違えることが多く、それで疲れていた。日本人にもいろんな人がいるし、良い人種だと思っているわけじゃないけど、正直なところ若干“オージー不信”。そんなときに今日の話を聞いて、何か余計に落ち込んだ。

なんだかなぁ。

ストレスという名のボディブローがジワジワ効いてきている感覚はある。しかし。落ち込んだところで世の中にはいろんな人がいあるし、明日は変わらずやってくる。遅い作業は日々の中で改良していくしかないし、近隣との揉め事は…まぁ、なんとかなるやろう。あまりクヨクヨ考えず、明日のお休みを楽しむことを考えよっと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加