華麗なるオーストラリアンライフ

渡豪10年。職業・看護師。
白熊のようなオージーの旦那1人とワンコ2匹で
ニューサウスウェルス州の田舎町で生息中。

休みは掃除の日

2017年07月17日 22時47分28秒 | Weblog
フェデラー、優勝! やったー。うれしい。
フェデラーはしり上がりに調子を上げていたけど、思った通り、チリッチが良くなかった。万全の状態やったらまた違った展開になってたやろうなぁ。何はともあれウィンブルドン優勝。うれしい。

試合が思いのほか早く終わったため、2時過ぎにはベッドに入ることができた。このときにワンコたちに排泄をさせ、一緒に寝た。最近夜通し寝ることが増えてきた。大きくなってきてるもんねぇ。

事務所にいくDを送っていくために6時半に起きた。帰ってからもう一度寝ようと、ワンコたちをケージに入れて寝ようとしたけど、一時間もしないうちに鳴き始めた。最近ケージに入れる時間が短くなっているので、少しの時間でも耐え切れないようですぐに鳴く。人と暮らす以上、ケージで過ごす時間も必要かもしれないので慣れさせようとしているのだけど、ボチボチにしかできんみたい。
もっと寝ていたかったけど、相変わらず家事が山積みだったのであきらめて起きた。続く寝不足で疲労がたまっており、そんなにサクサクは動けなかったけど、散らかっていた水回りを片付け、掃除、拭き掃除(今日は自分でやった)、洗濯はなんと3回転。これらを休みながらお昼過ぎまでやっていた。

すべてを終えた頃、私の掃除の邪魔を尽くしたワンコたちはお昼寝タイム。私も寝たいけど、ワンコたちがいつでも排泄に行けるよう開け放している窓をそのままにしておくわけにはいかない。結局ワンコたちを起こして排尿を促し、そのあとベッドで一緒に寝た。2時間ぐらい寝ていたかな。スッキリしたわ。

起きてから洗濯物を取り込んだり、夕食の準備をしたり。今夜はD大好きから揚げ。自分でいうのもなんやけど、今までで一番上手に揚げることができた気がする。
そして仕事から帰ってくるDを迎えに行った。このときワンコたちはまたケージの中へ。
帰宅してすぐにケージから出したら、普段はとってもいい子のチャーリーが室内で粗相。叱り飛ばして表に出したら、そのあとしばらくすねていた。

チャーリー(茶色の犬)の方に色濃くボーダーコリーの血統が表れており、比較的賢く、なんでも覚えるのが早い。だからトイレトレーニングもチャーリーはとても順調。なんだけど、先日ケージの中に半日残しておいた時もそうだけど、放置されると精神的に不安定になるようで、こうして粗相をする。“かまって”作戦なのか、不安がそうさせているのか。早く見分けないと。
大きくなるにつれて2匹の性格もわかりやすくなってきた。犬って面白いわ。

さて。
明日も休み。Dは在宅勤務なので、朝にコーヒーを飲みにいこうと話している。ビーチに散歩も行きたい。
夜はD友人とその彼女と外食の予定。お昼間はゆっくりしよ。家が散らかりませんように。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花金ならぬ花日(はなにち) | トップ | よく歩いた一日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む