華麗なるオーストラリアンライフ

渡豪10年。職業・看護師。
白熊のようなオージーの旦那1人とワンコ2匹で
ニューサウスウェルス州の田舎町で生息中。

家でまたーり

2016年10月29日 21時47分17秒 | Weblog
今日もお休み。

昨夜は早めに布団に入ったけど、ちょうど夜勤が始まったあたりの時刻。どんどん目が冴えてきてなかなか眠りに落ちれず。そして夜中にも何度か起きた。今朝は予定もなくゆっくり眠れたはずなのに、10時を回って起きたところでめちゃくちゃダルイ。頭は起きてるのに体がもっと寝たいといっている感じ。これ、本当にしんどい。ほかのスタッフは私ほど文句を言わずに夜勤をやっているけど、この体内時計の補正をどうやってんのやろ?

私は寝ていて、Dはほら穴でコンピュータと戯れていたら、運転練習の先生がたたくドアの音を聞き逃し、予約をふいにしてしまった。後で気づいたDが電話をかけたところ、運よくお昼からアポが入って、午前中に時間ができた。
なのでブランチを食べに、先日も行った園芸店内にあるカフェへ。朝の間はいいお天気で、たくさんの植物に囲まれたオープンカフェでゆっくりと軽食。少し二日酔いだったのであまり食べなかった。Dはがっつり食べてたけどねぇ。

このカフェは本当に気持ちがいい。前回来た時も夜勤明けだったような。緑の力に癒されるわぁ。ハエが多いのが玉にきず。
オーストラリアに来た当初は、オーストラリア人ってなんで外でご飯食べるの好きなんやろう?と思ったものだった。うるさいし、虫は飛んでくるし、にぎやかなところだとホコリは立つし、日に焼けるし、エアコンはきいてないし、何のいいこともないやん!と思っていた。そもそも何かを食べている姿をまったくの他人に見せること自体が若干恥ずかしいことではあるしね。
だけど、オーストラリアに来て9年半。最近は自然や人の動きを感じながら食事をするのも悪くないと思い始めている。細かいことは気にしないオーストラリア人。ぶっちゃけ多少不衛生なこともあるから、衛生・消毒大好き王国・日本で、オープンカフェはそれがよほどおしゃれのステータスとかにならない限り流行らない気がするけどどうなのかな?

帰宅。
私はそれからしばらく庭掃除など。庭師さんにきれいにしてもらい、かつ紫陽花を植えてからマメに庭に出るようになった。春ということもあり、暖かいし、緑は青々していて気持ちいいからね。Dにはあまり買っちゃダメって言われているけど、近々鉢植えと棚を買い込んでやろうと思っている。

運転練習から戻ったD。食材の買い物にでも行くかな~と考えていて、ふと思い立ってわが勤務地のある隣町まで出かけることにした。というのも、韓国人の同僚が「最近、病院の近所にアジアンスーパーができたよ」と言っていたので。わが田舎町は田舎ゆえにアジア人の比率が都市に比べて低い。我が家から車で30分強走らせたところに1件ある程度。新しいお店は、まぁそれでも25分ぐらいはかかるかな。
何はともあれ、そんな街にお店ができるなんて、とうとうわが田舎町にもアジアの波が来てるのねーという感じ。

お店は韓国人経営。規模は大きくないけど悪くない。これからちょいちょい買い物に行くかも。ちなみに40分ぐらい走らせたところにあるお店は中国人経営。日本のものも置いてあるけど、棚のほとんどを占める中国食材は正直あまり使い方がわからない。そこをいくと、韓国系のお店の方が日本の食材とよく似たものを見つける率が高い。私だけかもしれないけど。

ちなみに今日すべての運転はDによるもの。練習を重ねて上手になってきている。いまだにまだ緊張する瞬間はあるけど、外を眺める余裕も出てきた。レッスンをしてくれている人からはそろそろ本免許のテストを受けてもいいのでは、と言われている。だから近いうちにテストを予約する予定。クリスマス前、DママとD姪が来るまでに取れるといいんだけどなー。

帰宅。
私は小腹が空いていたので、夕食に買ったばかりの韓国冷麺を食べた(インスタント)。うめー。韓国人夫婦と一緒に住んでいた時よく食べていたのに、すっかりその存在を忘れていたわ。久々でおいしかった。
でもそれだけでは足りなかったので、ご飯一膳を砂肝の甘辛煮と一緒に食べた。私はこの砂肝の甘辛煮が大好き。小学生の文集か何かで、好物の欄に砂肝と書いたことがあるような気がする。これがあったらご飯が何杯でもいけるわ。一膳で辛抱したけど。

あとはテレビや動画を見ながらぼんやり。よくもまぁこんなに座っていられるものよ、というぐらい。
それにしても。
夜になって目が冴えてくるこの悲しさ。夜勤のバカヤロー。

早く寝た方がいいんやろうな。昼寝もしてないし、今夜はすぐに眠れるといいけど。今夜は“眠気を誘うクラシック”でも流してみようかしら?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記念日を祝う | トップ | 家でまたーり・再び »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む