きみどりの窓

通りすがりに窓から覗いてみてください。

宮内新横浜線を行く(1)供用中区間編

2016-10-17 | 車庫
今回は道路の話し。
自宅の近くを通る「宮内新横浜線」です。

その名の通り宮内と新横浜を結ぶ都市計画道路です。

新横浜はともかく「宮内ってどこだ?」と思って調べてみたら、ここ(川崎市中原区宮内 - MapFan)でした。

この道路はまだ全通しておらず、現在、横浜市と川崎市でそれぞれ整備を進めているところです。
自宅のそばでも工事をしているので興味を覚え、道路名とは逆ですが、新横浜から辿ってみることにしました。
足はママチャリです(笑)。

写真1. 新横浜駅入口交差点

宮内新横浜線の終点。
環状2号線との交差点です。

以下、写真はすべて宮内向きです。

写真2. 地下鉄工事中

環状2号線の地下では相鉄・東急直通線の工事を行っています。
宮内新横浜線の地下には市営地下鉄ブルーラインも通っています。
というわけでここに直通線の新駅もできます。

写真3. 横浜労災病院北側交差点

約500mほど進むと横浜労災病院北側交差点です。
ここを左折すると第三京浜の港北インターに行けます。
実際の交通量は港北インター方面(写真左)と新横浜駅方面(写真手前)相互が多いようです。

写真4. 新横浜大橋

鶴見川を渡る橋です。2002年に開通しました。
市営地下鉄も道路の下を通っていますが、地下鉄は鶴見川の下をくぐっています。

写真5. 改築中

新横浜大橋は現在、横浜環状北線に関連して改築工事中です。
開通時は単純な4車線の橋でしたがインターチェンジ(のようなもの)が新設されます。
開通は来春、自宅が近いことから私も頻繁に使うことになりそうです。

写真6. 換気塔

横浜環状北線の換気塔がそびえ立っています。

写真7. 北新横浜駅交差点

新横浜大橋を渡ったところに市営地下鉄の北新横浜駅があります。
個人的には鶴見川を渡った「こちら側」で新横浜を名乗ることに違和感がありましたが、このあたりの地名もいつの間には「北新横浜1丁目・2丁目」になってました(以前は新羽町)。

写真8. 市営地下鉄の引込線

北新横浜を過ぎると地下鉄は地下から顔を出してくると同時に新羽車庫からの引込線と合流します。
先の横浜環状北線(首都高)もそうですが、このあたりは地下から地上へと遷移する場所のようですね。
地価との関連もありそうですね。

写真9. 新羽駅東側交差点

車庫からの引込線と合流した地下鉄は宮内新横浜線から左(西)に分かれて新羽駅となります。
その東側の交差点です。

写真10. 新吉田南交差点(奥の交差点)

新横浜から来た宮内新横浜線はここで途切れます。
新横浜駅前から約3.5km。
延伸予定の正面には看板が並んでいます。

(続く)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 辻堂海浜公園再訪 | トップ | 【N】185系「はまかいじ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。