きみどりの窓

通りすがりに窓から覗いてみてください。

辻堂海浜公園再訪

2016-10-16 | 縁側
つい先日行ったばかりでしたが、再び辻堂海浜公園に足を運んでしまいました。
今回も所用のついでで、カミさんも一緒です。

写真1. 2600形全景

前回このショットを撮れなかった(撮らなかった)ので(笑)。

園内の散策はほどほどにして「交通展示館」に入館。
念のために係員に写真撮影の可否を尋ねると「どうぞ」ということでした。

写真2. Nゲージレイアウト

ボタンを押すとEF66が牽くブルートレインがコースを1周します。
このEF66、なぜかパンタグラフが外れていました。

写真3. 16番レイアウト

前回紹介したレイアウトです。
EF65が牽くブルートレインが走っていました。

16番レイアウトもボタンを押すと走るというものですが、運転台(?)は3つ、で各運転台に2列車ずつが割り当てられていて、そのうちの1つの列車(番線)を選ぶというシステムです。
なお、運転するには(ボタンを押すだけですが)専用コインが必要ですが、コインはお子様しかもらえませんのでご注意を。

写真4. ラインナップ

そのラインナップがこちら。
微妙な新しさ(?)を感じます。

写真5. 台車(実物)

屋外の2600形だけでなく、館内には小田急から譲渡されたという台車もあります。
形式はFS30。クハ2450に使用されていたものです。

写真6. 運転シミュレータ

こちらが話題の(?)運転シミュレータ。
先日は「藤沢駅から国府津駅まで」とご報告いたしましたが、今回のこの写真は大磯駅でしょうか。
今回はこの運転手クンがブレーキを掛けたまま粘っておられましたので、甲種回送やら113系を見る(撮る)ことはできませんでした。
こりゃまた訪問かな?(笑)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ダイヤモンド富士と横浜線」 | トップ | 宮内新横浜線を行く(1)供... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。