蒲田耕二の発言

コメントは実名で願います。

ヒョウタンから駒

2016-11-12 | 国際
トランプって、自分でも大統領なんかになるつもりじゃなかったのが見え見えだね。オバーマと会見したときの神妙なツラ、あれ間違いなくこれからドナイショウって、狼狽の顔つきだよ。

金持ちのドラ息子が、カネはもう掃いて捨てるほど儲けたし、テレビで名前も売ったから今度は名誉がほしくなった。で、道楽で出馬して、どうせシロウトが当選するワケないと、いっさいの気兼ねなく放言しまくったらヘンに受けて当選しちまった。

才能の枯渇したセルジュ・ガンズブールが、テレビ出演中に500フラン札を燃やして見せたりホイットニー・ヒューストンに "I want to fuck you" と言ったりオナラをレコーディングしたり、破れかぶれでメチャクチャやって人気を博したのと同じパターンだね。

大統領の重責を担うことになって、今いちばん泡食ってるのはトランプ自身に違いあるまい。

え、貧富の格差拡大? え、中国の攻勢? え、地球温暖化? え、北朝鮮の核ミサイル? 対策って、そんなの知らないよ。どうすりゃいいんだよ。

いざ政権を握ってみれば、選挙中、自分が吹いたホラがどれもこれも実現不可能な大風呂敷だったことを嫌でも思い知らされる。

で就任後、約束したこととやってることが違うじゃないか、てんで頼りの白人保守層からも支持を失い、海千山千の古ダヌキ議員に牛耳られてお神輿のご神体状態に陥り、4年後には政界から放り出される。これがもっともあり得るシナリオだろう。

FBIは多分、民主党政権の継続を断つためにヒラリーのメール問題を投票日直前に蒸し返した。政権が共和党に移ったら、用済みのトランプはお払い箱になる。

世界は4年の辛抱だが、その間に中国がどれだけ勢力を拡大することか。勢いに乗じて尖閣奪取に実力行使、なんて事態が発生しないことをひたすら祈るよ。

商売人のトランプが、というよりアメリカ自体が、巨大マーケットの中国を敵に回して日本の肩を持つワケないから。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲス大統領 | トップ | 『ハミルトン』 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。