教会学校奮戦記

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の全国各地の教会学校を紹介します。

豊川キリスト教会 12月9日の教会学校

2017年12月12日 | 豊川キリスト教会
聖書のみことばは、ルカの福音書 2章11節です。
「羊飼いの礼拝」のおはなしです。

きょうダビデの町で、あなたがたのために、
救い主がお生まれになりました。
この方こそ主キリストです。
(ルカ 2:11)

羊飼いたちは、夜も羊を見守っていなければなりません。
羊飼いたちが野宿していると、突然、天使があらわれました。
天使は、「ダビデの町で救い主がお生まれになった」と言いました。
羊飼いたちはすぐに行ってイエス様をさがし当て、
天使が言っていたことをヨセフとマリアたちに知らせました。
羊飼いたちは、神様を賛美しながら帰っていきました。

イエス様の誕生が最初に伝えられたのは、羊飼いでした。
羊飼いは一日中羊を見守っており、町から離れたところにいます。
社会的な影響力もなく、人々から下に見られているような羊飼いたちが
最初にイエス様を礼拝したのです。

イエス様は馬小屋で生まれ、最初に礼拝に来たのは羊飼いでした。
私たちは、神様の前にへりくだることを覚えておきましょう!

子どもたちは、真面目に聞いていました。クリスマスのおはなし
なので、「知ってる!」という子もいました!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊川キリスト教会 12月2日の教会学校

2017年12月04日 | 豊川キリスト教会
聖書のみことばは、ルカの福音書 1章38節です。
「イエス様の誕生の予告」のおはなしです。

ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、
あなたのおことばどおりこの身になりますように。
(ルカ 1:38)

ヨセフとマリアは婚約していました。イスラエルの法律
では、結婚して夫婦となってから肉体的関係を持って良い
ことになります。
しかし、マリアは婚約の期間中に聖霊によって身ごもりました。
ヨセフは悩みましたが、夢に天使があらわれ、マリアが
本当に聖霊によって身ごもったことを知り、信じました。

イエス様は誕生される前から、様々な困難がありました。
私たちはこれが本当の出来事だと信じています。
子どもたちも真面目に聞いていました。
教会学校は男の子が多いのですが、自分がヨセフの立場だったら…
「マリアの浮気を疑う!」「信じる!」など様々な意見がありました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊川キリスト教会 11月25日の教会学校

2017年11月27日 | 豊川キリスト教会
聖書のみことばは、詩篇 118篇 8-9節です。

「ヤコブとエサウの仲直り」のおはなしです。

主に身を避けることは、人に信頼するよりもよい。
主に身を避けることは、君主たちに信頼するよりもよい。
(詩篇 118:8-9)

ヤコブは兄エサウのいるふるさとのカナンに帰ることになりました。
エサウを欺き、逃げ出してから20年以上経っていましたが、
ヤコブは不安でした。
そして、神様に助けを求め祈りました。
カナンに近づいて来ると、エサウはヤコブを迎えに走って来て、
首に抱きつき、ふたりは仲直りしました。

困った時、まずは神様に祈る事が一番たいせつです!
子どもたちは、真面目に聞いていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊川キリスト教会 11月18日の教会学校

2017年11月20日 | 豊川キリスト教会
聖書のみことばは、ルカの福音書 15章 4-7節です。

「失われた羊のたとえ」のおはなしです。

あなたがたのうちに羊を百匹持っている人がいて、そのうちの
一匹をなくしたら、その人は九十九匹を野原に残して、
いなくなった一匹を見つけるまで捜し歩かないでしょうか。
見つけたら、大喜びでその羊をかついで、帰って来て、
友だちや近所の人たちを呼び集め、
『いなくなった羊を見つけましたから、いっしょに喜んで
ください』と言うでしょう。
あなたがたに言いますが、それと同じように、ひとりの罪人が
悔い改めるなら、悔い改める必要のない九十九人の正しい人に
まさる喜びが天にあるのです。
(ルカ 15:4-7)

羊は人間、羊飼いはイエス様です。
たった一人でも自分勝手な道から立ち返り、イエス様を信じて
従いはじめるならば、神様には大きな喜びがあるのです。

子どもたちは喜んで聞いていました。感謝!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊川キリスト教会 11月11日の教会学校

2017年11月13日 | 豊川キリスト教会
聖書のみことばは、創世記28章15節です。
「逃げるヤコブ」のおはなしです。

父親をだまし、兄エサウの財産を横取りしたヤコブは、
兄に殺されそうになり、母のすすめで親戚のいる
ハランというところに逃げることになりました。

ハランに行く道の途中で野宿していたヤコブは不思議な夢をみました。
天まで届くはしごを天使たちが上り下りしている夢です。
そして神様が、ヤコブのすぐそばにいました。
神様は、

見よ。わたしはあなたとともにあり、あなたがどこへ行っても、
あなたを守り、あなたをこの地に連れ戻そう。わたしは、
あなたに約束したことを成し遂げるまで、決してあなたを
捨てない。(創世記 28:15)

と言われました。
ヤコブは神様に感謝しました。

ヤコブは父親をだますという悪いことをしてしまいました。
しかし、神様はヤコブをあわれんで守って下さいました。

子どもたちは、「エサウも悪いよね⁉︎」など感想を言いつつ、
熱心に聞いていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加