教会学校奮戦記

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の全国各地の教会学校を紹介します。

シャロンキリスト教会~キッズクリスマス・年間表彰式~

2018年01月10日 | シャロンキリスト教会
 2018年、新しい年!

今年もよろしくお願いいたします。

今年はどんな年になるのか、ワクワクドキドキです!すべては主が導いて下さいますから安心です。

慌ただしくて書けなかった、去年のキッズクリスマスのご報告を。









教会のHPにも少し書きましたが、たくさんの子どもたちが来てくれました!

中には、クリスマスを教会で過ごすのは初めてという子どももいました。

11時から、プログラムは盛り沢山です!(もちろんスタッフは私一人だけです)






●スピードゲーム(なにが通りすぎたかを当てるゲーム)

 これかなり盛り上がりました!がんばって作って良かったぁ!!

●クリスマスソングを歌い

 もろびとこぞりて、きよしこのよる 

●聖書のお話し・・・東方の博士がイエス様に会いにくる

●クリスマスプレゼント

 中身はお菓子。みんなが好きそうなものを選びました!
 
 0、1歳の子どももいましたので、その子たち用のプレゼントも用意しました。

●ビンゴゲーム

 なかなかみんなビンゴにならなくて(笑)

今年もみんなで、楽しいクリスマスを過ごしました!




 午後からは、大人のみなさんとランチパーティー!

みんなで食べるごはんはおいしい!!!

子どもたちもお友達同士、楽しそうに食べていました。

この時間の中で、子どもたちによる「てんごくへGO!GO!」の賛美の発表がありました。

クリスマスの数週間前に、子どもたちからこの賛美で発表したいとの声がありましたので、急遽することに。

もちろん出たい子どもたちだけで出て、楽しく賛美しました。

この賛美、「♪てんごくへ~GO!~GO!~♪」のゴーゴーのところ、思いっきりジャンプします。






子どもたちはここが一番好きみたいで。


また、賛美の後は、年間表彰式がありました。

一年間がんばって日曜学校に来た子どもたちにメダルと賞状を渡します。

皆勤賞は2人。金メダルです。がんばりましたー!すごい!





休む時があっても、日曜日の午後や平日に教会にお話しを聞きに来ていました。

努力賞は6人。銅メダルです。10回以上日曜学校に来た子どもに。





みんながんばって来てくれました。嬉しいです。

がんばって来たのに、惜しくももらえなかった子どももいました。

来年はもらえるといいですね!


何よりもイエス様のお話しを聞きに、日曜学校に来る子どもたちは、神様に喜ばれています。

新しい年、子どもたちと一緒に日曜学校を盛り上げていきます!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊川キリスト教会 1月6日の教会学校

2018年01月08日 | 豊川キリスト教会
聖書のみことばは、マタイの福音書 2章 11節です。
「博士たちの来訪」のおはなしです。

そしてその家に入って、母マリヤとともにおられる
幼子を見、ひれ伏して拝んだ。
そして、宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を
贈り物としてささげた。
(マタイの福音書 2:11)

星を調べている博士たちは、星によって
ユダヤ人の王様が生まれたことを知りました。
博士たちはユダヤの王様であるヘロデ王のところに行き、
ユダヤのベツレヘムにキリストがお生まれになることを聞きました。
博士たちはベツレヘムへ行き、幼いイエス様に贈り物をしました。

ヘロデ王はイエス様を殺そうとしましたが、イエス様たちは
エジプトへ逃げました。博士たちからの贈り物は高価なもの
だったので、外国での生活の助けになったと言われています。

イエス様の誕生はユダヤ人だけでなく、外国人である博士たちにも
明らかにされていました。

子どもたちは真剣に聞いていました。感謝!






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊川キリスト教会 12月30日の教会学校

2017年12月31日 | 豊川キリスト教会
今年も残すところあとわずかでございます。
来年も良い年でありますようにお祈りいたします。🙏

2017年最後の教会学校の礼拝でした。
今日は、紙芝居です。
「カナの婚礼」
結婚式に出席されたイエス様が、ナント水をぶどう酒に変えてしまう‼️
すごすぎです。

礼拝の後は、お絵描きホットケーキを美味しくいただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊川キリスト教会 12月23日の教会学校

2017年12月26日 | 豊川キリスト教会
聖書のみことばは、ヨハネの手紙第一 4章 10節です。
「クリスマス」のおはなしです。

私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、
私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を
遣わされました。ここに愛があるのです。
(1ヨハネ 4:10)

マリヤはヨセフと結婚する前に聖霊によって身ごもり
ました。ヨセフとマリヤは天使によってその事実を聞き、
信じました。
その頃、皇帝から住民登録をせよという勅令が出たため、
人々はそれぞれ自分の町に向かって行きました。
ヨセフもマリヤを連れて、自分の町に行く途中、
マリヤは出産しました。
神様の子どもであるイエス様は、馬小屋で生まれました。
最初に礼拝に来たのは、羊飼いたちでした。

すべての人間は生まれながらに罪人です。
最初の人間アダムの時に神様に逆らい、人類に罪が入りました。
天の父なる神様はただひとりの息子であるイエス様を世に
遣わされました。私たちを愛しているためです!

今回の教会学校では、聖書の教育用DVD「スーパーブック」を
観ました。子どもたちは集中して観ていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊川キリスト教会 12月16日の教会学校

2017年12月19日 | 豊川キリスト教会
聖書のみことばは、エペソ人への手紙 2章10節です。

私たちは神の作品であって、良い行いをするために
キリスト・イエスにあって造られたのです。
神は、私たちが良い行いに歩むように、その良い
行いをもあらかじめ備えてくださったのです。
(エペソ 2:10)

私たちをつくったのは神様です。
まわりの人たちからバカにされたり、悪口を言われることが
あると思います。また、ほめられたり、嬉しいことを
言われる時もあるかもしれません。
しかし、一番たいせつなことは、神様の言葉を信じ、
神様に喜ばれるように生きることです。
まわりの人たちの言葉にふりまわされないようにしましょう。

子どもたちは、真剣に聞いていました。
「子どもクリスマス」の日だったので、礼拝の後は
ホットケーキパーティでした!みんなでおいしくいただきました。
感謝!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加