小彼岸桜のズクなし写真ブログ

デジタタルカメラで小旅行や近場の被写体を自分流で写し止めたものを不定期に更新していきます。

鋸山日本寺 其の1 (2017年03月19日 日 晴 EOS5DⅢ)

2017年04月19日 | EF24-105mmF4 IS L

                         いや~、19日、3連休の中日で何処に行っても人人、車車ばかり。

 

                         1時間で行ける所が3時間以上掛かった。

 

               鋸山って鋸の歯みたいな山が有るだけと思って行ったら大違い。

 

 

                          山全体が「日本寺」の境内なのだ。

                         

 

 

                          欲張らずにポイントを決めて1ッか所だけにした。

                         

 

 

                          「地獄のぞき」へ行く途中に「百尺観音様」が有ると云うので行ってみる。

                         

 

 

                         山全体が巨大な石で出来ていると思わせる所を通ります。

                        

 

 

                         巨大岩と岩の間を歩きます。

                        

 

 

                                  これが「百尺観音様」。

                                 

 

 

                                 昭和41年に6ヵ年を費やして完成した大観音石造。

                                

 

 

                                人と比べると大きさが分かります。

                               

 

 

                                観音様の先の所から「地獄のぞき」の岩が見えます。

                               

 

 

                          「地獄のぞき」の場所にはそんなに混雑している様には見えない。

                          並ぶこと1時間以上。皆忍耐強い。

                         

 

 

                          「地獄のぞき」のせり出した岩はライオンの顔に見える。

                         

 

 

                          「のぞき」の所の手前の上り口。足元は滑ります。

                         

 

 

                          ここからの眺めは絶景そのもの。

                         

 

 

                          「山頂の展望台」。

                         

 

 

                         東京湾が夕陽に輝いてます。

                        

 

 

                         絶景ですね。

                        

 

 

                         「地獄のぞき」の手すり越しに真下を撮る。

                        

 

 

                         黄金に輝きだしました。

                        

 

                             其の1を終わります。

 

 

 

                              

『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 光善寺(2017年01月02日 木... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL