koheiのおもちゃ修理記録

宇部おもちゃ病院 毎月第2土曜日 13:00~16:00
宇部新天町の西の端、市民活動センターで開院してます。

9/11 下関サイエンスフェスタ出張開院

2016-09-19 | リスト
この日は、恒例の参加になります、下関サイエンスフェスタでの出張開院でした。
(ちなみに、9/10の宇部定期開院は、子どもの中学の運動会と重なり、不参加でした…。PTAの副会長なので、途中で抜け難かったもので。)

例年、大量来院で激しく忙しいのですが、今年はそうでもなかったものの、担当した中で修理不能が2件もあり、へこみます…。

1件目、アンパンマンの50音ボードです。

「全く動かない(音が鳴らない)。土曜日に持ってこようと思ってSWつけてみたら動いたので、土曜日はやめたのだけど、後でつけたらやっぱり動かなかったので、日曜日に持ってきた」との事。

とりあえず開けてみる。スピーカ・配線問題なし。基板まで電圧来ている。基板のCOB(基板直付けのIC)以外の外付け部品はごくわずか、とりあえず、いつもの様に再ハンダ付けしてみるが変わらず…。

しばらくあちこちつついてみたのですが、うんともすんとも言わず、諦めました…。
実は、以前美祢市で勤務していた時、同じ事務所で働いてて結婚を機に退職された女の子で、どうかなぁ、10年以上ぶりにばったり会ったので、絶対直したかったのですが…。

2件目、チョロQです。

直接話を聞いてないのでよく分からない…。ステアリングの所が外れたので、とりあえずはめてくれ、みたいな話の様。
なんだろう、赤外線リモコンで操作するヤツかなぁ…(←ちがったんだけど)
見てみたら、ステアリングを動かすための磁石の所にネジが引っかかってる。どうやら、自分で分解してみた様子。
ボディの後ろが外れず、しっかり分解できない…。しかたなく、無理やり隙間を広げて「ここ」と思う位置にステアリングをはめ込んで、修理完としました。

だいぶ経って依頼者さんが取りに来たらば、チャージャーでチャージして、フロントバンパーの所に手をかざして「動かない…」と…。(走行モーターは動くけど、ステアリングが動かないらしい。)
チョロQの「Q-eyes」という製品で、多分赤外LED?の反射を見て、障害物を感知したらステアリングが切れて、障害物をよけるというおもちゃだった様。
それならそれで、ちゃんと説明して説明書とチャージャーも預けてくれれば、それなりの動作確認と修理をするのに…。
とりあえずこれでいいです、と受け取られたので、深追いはしませんでした。(10秒程度チャージして動作確認してたので、ちゃんとフルチャージしたらちゃんと動作するのかもしれないし…)

3件目、うたの絵本です。

とりあえず分解して中身確認。

スピーカー・配線問題なし。基板まで電圧来てる。メインのスライドSWは…、ON側は問題なさそうだし、短絡しても起動しない。OFF側は…、なんか怪しい。一旦外してみるが、改善はしない。
基板反対側には、リードタイプの部品が1個。

2本脚だけど、セラクロックかしら…。セラクロックは3本足しか見た事ないんだけど…。(後日調べると、秋月には3本脚しかなかったけど、aitendoは2本脚も売ってました。)

いつもの様に、全点再ハンダ付けしても改善せず。一応、マトリックスの接続部は清掃してみたけど、当然改善せず…。
これも諦めてしまいました…。

4件目、トイ・ストーリーの「バズ・ライトイヤー」です。(写真は修理後)

右足首が折れて、立てなくなったとの事。

ご自分でやろうとしたそうですが、手に負えず、との事。
下腿部(ひざ下)つついてみましたが、しっかり接着してあって、やはり分解できず。あらかじめ承諾得ておいたので、薄刃のノコでつなぎ目に歯を入れました。
それでも上の方が分解できない…。下半分は開いたので、無理やり広げてなんとか足首関節部を取り外し。
足首部分は、元はネジ止めで、貫通ネジで留めたりした方が丈夫とは思いますが、とりあえずグレーの部分を瞬間接着剤で止めて応急処置としました。

5件目、メロディーキーボードです。

受付のナースさんに「鍵盤が1個折れてる」と聞きましたが、鍵盤の大半が鳴りません。
鍵盤は、プラスチックの劣化で、1ヶ所付け根が切れてましたが、ほかにも切れる寸前の個所がありました。当て板する厚みも、ピン打つ厚みもないので、とりあえず瞬間接着剤でつけておきました。

鍵盤はいつもの導電ゴムSW。とりあえずアルコールで拭いてみるも、ほとんど復活せず…。数が多いけど、がんばっていつものアルミ箔貼り付けを実施。
だいぶ時間掛かったけど、「持って帰らない!(荷物が増えるし、返却の手間も増えるので)」とがんばったけど、アルミ箔全貼り付けでもあまり改善せず、あえなく入院となりました…。

家に持って帰って再チャレンジ。急いでやったから、アルミ箔の貼り付けがいまいちだったのかと思いましたが、基板側パターンを金物で短絡しても、鳴らなかったり反応が悪かったりするキーが多数…。悩んだ末、基板上の導電塗料でのジャンパー部を疑いました。(写真は、左3箇所修正済み)

抵抗測ってみると、1ヶ所当たり500~800Ωもある。これじゃあ、いくらSW側の接触抵抗を下げてもなぁ…、という事で、塗料部分とレジストをカッターの背で削って、メッキ線をハンダ付け。
計20か所全部をメッキ線で引き直して、これでだいぶ改善しました。
それでもいまいちだったので、最後に基板パターン側をゴシゴシして、これで全部のキーが鳴る様になりました。

さて最後、6件目、歩いて鳴く犬のぬいぐるみです。

いつもの「IWAYAYA製」ではありません。ちょっと小ぶりです。右前脚の骨折との事。

ぬぐるみをはがしてみると、足の先の方の骨折で、くぼみの所にエポキシ盛れば強度が確保できそうだったので、瞬間接着剤で固定後、エポキシたっぷり塗って固定しました。

今回イベント、ドクター4名で受付24件。まあ、6件診たからちょうどかな?
でも、修理不能や完治かどうか不明だったりで、消化不良です…。
言い訳でもないけど、会場がうるさすぎて、ゆっくりじっくり考えにくいのよね…。
でも、もうちょっと装備も充実させて、クロックが発信してるかどうかぐらいは調べるようになっとかないと…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8/13 宇部定期開院 | トップ | 9/24 まちなかエコ臨時開院 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。