KB会長のささやき

日々のささやき?とバスフィッシングのことと外房アジングとエギングと沖釣り

昨日の続き...

2007-01-31 22:19:48 | バス釣り
ガルプフライをDSで使ったときの致命的な欠点ですが...

異常にラインがヨレル

のです。

どんなに気を付けてフックをセットしてもワームがクルクル回転しながら落ちていきます。
ディープから回収するときも回転しているようです。
この状態で釣りをしていると30分もしないうちにまともにキャストができないほどヨレてしまいます。
せっかく新しくラインを巻きなおしたのにこれじゃ台無しです。

ラインがヨレて使いづらくなってきたら画像のナスオモリに結びかえてフルキャストしてラインを手で掴み、適度なテンションをかけながら巻いてやるとかなりヨレがとれます。2~3回繰り返すと効果的です。
コメント (2)

なぜバレル?

2007-01-30 22:25:54 | バス釣り
シーカートーナメント同様に日曜日のSINZANトーナメントも「途中でバレタ」、「魚が乗らなかった」ということを聞きました。
私も一回フッキングミスしています。
食いが浅いのが原因だと思うのですが、唯一私が釣ったバスは上顎の外側に近い皮一枚にフックが刺さっていました。
「途中でバレタ」というのはもしかしたら口切れしているのかもしれません。
どうすればしっかりフッキングできるのでしょうか?
感度の良いロッドを使うのか、それとも感度を多少犠牲にしても食わせのソリッドロッドにするか、ワームの色や大きさを変えるとかちょっと考えただけでも色々出てくるので色々試してみたいのですが...

自分で実績のあるワームしか使わず新しいことには中々長続きしません。
このワームに変えて一投目で釣れた!ってなればそのワームは大好きになるんですけどね
ちなみに日曜日は2gシンカーにssフック1番、ワームはガルプフライのDSでした。
しかしこのセッティングには致命的な欠点があります。
そのことはまた今度...
コメント

SINZAN1戦終了

2007-01-28 19:22:24 | バス釣り
2007年SINZANKAI第1戦に参加してきました。
何とか1本を釣り上げて530gで21位でした。
野村ボート周辺、神社下、段々畑跡、押切沢と移動して松下沖の中ノ島に到着!
川面台方面を見てみると船団ができてます。あの中に入って釣りをする気にはなれないので中ノ島周辺を探っていると直ぐにバイトがありましたがスッポヌケorz
気を取り直して再度同じ場所を通してみるとまたバイトが!!
すかさずフッキングすると一瞬だけ魚が乗ってラインブレイク...やってしまいました...

2mほどラインをカットしてリグを作り直して数投目に...

「カツン」

奇跡のバイトが出て上がってきたのが今回検量したバスです。

暫く釣りをしていると2006覇王の川股さんが来て魚探を見ながらDSを投入しています。
「覇王も苦労しているな」なんて思っていたら...

「バシャッ!!ヨッシャーー」

なんといきなり目の前で釣られてしまいました。しかもその後一瞬で2本釣り上げて入れ替えまで...
彼は終了までにここでなんと6本も釣り上げたそうです。
半べそかきながら12時頃中ノ島を後にしてシャローを撃ちましたが全く反応がありませんでした。

今回の上位陣はみんなディープでの釣果でした。上位陣が共通していたのが5gシンカーのDSでワームがレッグワームでした。

レッグワームそんなにいいのでしょうか?

コメント (2)

明日は!

2007-01-27 20:46:00 | バス釣り
SINZAN初戦です。
野村ボートの釣果情報には3匹で2500g位のバスを釣った方がいるそうです。
先週のシーカー戦もそれなりに釣れていたのでだんだん状況が上向いているような気がします。
今回はベイト2本、スピニング2本といつものタックルです。

去年の1戦目はノーフィッシュだったので何とか検量できるようがんばろうと思います。
コメント

エア抜き

2007-01-24 22:14:59 | バス釣り
冬のトーナメントなどでディープから釣り上げたバスをキープする場合、「エア抜き」をしてあげる必要があります。
ここ2年程冬のトーナメントではシャローで勝負していたのでこの「エア抜き」作業というものをしたことがありませんでした。
この間のシーカートーナメントで釣り上げたバスは2匹ともディープで釣ったバスなのでエア抜きをしたのですが、1匹目のバスのエアの抜き加減が悪かったらしくエア抜きをして暫くしたらまたお腹を上に向けて浮かんでしまいました。
ライフガードを投入して暫く様子を見ましたがバスが下に潜っては浮き上がるの繰り返しです。
浮き袋に再度針を刺すのもちょっと抵抗がありました。
このままでは体力を消耗して下手したら死んでしまうかもしれません。
貴重なバスを死なせてたまるかと急遽、画像の物を作りました。
これをバスの下唇の両脇に引っ掛けて1時間ほど様子を見てみると...

見事に復活してくれました!!

その後適度に水を入れ替えながらブクブクも作動させて検量終了まで生かしてまた亀山にリリースすることができました。
コメント

シーカー最終戦

2007-01-21 20:52:59 | バス釣り
今シーズンのシーカー最終戦に参加してきました。
今の亀山の状況を考えてキーパーサイズ無しという特別ルールで行われました。
ここ最近、午後になるとシャローでバイトが出ていたので午前中はディープで時間潰してお昼頃になったらシャロー撃ちといつもながらの安直プランです。
ダムサイト、トキタ沖で反応無く、段々畑の根元付近の5m位の所で適当にドラッギングしてたらなんと約300gのバスが釣れてしまいました
その後シャローを中心に撃ちましたが全く反応が無く13時頃に月毛沢入口辺りのディープにあるオダにラトルホッグテキサスを引っ掛けたら...今度は500gくらいのバスが釣れました
今回はこの2本での検量となりましたが、888gでなんと3位に入賞することができました。

2位から5位まではディープでの釣果でしたが、優勝の松下君は押切沢の岩盤の立ち木にサステキクローを投げて驚愕の51.5cm/2キロオーバーでブッチギリでした。

ディープ組は共通して「フックの掛かりが浅い」とコメントしていました。せっかくバイトがあってもすっぽ抜けたり途中でフックアウトしてしまったりということが多かったようです。
コメント (3)

貼り替え

2007-01-20 21:02:40 | バス釣り
魚探の液晶画面に保護シートを貼ってあるんですが、その保護シートに傷が付いて肝心な場所が見辛くなっていたので貼り直しました。
カーショップなどで売っているナビゲーション用の保護フィルムを画面の大きさに合わせてカットして使用します。

傷だらけの液晶が...


きれいになりました。
さて明日はシーカーオープン最終戦に参加してきます。

果たしてバスは釣れるのでしょうか?
コメント

赤針

2007-01-19 22:31:09 | バス釣り
hablogにも赤針のことが書かれていましたが最近ショップのフックコーナーで赤針をよく見かけます。
「海外のトーナメントで優勝者が使っていたのが赤針だった」というのが最初でしょうか?
そのあとバスマスタークラシックを制した大森プロもこの試合でクランクベイトに使っていたと思います。

実は私も使っています!!エヘン

といっても最近のことですが、ラトルホッグのフックにヴァンフックのWORM55RDevilを使っています。
今までノガレスセカンドバイトを使っていましたが、たまには違うことをと色々試している内の一つがこのオフセットフックです。
今年何とか釣り上げた2本のバスはこのフックで釣りました。

赤針効果でしょうか?

気のせいですね。しかしこの赤針、使い続けていると色が落ちて赤金針になります。
画像のフックで2本釣りました。
コメント (2)

仕込み

2007-01-17 22:06:50 | バス釣り
週末に向けてラトルホッグにラトルを仕込みました。
今回用意したのは...

レバーレッド×2、グリーンパンプキン×2、そしてグリーンパンプキンレッドです。

定番カラーと久しぶりにグリーンパンプキンレッドを用意してみました。
余裕があったら使ってみようと思います。
コメント (3)

ライブウェル作り

2007-01-14 20:23:53 | バス釣り
長年使い続けたライブウェルが紫外線による劣化が原因か分かりませんが、所々にひびが入ったり、欠けたりしたので作り直しました。

使える部品はそのまま使い回すので、今回買ったのは排水のホースを繋ぐジョイントとパッキン、給水のジョイント部の補修用Oリングとバスコークです。
排水ジョイントも使い回そうと思いましたが、前回作成時に2液性の接着剤でガッチリ固定されていてビクともしませんでした。


左が給水用、右が排水用の穴です。


ホースを繋ぐためのジョイントを取り付けます。


しっかり締めこんだ後ケースの表と裏からバスコークで水が漏れないようにコーティングします。

上蓋も古いものを使い回すのでバスコークが乾けば完成です。
春までにはスモークフィルムも貼っておきます。
コメント