湖畔びとのつぶやき (WHISPER OF LAKEMAN)

Life & universe & Japan & daily life

第46話. 大変な夏の到来

2017-07-16 12:56:20 | 所感
湖畔人です。

前話でも心配していましたが、残念ながら都議選も都民ファーストの圧勝に終わりましたね。民主党が政権に付いた時の再現、デジャブの様です。
メディアが作りだした結果、及び国民の不勉強がもたらした結果ですね。いずれメディア自体がその責任を問われ、退場勧告をされる時が来るでしょう。テレビも週刊誌も、ですね。また、都民に対しても、彼らの選択が如何に天意からかけ離れ間違ったものだったか分からされる様な状況が天変地異と言う形で示されるでしょう。都民からすれば、密室政治の腹黒いオジサンたちより、クリーンなオバさん達の方が良い、位の印象で多くの女性票が流れたのかもしれません。ただ、小池さんの築地対応も八方美人で財政的には成り立たない話ばかりです。算数が出来れば問題が多いと直ぐに判るチグハグさです。多分、小池さんご自身は賢い人なのだろうけど、本質論より相手をどう悪く見せるか、その政治パフォーマンス、政局作りに長けている感じでちょっとやり方がまずいのではないかと言う印象ですね。また基盤を公明さんに置いているので、利権誘導型の古い政治との決別をうたう割には中途半端なスタンスです。残念ですね。メディアが自民対都民ファーストの対決と煽れば、本来脚光を浴びるべき正論を掲げる個人や小さな政党群は蚊帳の外、有権者の関心外になりますので、オピニオンだけで戦う彼らにとっては、中々、難しい状況ですね。
それで、天意は一体どこにあるか、と言う事ですが、勿論想像ですが、多分、それなりに当たると思われますので、言いますと、
・まず今回の都議選では、天意を受けていると思われる小さな政党には全く票が入らず、これも多分悪印象ですね、都民とマスコミに対し、その選択(都民ファースト)が如何に誤っていたか、判らされる事態を見せつけられる状況が現れるか、または、何らかのワーニングサイン(天変地異)が多分出ると思います。
・次に、国政が、北がICBM実験成功と騒いでいる時に、国防に関する議論を全くせず、加計問題等で、時間を無駄に費やしている、その体たらくに、当然、天意は御立腹でしょう。ただ、自民と文科省は今窮地に立たされていますが、これはまた、彼ら自身が成した行いへのカルマの刈り取りをしているだけの様にも見えます。彼らが困らせた相手側に天意を受けていると思われる方々がいたと言う事でしょう。まあ、仕方がないですね。因果の理法からは逃れられません。でも、まあ、国会議員はいい加減安全保障を最優先すべきで、如何に有事に被害を最小限にするか、想定される事態は、幾つもありますが、それぞれに対し対応策を練っておき、米国と国民と共有しておくべきです。
次に、その安全保障に絡むポイントとして、9条の改憲がありますが、今安倍さんが成そうとする第一項と二項を変えずに進めるやり方では問題がありますので、これも天意の怒りを買うでしょう。第一項と二項は破棄しないと国は守れないのは当然の事です。
・次に特例法案です。天皇の引退を認める法ですが、基本、天皇とは天照の子孫である神武天皇が日本国を統一し日本国を始め、それ以来、国の中心として、神の肉体子孫として連綿と続いてきたのが天皇家なのですから、天皇への即位は、会社の役職の様に人間の意思で勝手に決めて良い物でもなく、前天皇の寿命と言う形で、神より与えられる神の代理人としての権威なのですから、有識者やマスコミがギャーギャー騒いで辞めさせたりして良い類の話ではないので、当然高天下原は御立腹なはずです。何らかのワーニングサイン(天変地異)が出るはずです。また、女系天皇の話も議題に上がっていますが、日本の皇室は神武天皇から現在まで男系の血筋のみで続いてきた万世一系ですので、ここで女系を認めると、先祖がスリ換わり、他の何々家が先祖と言う形になりますのでやはり問題です。
・後は、共謀罪も気になります。例えばブログのコメント欄で安倍政権の批判をし、政権交代だ、倒閣だ、デモ開催だ、等と複数名で意見交換等をしても、国家転覆の疑いあり、と逮捕される日が来るかもしれません。政権を批判する自由は政権の健全化の為に絶対に必要です。こうした悪法は天意の反発を受けるはずです。何らかのワーニングサイン(天変地異)が出ると思われます。

と言う事で、色々と天の怒りが現れる事態が起きそうです。今も既に九州で豪雨被害が出ており、被災した当事者の皆様には本当にお悔やみ申し上げますが、日田と言う天照との関係を暗示する地も被害を受けており、神道系トップの女神御自身がお怒りなのかなと、推察しております。

神々の意思表示方法は、天意を受けられる少数を通して霊示として示すか、天変地異でしか表現が出来ませんので、神々が造りし国、日本に住む限り、今後も、こうした事態は謙虚に受け止め誤りを正す必要があります。

今後も、九州の豪雨だけでなく色々と起きて来るかと思います。
39話でも述べました通り、北と米国による戦いも想定され、同時に色々と起きて来そうです。
大変な夏がやって来そうです。

湖畔人
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第45話. 都議選 | トップ | 第47話. ポスト・タゲリ候補 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

所感」カテゴリの最新記事