湖畔びとのつぶやき (WHISPER OF LAKEMAN)

Life & universe & Japan & daily life

第40話. 和食の世界の二人の神

2017-05-15 01:24:27 | 映画 芸能
湖畔人です。

NHKは自虐史観の発信元の一つでもあり、問題が多い局と見ていますが、一方、良いドラマやドキュメンタリーを幾つも生み出している事も事実ではあります。今回は良い方のケースについてのお話です。

日曜、遅めの夕食中、何気なくNHKを見ていると、とても良い番組をやっていました。NHKスペシャルの「和食 ふたりの神様 最後の約束」と言う番組です。

ミシュランの三ツ星で有名な数寄屋橋 二郎の小野二郎さんと、天ぷらのマイスターである早乙女哲哉さんのお話しです。 

20歳も年が離れている二人は、ある意味、ライバルであり、ある意味、同志でもある存在です。お互い何となく認め合うようになり、互いにそれぞれの店を行き来するようになっていった二人は、店を訪れれば、大した会話をする事も無く、ただ味を確認し合います。それはまるで剣豪の真剣勝負の様で、高い緊張感の中、言葉は殆ど交わさずひたすら出てきた物を口に運びます。食事を終えるとまるで果し合いを終えたかの様な、疲労と達成感と安堵感が場に漂っています。互いに道を究めた者として、また更なる上を目指す者として、互いの店を行き来する事で、食を通して、お互い尊敬し合い、刺激を与えあい、また高齢の身でもある二人は、互いの健在を確認し合っている風に見えます。

二郎さんは90歳を過ぎても尚、進化の途上とし、特に『こはだ』は時の中で常に改善し続けていると早乙女さんは見ている様です。早乙女さんは、二郎さんの寿司を評して、”オヤジさんの寿司は、100も200ものケア、気遣い 計算が詰まっており、自分は、その『思い』を食べに来てるんだ。俺は寿司で無くオヤジさんの『思い』を食べに来ているんだよ”と言う様な主旨の事を言っておられました。達人ならではの深く真に迫る言葉ですね。

これは、あらゆる分野に通じる普遍的な言葉だな、と思いました。

相手(素材、仕事の対象、客)へのケアの積層、チェックポイントの積み重ね、それが大きな大きな違いを生んで来る。その積み重ねが、常人を神の領域へと押し上げるポイントだと思うのです。

この真理は、職人だろうが、スポーツ選手だろうが、営業だろうが、事務職だろうが、サービス業だろうが、主婦だろうが、何にでも当てはまる、普遍的な向上への道、取るべき姿勢なのではないかと感じました。

『生きている限り、生涯勉強、何度でも改善、いつだって明日が一番いい、それが生きると言う事だろう、違うか?死ぬその日まで気張っていけよ!』と言われた様な、そんな気がしました。

この番組のナレーションは樹木希林さんが担当されていたのですが、全身にガンを抱える樹木さんの言葉には何か凄みを感じますし、何か真に迫るものがあり、大変素晴らしかったです。

侍の定義とは“死を常に意識しならが最大限生きんとする事”だと勝手に思いこんでいるのですが、その意味で、二郎さんにも、早乙女さんにも、そして樹木さんにも死を抱えながら精一杯生きんとする、真の侍と同じ境地を見た様な、そんな気が致しました。何か神々しいし、とても格好が良いですし、何かホント良い物を見せて頂いたなー、と思わせていただけた、とても良い番組だと思いました。また是非見たいので、再放送に期待したい所です。

湖畔人

2017.05.19 加筆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第39話. 北朝鮮と憲法改正、... | トップ | 第41話. 気になったCM② »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。