藤田けい☆ブログ

声だけのラジオと同じ、文字だけのブログです。
同じ気持ちで、書いています♪

昨今、傘は携帯必需品です

2017年08月09日 | 日記
昨日は、台風一過で爽やかな風が吹く中
気持ち良く、外で仕事していたら
突然、雨がポツポツと。

 「この程度の雨なんて、へっちゃらさ~♪」
ムカつく雨なんて、完全無視。

ところが、やがて本降りというか
土砂降りに。。。

自身の予報が外れたのが、くやしくて(笑)
意地でも雨宿りをせず、濡れながら雄々しく歩いていたのですが
ついに、前が見えないくらい降りだしたので
心が折れて(笑)折畳み傘を(←実は持っていたのです)

で、その瞬間しみじみ思ったのですが
傘って、ありがたいなあ~って( ´艸`)

折畳みの、小さな小さな傘なのですが
雨がしのげるだけでなく、人目が気になりません。

雨の中で、じっと立っていても
傘をさしていれば、誰もジロジロ見ません。

傘の中では、スマホを見て時間つぶしもできるし
屋根がない場所でも、ちょっとした自分の部屋みたいに過ごせます。

今まで、あまり傘に感謝したりしなかったのですが
あるのとないのとでは、こんなにも気分が違うとは驚きです。

雨の止みまに、急に太陽が激しく照り付けたりと
だんだん地球の気候が、不安定になってきている昨今。

雨の降り方だって、時に恐怖を感じさせるくらいの激しさで
雨なんて平気。。。なんて、さすがの私も
最近では言えなくなりました。

荷物を持たず、身も心も軽く生きていくのが信条ですが(笑)
上等でなくても、丈夫でなくても別にいいから
とにかく軽くて小さな折畳み傘だけは
常に携帯しようと思います。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警報にもめげず、朝からバイ... | トップ | 合言葉は、孫は優しい。 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (ターちゃん)
2017-08-10 13:23:15
傘、って青春ドラマの必要ツールだと思ってました。
好きな人に貸したり、借りたり、ってこと、なかった?

高校時代、学校帰り友だちに貸してあげたあと、憧れてた人にバッタリ出会って・・・
貸すんじゃなかったと(笑)
ずぶ濡れ体験(傘無し) (A.I.)
2017-08-10 23:51:58
もう10年程前のことになりますが
紙飛行機を飛ばしに行ってきた帰り、駅に到着すると
土砂降りになっていました。
すぐに降り止むだろう、としばらく待っていたのですが一向に雨足は弱まりません。
座って待てる場所もなく
このままでは自分がイラ立って来るのは眼にみえているので
「全天候モード」にアタマを切り替え
(雨は俺とは関係なく降るのだから、俺も雨とは関係なく行動する!)
定期入れ、腕時計などの濡れては困る小物をすべてビニール袋に入れて
土砂降りの中をかまわずそのまま自転車置き場へと歩き出しました。
自転車に乗って、いつもの速度で15分程かけて自宅へ。
服装は、原っぱに遊びに行ったので汗だらけになってもかまわない軽装でした。
当然数分で、全身シャワーを浴びたようになり
・・・ここまで濡れてしまったら、かえって気持ちがいい!。
濡れては困るものは処置してあるので、
「失うものは何もない!」と開き直った感じ。

家に帰った時、下着から靴の中までずぶ濡れなので、そのまま上がることはできず
玄関で衣服を全部脱いで風呂に直行してシャワーを浴びました。

一度ずぶ濡れになる状態(服のままでバケツの水をかぶったのと同じ)を実体験をしたためか
このことがあってからは、雨で濡れてしまう!ことへの神経質さ・・なんで濡れたくないと思うか?の
根拠感覚が薄くなってしまいました。
でも、ちゃんと傘をさすという常識的な行動は演じています。
コメントありがとうございます。 (藤田けい)
2017-08-12 17:30:11
ターちゃんへ

やっぱり、恋多き女・ターちゃんは違うね~。
私は、そんな乙女な思い出はありません。。。

ただ、相合傘をした経験は何度かあって
相手の気づかいの度合いを
傘の差し加減(割合)で、推し量っていました( ´艸`)

私の方に一番、傘をかたむけて
自分はビショビショに濡れていた人と
当然、結婚しました( ´艸`)

でも、結婚した今はね~
 「雨の予報が出ているのに
あえて傘を持ってこなかった君が悪いね」と
相合傘すら、してやらない私です(冷たい女です~(笑)



A.I.さま

『全天候モード』切り替え、分かる~(笑)
私も、何だか腹が立つときが何回かに一回あって
「負けてたまるか!」と、空をにらみながら
雨の中を、ずんずん歩いています(笑)

ただ、女性の場合
濡れネズミになっていると、知らないお年寄りから
 「傘、貸しましょうか?」とか
 「入りますか?」とか言われたり
変な(親切な!)オジサンの車が止まったりするので
面倒な時もあります。

あと、スカートがボトボトになると
とうとう挫折して、雨宿りしたカフェに
めっちゃ迷惑かけてしまったり。。。

やっぱ、淑女のたしなみとして
ミニミニ傘ぐらいは、持ち歩きますネ。
でも、A.I.さんは、欧米の人みたいに
 「傘?邪魔だから、持ちませんよ」と粋がってください(笑)それも、なんだか美学を感じますから。。。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む