藤田けい☆ブログ

声だけのラジオと同じ、文字だけのブログです。
同じ気持ちで、書いています♪

雨の日のカフェで

2017年03月21日 | 日記
今日は一日中、よく降りましたネ。
通りかかった住宅街にある、お寺の掲示板に
とても素敵な言葉が貼ってありました。

見上げた空の雲ですら、もう2度と同じ形には出会えないことを
一期一会に例えた内容でした。

雨の日、傘を差しながらするウォーキングは、
何だか自分の心の内面に、深く降りていけるような気がして
晴れた日とはまた違う
魅力がありますネ。

あと、電車から見る景色も
晴れた日と雨の日では、印象がまったく違います。
理由もなく、もの悲しい気持ちや人恋しくになったり。。。

ふらりと入ったホームにあるカフェで
そんなロマンチックな気分を書き留めようと思って
ノートを出したとたん、
隣に座っていた、私と同年代の女性二人の会話が
耳に飛び込んできました。

一人が、意識高い系の健康オタクさんみたいで
自分と娘が、美容と健康のために
いかに食にこだわっているかを
得意げに話しておられました(笑)

度を越した食へのこだわりぶり。
当人さんは、自慢話のつもりかもしれませんが
はたで聞いていると、羨ましいどころか、
とても不自由そうで、痛々しいくらいでした。

何でも、ほどほど、バランスが大切ですね。

っていうか、ニヤニヤしながら盗み聞きする私こそ
マナー違反ですね~(笑)

耳栓も持ち歩いてはいるのですが、
気になる会話が聞こえてくると、参考または反面教師にしようと
ついつい耳を傍立ててしまう私です( ´艸`)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春からのスタート | トップ | ハッピーランチ(^^♪ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (コッペ)
2017-03-21 22:37:17
自分自身を見ているようでお恥ずかしい。( ´艸`)
一期一会 (「A.I.」)
2017-03-21 23:10:51
>『見上げた空の雲ですら、もう2度と同じ形には出会えないことを一期一会に例えた内容』

こんなのもありまっせ~。
「 恵まれし いのちなりせば今日の日は、再び来ぬ尊き一日。 」
たしか、佐藤愛子さんがどこかに載せたものだった記憶があります。
----
>『隣に座っていた、私と同年代の女性二人の会話が耳に飛び込んできました。』
見ず知らずの他人の会話に聞き耳をたてるのも面白い、と言えば面白いです。

優先席付近での電磁波の問題を別にすれば
店内・車内で自分のそばで携帯通話している人がいると、なんとなく不快に感じてしまうのは
話の内容が自分にはみえてこないので
無意識的に不満を感じるせいではないだろうか?
と私には思えます。
携帯通話と同じほどのオバハン同士の会話だって
ウルサイはずですが、
わざわざ規制されることはなかったですから。
お彼岸 (Lizzy)
2017-03-22 13:17:33
今日はお彼岸も終わりに近い日ですが、やっと仏壇に沈丁花の花を供えました。
仏壇を拝む度に祖母が亡くなった時の顔を思い出します。
家族と言えどもいつかは別れる日が来ます。
人の命は儚いもの。
40年ぶりに再会した中学の同窓生も2年もしないうちに心不全で亡くなりました。
一期一会という言葉を噛みしめています。
今は母と息子と3人で暮らしていますが、いつか一人になる事も覚悟しています。 
今、まわりにいる人々を大切にして生きていきたいと思います。
コメントありがとうございます。 (藤田けい)
2017-03-23 10:15:12
コッペさんへ

聞きたくなくても、聞こえてくると
本能的に、内容を把握したくなりますよね~( ´艸`)



A.I.さま

確かに、スマホなどで会話していて
 「え~!マジ!うっそ~!」と叫んでいる見知らぬ人がいると
 「どしたん?」と、聞きたくなる私です(笑)

お寺の掲示板、そんな刻々と変わっていく日々に
諸行無常を感じるなら、仏とともに歩まん~みたいな
結びになっていましたヨ。

私はお寺の掲示板が大好きで
旅先でも、お寺を見つけるといつも楽しく読ませていただきます♪


Lizzyさんへ

今日は、彼岸明けですね。

以前、お聞きした同窓生さん、残念でしたね。
でも、生前に再会できたコトは救いですね。
きっと、彼とは深い縁があるのかもしれませんよ。
天国で、また再会されるんでしょうね。。。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む