小浜逸郎・ことばの闘い

評論家をやっています。ジャンルは、思想・哲学・文学などが主ですが、時に応じて政治・社会・教育・音楽などを論じます。

「教育、教育」と騒ぐなら金を使え

2017年05月09日 01時41分47秒 | 社会評論
      




5月1日付の産経新聞「産経抄」によりますと、日本の小、中学校の先生の労働時間は世界でも突出して長く、小学校教諭の33%、中学校教諭の57%が残業時間80時間を超えており、「過労死ライン」を上回っているそうです。
先生の多忙というと、平教員の忙しさをイメージしがちですが(それももちろんあるのですが)、なかでも多忙を極めるのは、副校長、教頭で、調査報告書の作成、休んだ教諭のフォロー、会計業務などあまりの激務に疲れ果て、教諭への降格を願い出るケースが跡を絶たないのだとか。

小中学校教師の忙しさは今に始まったことではなく、昔から部活の顧問として土日・夏休み返上で駆り出されるとか、テストの採点は家に持って帰って深夜までとか、年間いくつもある学校行事の指導とか、たいして意味のない研修会への参加強制とか、問題生徒の管理監督やいじめ防止への配慮とか、モンスターペアレンツへの対応などなど、とにかく息つく暇もないとの訴えはよく聞かされてきたものです。
ところが、世間の視線は意外とこうした実態に対して冷ややかで無関心です。それはなぜでしょうか。

第一に、教師は公務員で、給与もそこそこ高く安定しているという点が挙げられます。
世の中にはもっと貧しい人やきつい仕事に耐えている人がいる、贅沢な悩みだといったルサンチマンに根差すまなざしを受けやすいのですね。ことにデフレ不況下の今日では、こうした声が高まっていると思われます。
しかしある職業が所得面や雇用面で安定しているという事実と、その職に固有のきつさがあるという問題とは別です。教師のきつさとは、授業をしっかりこなすという本業のほかに、やたらと生活指導や文書作成などの一般事務や部活動顧問など、本来の職務ではない仕事で埋め尽くされることからくるストレスなのです。いわば多種の肉体労働と神経労働がどっと重なってきて、それを毎日捌かなくてはならないところに、このストレスの原因があります。

第二に、土曜も隔週で休みだし、夏休みもあるので優雅なものじゃないかといった先入観があります。
しかしこれは、上に述べたように、実態とは著しく異なる偏見です。学校という特殊な現場の日常をよく知らない人は、こうした先入観でものを判断すべきではありません。

第三に、教師という職業に対する世間の期待過剰があります。
「教師は聖職者」という観念がいまだに残っているようです。
どの親にとってもかけがえのない子どもの教育と生活をあずかるのですから、大切な仕事には違いありません。しかし教師も能力や包容力に限界のあるただの人間です。
何もかも教師に背負わせて、ちょっと学校で問題が起きると、担任の責任、校長の責任と大げさに騒ぎ立てる風潮を改めなくてはなりません。
大事なことは、今の学校に何ができて何ができないか、一人の教師の職分と管轄範囲はどれくらいかということをはっきりさせて、その認識をみんなができるだけ共有することです。

ちなみに、教員志望者は年々減少の一途をたどっています。また教員志望者の中でも、こんなに忙しい日本の教員にはなりたくないと思う人が6割を超えているというデータもあります。
http://benesse.jp/kyouiku/201603/20160317-1.html
http://diamond.jp/articles/-/57792

ではどうして日本の小中学校教師はこんなに忙しいのでしょうか。
上に記したように、本来の職務でないことを背負わせられているという困った「文化伝統」の問題もありますが、これらのうちの無駄な部分を削ることができたとしても、ある重大な理由から、教師の多忙さはさほど減らないだろうと思われます。
その重大な理由とは、国が教育にお金をかけていないという事実です。
日本の公教育支出は、GDPの3.5%で、OECD諸国の中で、何と6年連続で最低なのです。
http://editor.fem.jp/blog/?p=1347

日本人の多くは、教育が大事だ、教育が大事だと口癖のように言います。歴史認識、理科離れ、平和憲法、公共心、グローバリズムにエネルギー、何でもいいですが政治問題や社会問題を話していて、現実がなかなか変わらない嘆きに達して行き詰まると、たいていの人が言うのです――「最終的には教育の問題だよね」。
これは要するにただの陳腐な「オチ」であって、教育をどうするのか、何かヴィジョンがあるわけではなく、あきらめや逃げの言葉をつぶやいているにすぎません。教育のことなど誰も本気で考えてはいないのです。

もし本当に教育が大事だと考えているなら、まずはこの恐ろしく貧困な教育投資の実態を何とかしなければなりません。
そして投資をどこに差し向けるか。もちろん、まずは人材投資です。
教師の数を増やすだけではなく、前述のような教師本来の仕事ではない部分を担える人材を雇用して、先生が余裕をもって本業に専念できるような環境を整備すること。

環境と言いましたが、物理的な意味での環境整備も非常に大切です。
これは一例にすぎませんが、いま日本の公立小中学校で、エアコンがどれくらい整備されているかみなさんはご存知ですか。
何とわずか三割です。
それも地域間格差が激しく、首都東京は八割ですが、暑いはずの九州は二割に満たないところもあります。
http://xn--88j6ev73kngghpb.com/%E5%B0%8F%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%B3%E8%A8%AD%E7%BD%AE3%E5%89%B2.html
かわいそうな九州の子どもたち。これで、子どもを大切にしている国と言えるのでしょうか。

文科省は二流官庁ですから、予算が十分に取れない苦しさもあるでしょう。
財務官僚はきっと日本の将来を担う世代のことなどに関心がなく、文科省の管轄事項を、それが喫緊の課題ではないという理由で、無意識に蔑んでいるのだと思います。
いま公立の小中学校教育に投資するとしたらどこにお金を使うべきか。小3から英語教育を、とか、道徳教育を正課に、など、百害あって一利なしの施策にではありません。基礎学力を徹底させるために、ゆとりのある人的物的環境を整えることに投資すべきなのです。これは教育界におけるソフト面、ハード面のインフラ拡充と言えましょう。
文科省は、グローバリズム迎合やヘンな精神主義を捨てて、具体的な窮状を訴え、改良策を引っ提げて財務省に予算要求を迫るとよいでしょう。「子どもや先生がかわいそうなんです」――これなら血も涙もある(と思いたいですが)財務官僚も、少しは耳を傾けてくれるかもしれません。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誤解された思想家たち・日本... | トップ | プレミアム・フライデー狂想... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よくぞ言ってくださいました (由紀草一)
2017-05-09 10:49:08
 大げさではなく本当に、涙がこぼれるくらいありがたいです。
 遠い昔に御著『学校の現象学のために』によって励まされ、夏木智といっしょに学校論を書き始めたときのことを思い出しました。
 おっしゃることにはもちろん、その当時も今も、一から十まで賛成です。これに、現場教師として見えていることを肉付けしようとしたのが我々の学校論でした。
 それをここでまたやろうとすると、とめどなくなってしまいますんで、今回は最近、と言ってもかなり前ですが、印象に残ったことを記して、感謝と賛同の証にしたいと思います。

 義家弘介氏が初めて衆議院に立候補した時ですから、ちょうど10年前になります。
 テレビで演説を聞いていたら、こんなことを言ってました。
「最近の教師は子供と過ごすよりコンピューターの前に座っている時間のほうが長い。ふざけるんじゃねー!!」
 問題は、この最後の啖呵、誰に向かって切っているのか、です。
 この短く切り出した言葉だけで氏を批判するのは無謀でしょうが、聞かれた方、あるいは今読まれた方の感じではどうですか?
 教員に向かって言ってるんだとは思いませんか?
 それこそ「ふざけるんじゃねー」ですよ。

 ちょっと考えればわかるんじゃないですか? 子供との関わりより、コンピューターで文書を作成することが好きな教員なんて、何人いるのか。そういう人のうち何人が、教員を目指すのか。
 好きでも嫌いでも、「計画」やら「報告」のための文書の作成をしなければならないから、そうなってしまうんです。いや、そんなの、ほとんど無意味で退屈ですから、教員はみんな嫌いですよ。それなのに、最近ではこれがどんどん増えて、子供と直接向き合う時間は自然と削られる、これが現状です。
 そのような現状をもたらした教育行政に向かって「ふざけるんじゃねー!!」と叫び、改革に取り組むなら、私は、その他すべての考え方が違っていたとしても、義家氏を応援します。が、実際はどうなんでしょうか。
 仄聞するところ、氏は現在、体罰の容認やら、教育勅語の精神の復活を唱え、一部の保守派からウケているようです。賛成できる部分もなくはないですが、議員なら、その前にやるべきことがありそうに思います。

 義家氏個人より問題なのは、「ふざけるんじゃねー!!」とは、教員を叱咤してるんだと自然に思われてしまうことです。
「教育とは元来すばらしいもの。すばらしい教育ができないのは、教員の責任だ」
 教育論・学校論の世界は、このような無思慮で無責任な言説が支配していて、ここから外れたものはそれこそ自然に忌避される。文科省もまた、これを守ることを第一の使命と考えているようですし、義家氏のように、けっこう特殊な学校とはいえ、教員でもあった人もまた、同じ枠組みの中にいる。
 私ごときではどうにもならないことを知りながら言ってみて、どうにもならないことを思い知らされてばかりの年月でしたが、でもやっぱり言わねばならん、小浜さんのような人がいる限り、まんざら効果ゼロということもあるまい、と考えて、今後も機会があり次第、やっていいく所存です。

 やっぱり長文になってしまいました。失礼しました。
由紀草一さんへ (小浜逸郎)
2017-05-09 13:51:56
ズバリ真相を突いたコメント、誠にありがとうございます。由紀さんと久々に噛み合った教育談議ができてうれしかったです。

義家氏がそんなことを言ってるんですか。まさに「ふざけんじゃねー!」ですね。
彼とは何年も前に議員会館か何かで会ったことがあります。彼はご存知の通りヤンキー先生の看板を売り物にした「熱血教師」でしたから、ご多分に漏れず、単純素朴な教育への情熱を政治に反映させようと、そのときも自分の教育改革の構想とやらをぶち上げながら、教育勅語の大切さを教えるなどとのたまっていました。
私は適当に話を合わせていましたが、思うに、ああいうタイプの「熱血教師」は、その情熱のゆえにこそ、文科省傘下に置かれた学校現場の問題がどこにあるかが見えなくなっているのではないでしょうか。

何十年たっても貴兄の指摘される「教育とは元来すばらしいもの。すばらしい教育ができないのは、教員の責任だ」という言説枠組みは変わっていないようですね。

近頃は籠池問題をきっかけに、またぞろ教育勅語を教材に取りいれることの是非などの論議がかまびすしいですが、この論議自体が、右か左かという時代遅れの政治的枠組みにすっぽり収まってしまうものであることに、論者自体が気づいていないようです。

安倍政治があり、これにただただイデオロギー上の理由から反対のための反対を繰り返す野党がいる。「子どもを政治に巻き込むな」と言っている人たち自身が、このくだらない政局図式を教育にまで及ぼし、結果として、教育現場の何が問題かを見えなくさせています。

やれやれ。

でもお互いに、めげずにがんばりましょう。
労組は何をしてるんだ?! (根村恵介)
2017-06-30 11:19:29
単純な話、労組が政治道楽にウツツを抜かしているからこうなったのではないのか。

コメントを投稿

社会評論」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL