ポケGOレベル40を目指して

なんてものに手を出してしまったんだか…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ポケモンGO 脇道同好会

2017-03-08 00:19:30 | ポケモンgo
どうも。
金木のKです。

本日最後の巡回です。

金木町をひと周りして嘉瀬→飯詰→芦野公園という順にひと回りするコースです。

金木町から嘉瀬へ向かう間にある339号沿いのポケストは相変わらず行く度にヒトカゲが井戸端会議をしています。

これがヒノアラシだらけなら楽でいいんですけどねぇ…。

金木町、嘉瀬ともに御三家の姿はありませんでした。

◼ □ ◼ □ ◼

飯詰の改装中の橋付近では、安定してマグマッグが現れています。



このポイントはジムからもポケストからも離れていますが、川のそばだからでしょうか、以前から少し変わった種類が湧きやすいスポットになっていました。

第1世代の頃はゼニガメとミニリュウの遭遇率が非常に高い場所でした。

キリンリキを捕獲したのもここですが遭遇は一度きりですので、カビゴン並の偶然だったと考えております。

ポケスト周辺やジム周辺に湧きやすいのは今更語るまでも無い事ですが、基本的に大きな通り沿いにはレアなポケモンは現れないように設定されていると筆者は考えています。

これは経験則でもありますが、根拠として挙げるならば「車による事故を起こさない為」という、最もな理由が挙げられます。

では、国道沿いなどの大通りに面した場所でリストが埋まるほどアップされている場合はどうなのかというと、
大抵の場合は横路や細い側道など(場所によっては田んぼの中のあぜ道も含む)に、ごちゃっと固まって沸いたりします。

※これは金木周辺の道での検証結果ですので青森市などの都市部(一部を除く)地域はこの限りではありません。

具体例を挙げますと、

ポケストのある道が国道339号線です。
この脇道に逸れないとクラブは出現しません。

同じ脇道を更に北上すると、密集してポケモンが沸くポイントがありますが、これも国道339号線では反応しない位置となります。

最近ではエアームドを捕獲したのがこの場所です。

嘉瀬や金木、喜良市、五所川原市内など、こうした脇道(車1台がギリギリ通れる道など)に密集している場所は数多く存在します。

家の前や庭がこういうスポットになっているというユーザーさんも少なくないのではないでしょうか。

もちろんこうしたポイントは青森市内にも存在します。

駅前のポケストの多くある大通りから外れた一本隣の細い路地などに大量に沸くスポットがあったり、合浦公園周辺ではポケストすら無いような路地裏にレア種が固まって沸いたりもしています。

◼ □ ◼ □ ◼

肝心なのはリストに湧いてから該当するポケモンを探すのではなく、普段から違和感のある湧き方をするポイントをおさえておく事となります。

上級者の皆さんにとっては今更ながらの話かもしれませんね(汗

◼ □ ◼ □ ◼

捜索最後の芦野公園でミニリュウが湧いていました。


今日は比較的道路から近いポイントに出てくれたので助かりました。

随分歩き回ったのでヒノアラシのアメも大分増えましたが、進化までにはまだまだかかりそうです。

まさか御三家でここまで苦労するとは…。

◼ □ ◼ □ ◼

ここからは余談というか、筆者が実践していた事なのですが、
芦野公園駅から徒歩で500mほど歩いた先のポイントには、毎時間ほぼ必ず水系のポケモンが湧いていました。

同じく金木町中の斜陽館ジム南側にある小さな川の側の橋周辺にも同様のポイントがありました。

ポケGOを初めて初期の頃にそのポイントに気付いたのですが、法則を知りたかった筆者は、芦野公園駅辺りにてリストに「ニョロモ」が出る事を確認し、あえて捕獲せずに消えるまで待ちました。

当時から相当にひねくれてます。

で、

リストからもポイントからも消失するのを確認し、再び同じポイントに沸くのを待ちました。

その結果、毎時間10分きっかりに水系のポケモンが出現し、同時刻の50分に消失。

20分のインターバルを挟んで再び出現というサイクルが判明しました。

斜陽館ジムの側の橋も調査したところ、毎時間15分に出現している事が分かりました。

水系ポケモンの出現時刻表のようなものが出来上がったところで、次は毎時間ごとにその2ヶ所を巡回し、どのポケモンが出現するかを24時間(!)繰り返しました。

ミニリュウやコイキングを大量に保有出来たのはそのお陰でもあります。

深夜から明け方にかけて斜陽館ジムの方では野生のヤドランなども湧いていました。

※どちらのポイントも今はランダムに出るようになっています。

また、リストへのアップ時間や、滞在時間又は消失時間、インターバルがポイントによりパターンが異なるため、同じ場所に居てもリストではランダムに増えたり減ったりしているように演出されています。

毎時何分に何処に何系のポケモンが出るという予想は都市部では逆に難しいのかもしれませんね。

田舎だからこそ可能だった検証結果とも言えます。

…まぁ、当初からそういった検証が好きな変わり者でした。

因みにインターバルが最大で3時間近くあり、そこにポイントがある事すらあまり知られていないポイントもあったりします。
(大抵の場合、そういうポイントにレアが出現します)

余談が長引いてしまいましたが、今夜はこれまで。

ユーザーレベル40まで
あと855,948XP

【追記】

久しぶりにGPS誤作動で横浜に飛ばされました。


相変わらず派手なリスト内容です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポケモンGO ワニノコ探し | トップ | ポケモンGO 出現の法則 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポケモンgo」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。