ニセコ高原風だより

ニセコ高原のアコーディオン弾きがお送りする季節のおしらせ。

高砂の町営住宅!。

2009-12-18 07:00:43 | Weblog




非常に気温が低く、もっさもっさと雪が降ります。
画像を見て頂くとわかりますが、完全武装して、除雪にあたります。
全国、あちこちで雪害が報告されています。

昨日の晩まで,積雪0Cmだったのに、24時間で50~60Cm・・・・・。
そ・そう・・・その通りです。
ニセコもこの3日間で1mを越えたと思われます。

雪はともかく、気温が低いのがこたえます。
日中もプラスにはなりませんから・・・・・。
以前、次女が生まれるとき、お正月明けから妻は大阪の実家へ
長女を連れて帰りました。

倶知安町・高砂の町営住宅で、私は独身生活を謳歌しましたが、
真冬ですから、また、私はホテルの厨房の仕事をしていましたから
遅い時は夜中12:00時頃帰宅、早い時は早朝5:00時頃出勤、なんてのは
普通でした。

家に帰っても、部屋が暖まるのに1時間も2時間もかかります。
途中で、諦めて?ホテルの宿舎で泊まる回数がどうしても、多くなりました。
たまに、除雪の為に、町営住宅に帰りましたが、
浴槽のお湯は、春まで凍ったまま、
金魚の水槽も凍ったまま、金魚ちゃんはカチンカチンでも春が来たら
解凍されて泳ぎ始めました。

春、生まれたばかりの次女といっしょにお手伝いに来た、大阪のお婆ちゃんは
「あきれかえって」言いました。
おふろ「カチンカチン」やないの/!!!。

昔の町営住宅は、概ねブロック作りの「安普請」でしたから、
寒い時は、寝る前に、家中の水を「落として」休みました。
家中のパイプというパイプのなかの水を、ことごとく落とさなければ
凍って管が破裂したりするのです。

家自体の保温性も極めて悪く、ガンガン・ストーヴ炊いても
それはそれは、暖まりませんでした。
でも、今の私達の校舎と同じ・・・、健康的でした。

今でも、寒さ=恐怖です。
校舎の板壁を春まで,一枚一枚炊いて、凌ごうと真剣に考えます。

天候が、こう・・・・極端に推移します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猛烈に雪が・・・・降った!!。 | トップ | 降らないフェイントをず~~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL