うさぎ学園 多趣味部

学長でウサギのむぎまる君・ZIPPO・ウイスキー・旅行・釣り・・・今日も全力で遊びます!

今日のむぎまる君 2018(4)

2018-01-23 20:15:13 | 1号室 むぎまる君の部屋
いたずらっ子、むぎまる君。


「ねえねえ、ちょっとこっちにきてっ!」
ん~、何かな?



「っおりゃあーーーっ!!!」
あっ!痛った~~~っ!!!



・・・いきなり頭突きだとぉ(-_-;)。
また変な遊び覚えたなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとだけ、むぎまる君 2018(5)

2018-01-22 21:35:59 | 1号室 むぎまる君の部屋
すねちゃう、むぎまる君。


「ゆきつもったからさ~、そとにでたいのにさ~、だめだっていうんだよ~。」
埋まるでしょ。
ほぼ間違いなく行方不明になるでしょ。



寒いの、苦手なくせに(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨夜のお酒 『サントリー 白州蒸留所 (蒸留所限定品)』

2018-01-22 20:35:53 | 5号室 プライベートバー
白州蒸留所見学ツアーに参加した際に、蒸留所の敷地内のショップで購入したものです。


デザインが可愛いボトル。
サントリー白州蒸留所での限定販売のシングルモルトウイスキーです。



No,01208245。
蒸留所敷地内のショップでも販売数は限定されています。
1380円・・・だったかな?
お土産としてはいい具合の価格ですね。
液面はこの位置が正常です。



アルコール度数 43%、容量300ml。
スタンダードボトルの700mlに換算すると1本3220円。
まあまあ普通ですね。



キャップはコルクです。
こういうとこがなんだか嬉しい。
ペットボトルのスクリューキャップみたいなのだったら嫌だもんね。



容量が少ないし、限定品だから大切に飲まなきゃなあ。
購入は一人一本限りです。
代理購入など大量購入が頻発していたらしく、「代理購入はお断り・・・」的な注意書きがありました。
ネット販売で高値になってるようですよ・・・。



さてさて、個人的なインプレッションは・・・。
香りは薄い。
洋ナシ、松ヤニ、針葉樹林の空気、ナツメグ、かすかにスターアニス。
鋭い舌ざわりと洋ナシの甘味。
駄菓子のフーセンガム、軽いバーボンの風味。
辛味が強く、甘味も強い。
バランスはあまり良くないように思える。
・・・若い。
白州独特の鼻に抜ける甘味は心地良く、後味も悪くない。
もう少し熟成感があれば・・・。



蒸留所に遊びに行かないと購入できないウイスキーですが、バーなどで見掛けたら是非、味見してみてください。
ノンエイジの『白州』よりも若く感じる味わいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネコいっぱい!栃木県の唐澤山神社は猫の神社だ~! (最終回)スターキャットと大切なお話

2018-01-21 10:33:36 | 59号室 神社
神社の空気とたくさんのにゃんこに癒されに行こうよ。


参拝の帰り道、キスしてる猫たちがいました~。
これは可愛い!



ほら、こっちにも💛



ここお堀の跡です。
猫だらけで忘れちゃったかもしてませんが、唐澤山神社は唐澤山城跡にあります。
『四つ目堀』といいまして、城域とそれ以外を大きく分断する掘割りでした。
可動式曳き橋が架かっていたそうで、ヤバイ時には橋を引き払って城域に入れないようにしたそうです。



でっかい井戸がありました。
『大炊の井』。
昔から水が枯れたことが無いそうです。



自分が知ってる井戸とは大きさが違うなあ。
直径が8mもあるんですよ!
・・・なんか色々沈んでいそうな・・・。



『竜神宮』っていうのがありました。



八大龍王神の伝説があるそうです。
読めるかな?



で、『竜神宮』のすぐそばにこんなデッカイ石があるんですよ。
このまま見ると、大きいだけの石に思えるんですが・・・。



年配の女性が、通りかかる参拝者に声を掛けて教えていました(神社の人?)。
ここに竜の顔が浮かび上がってるんですね!
「いつの間にか自然に出てきた。」そうです。
まあ、よくある話ですが・・・タツノオトシゴっぽく見えますねえ。



唐澤山はハイキングコースもありまして・・・こんな場所もあるんですね。
今回はここまでは歩けなかったので、参道にあった掲示板の写真をここで紹介♪
なんだか奥の方から四乃森蒼紫が歩いてきそうな・・・。



さあ、またニャンコだ。
「あ~、やれやれ。さんぱいきゃくのあいてで、つかれたぜ。」
はははは、私も含めて、参拝客はみんな猫たちにニャーニャー声を掛けてるからね。



あれ?親子かな?
「ほら、あんた!はやくこっちにきなさい!」
「かーちゃん、いいからほっといてくれよぉ。」



「むすこが、たいへんごめーわくを、おかけしまして、もーしわけありません!!」
「けっ!あやまらなくていいってのによお。」



「さいきん、ゆくえふめいじけんがおおくてよぉ・・・。あのはりがみ、みてくれよ!」



行方不明?
猫を探していますって・・・。



「ゆうかいじけんだよ!ゆるせねえだろ!!」



盗難事件??
神社から猫を盗んでいくの?



にゃんこ密度高いけどさあ・・・相手は生き物だよ?



とんでもないことが起きるんだな・・・。
去年は5匹、一昨年は6匹だってさ Σ(・□・;)



最後は背中に星を背負ったにゃんこ。
出会えたら、いいことあるかも☆☆☆



楽しい神社でした!
行ったらきっと、自分もニャーニャー声を掛けちゃいますよ(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のむぎまる君 2018(3)

2018-01-21 09:29:51 | 1号室 むぎまる君の部屋
気遣い王、むぎまる君。


むぎ~、ご飯だよ~。
「あい~。」



今日もご飯は膝の上♪
むぎまる君は可愛いね~。
「らびっとふーど、おいしいねえ。」



「でも、きょうはおなかいっぱいだから、いっこでいいや。」
・・・あれっ?



「ここだけのはなし、ぶちょーのごきげんとりはたいへんなんだよ。」



・・・黒いぞ、むぎ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネコいっぱい!栃木県の唐澤山神社は猫の神社だ~! (その3)こんなにゃんこ、いました

2018-01-20 20:00:04 | 0号室 メイン部室
もう、参拝に来たんだか、ネコを見に来たんだか・・・。


本殿がある石垣の下は、こんな風景です。
そうそう、この唐澤山神社は映画『るろうに剣心』のロケ地なんですよ。
聖地巡礼ってわけじゃないんですけどね。



御朱印待ちの間に撮ったにゃんこ達。
なんてカッコで毛づくろいしてんのよ。
てか、肉球が可愛い(笑)。



毛づくろいの後で寝ちゃったんですが・・・頬杖ついて寝るネコって初めて見たよ。



ちょっと高いところで寝てるにゃんこ。
偉そうだけど・・・ボス?



社務所の床下にも2匹いたぞ~。
仲良しなんだね。
ずっと一緒にいたよ。



影を見ると、クスクス笑ってるみたい。



いえいえ、毛づくろいですよ。
「ほほほ、みだしなみが、たいせつですのよ。」



「・・・へ~くしょい!!!」
上品さ、台無し。



社務所の前から下界を眺めると・・・ここって、こんなに高いところだったんだね~。
佐野市の街並みが見下ろせます。



さっき頬杖ついて寝てたにゃんこ。
幸せそうに寝てるねえ。



「・・・・・・・ぺろっ。」



「ねえみんな、あのはりがみ、ちゃんとよんでね。」



ダメ、絶対。



次回、シリーズ最終回。
まだまだにゃんこですよ~。
そして、とっても大切な話も。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネコいっぱい!栃木県の唐澤山神社は猫の神社だ~! (その2)にゃんこVS御朱印!どっちが人気?

2018-01-19 22:18:42 | 59号室 神社
猫の写真を撮るのに夢中になってると、参拝が遅くなっちゃうぞ。


まだまだ猫はいっぱいだ。
「ねえ~、みずをのみたいんですけど~。」



「こおってるんですよ~。」



おお?保護色で気付かなかったぞ。
「せっしゃ、にんじゃでござるからして。」



「さきをいそがなくて、よいのでござるか?」
あ、御朱印の受付時間がヤバいか。
・・・てかキミ、忍者っていうより、表情がまるで人間だよ。



む、先を急がなくては。
まだ参道を半分も歩いてないからね(-_-;)。



はい、この左側の斜面が面白いんですよ。
ここは陽が当たるので・・・。



にゃんこが登っていくんですねえ。
なぜかっていうと・・・。



昼寝には最高の場所なんだね~。



更に参道を進んでいくと・・・。



あ、やっと手水舎。
写してないけど、参拝客は結構多いんですよ。



思ったよりも階段を登ります。
随分高いとこにあるんだなあ。



いい雰囲気の神社ですよ。
落ち着くというか、静けさがしみ込むような。



さすがは唐澤山城跡、石垣が凄い。



拝殿。
派手さは全くありません。



祭神の藤原秀郷は、あの有名な平将門(たいらのまさかど)の軍を下総国幸島で攻め滅ぼした人なんですよ。



右の狛犬



左の狛犬。
両方が『阿』の狛犬なんですねえ。



こっちは本殿。



社殿のあたりから下を見下ろすと・・・石垣がホントに凄い!
下を歩いてる人と比較すると、その高さが分かります。
社殿の左手から下りて行けば、石垣の下を歩けます。
あの道は授与所に繋がってますよ。



ここが授与所。
さっきの手水舎のそばにあります。
ここで御朱印を戴きます。



御朱印は4種類ありました。
紙に欲しい御朱印の番号を書いて、御朱印帳に挟んでお願いします。
4種類全部をお願いしたので、待ち時間は40分ぐらい。



オリジナル御朱印帳もあるんですよ。



御朱印、戴きました。
『金銀揚羽』(右)と『松』(左)。



『竹』(右)と『梅』(左)。
いぬの『い』が顔になっていて『ぬ』がしっぽになってるんですね~。



参拝して、4種類の御朱印を戴くのもいいと思いますよ!
次回、にゃんこだらけ。
お楽しみに♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネコいっぱい!栃木県の唐澤山神社は猫の神社だ~! (その1)いきなりネコまみれ!

2018-01-18 19:39:51 | 59号室 神社
栃木県佐野市の『唐澤山神社(からさわやまじんじゃ)』は唐沢山山頂にある神社で藤原秀郷を祀っています。


祭神の藤原秀郷は俵藤太(田原藤太)の別名でも知られています。
この鳥居は路上にあるもので、停車して撮りました。



駐車場に車を停めてちょっと歩くと・・・おや?
猫の写真を撮ってる人がいる~。
撮影方法が面白い!
猫じゃらし(羽のやつね)で猫の興味を引いて撮るんですよ。



あっ!!この神社って、猫がいっぱいいることでも有名なのね!
ほら、駐車場にも猫っ!



藤原秀郷は下野国押領使としてここ唐沢山に『唐沢山城』を築城し、秀郷の子孫の佐野氏がそのお城に住みました。



この石垣が凄い。
そう、ここは唐澤山城跡なんです。
藤原秀郷は平将門の乱を鎮圧して鎮守府将軍となったことから忠皇の臣とされ、秀郷の後裔や佐野氏の旧臣らが中心となって秀郷を祀る神社の創建が始められ、明治16年にここ唐沢山城の本丸跡地に唐澤山神社が創建・鎮座されました。



ほら、また2匹!



顔洗ってるし☆



「ん?なんだ?もめごとか?」



「ここは、ぼくがとおるんだ!」
「ちがうぞ、ぼくのほうがさきだ!」
・・・譲り合おうな。



「しっぽまで、にっこうよくするのよ。」



「なにみてんのよ~。」



「あっ!いててててて!!」



「くそう、とげがささったぜ。」



仲良くお昼寝。
これは可愛い!!
ああ!これがシンクロナイズド睡眠ingってやつか!



起きるなよ~、起きるなよ~・・・って思いながら近付くと・・・。



あっ、こっちのコが起きちゃった(-_-;)。



写真を撮り終えた瞬間に、子供たちが群がってきた~!
にゃんこは子供にも大人気だなあ。



にゃんこと遊んでばかりで、駐車場から鳥居まで30分ぐらい掛かっちゃったぞ。
普通に歩けば2分ですが(笑)。



城跡なので、橋の下はお堀です。
水はもうありませんが。



次回は御朱印・・・と、にゃんこ。
お楽しみに!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栃木県の宇都宮二荒山神社に行こう ー 凄い刀が展示されてるのだ -

2018-01-17 20:50:27 | 59号室 神社
栃木県宇都宮市の『宇都宮二荒山神社(うつのみやふたあらやまじんじゃ)』の展示物の紹介です。


拝殿の左側にある『二荒山会館』の中に展示されています。
まずは刀。
『刀銘 勝家』。



説明書き。
ガラス越しに撮ると刀身の迫力が伝わりにくいかもしれませんが・・・仕方ないっス。



『八咫圓鏡(やたのえんきょう)』。
八咫鏡っていうと、三種の神器のひとつとして有名ですね。
天照大神(あまてらすおおみかみ)が天の岩屋に隠れたとき、早く出てきてくれることを願って、石凝姥命(いしこりどめのみこと)が作った、っていう鏡です。
引きこもりの息子が部屋から出てくるようにとお母さんが作ったラーメンとは関係ありません。



説明書き。
読めるかな?



『鉄製の狛犬』。
これ、可愛いです(笑)。



説明書き。
戌年ということもあってか、この狛犬をモチーフにした御守りがありました。



宇都宮藩主の祖が関ヶ原の合戦で使ったとされる『翁兜(おきなかぶと)』。
確かに翁の頭のような装飾の兜だなあ。



こういう形の兜は初めて見たよ。
これがその説明。



これは刀剣を打つための原材料となる『玉鋼(たまはがね)』。
たたら製鉄で「鉧押し(けらお し)」によって直接製錬された鋼のうち、特に質が良いものに対して付けられた名称です。
炭素量1~1.5%の鋼で、強靭な刃物を作るのに最も適する化学組成をもっています。
不純物元素の含有量が極めて低いため、鉄鋼材料 として極めて純粋な素材と言えます。
・・・なので、高価です(-_-;)。



そしてこれが凄かった。
『戸田忠真奉納太刀(とだただざね ほうのうのたち)』。



宇都宮藩主が二荒山神社に奉納した太刀です。



刀剣男子に顕現したりはしませんが・・・。



奉納刀って、カッコイイものが多いです。



こういう展示物を見るのも楽しいです。
・・・無料ならね(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとだけ、むぎまる君 2018(4)

2018-01-16 21:35:38 | 1号室 むぎまる君の部屋
お疲れ、むぎまる君。


「あ、ひまだったら、かた、もんでよ。」
暇だけどさ・・・どこが肩だ?



頭を撫でるついでに、適当に撫でちゃえば・・・いいか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨夜のお酒 『ホワイトホース ローガン デラックス』

2018-01-16 20:39:27 | 5号室 プライベートバー
ブレンデッドスコッチウイスキー『ホワイトホース ローガン デラックス』のオールドボトルです。


『ホワイトホース ローガン デラックス』はホワイトホースの創立者の名を付けたデラックス品です。
12年熟成品ですよ。



おそらく海外で購入されたものでウイスキー特級の表示は無いのですが、1980年前半のボトルと思われます。
というのは、国内販売されていた当時の特級表示のボトルのラベルと同じだからです。



バックラベル。
蒸留所名と大まかな所在地が表示されています。



アルコール度数43%・容量1000ml。
ブレンドに使用している原酒は『グレンエルギン』、『ラガブーリン』、『クレイゲラヒ』などです。



個人的インプレッションは・・・。
甘い!後からくるスモーキーさと蜂蜜に包まれたような鋭い辛さが心地よい。
辛さはすぐに姿を消し、甘さとスモーキーさが後味に残る。
燃え残った炭、麦芽の匂い。
飲むほどにスモーキーさが強くなる。
嫌味の無い苦さ、栗の渋皮。
わずかにピスタチオのようなナッティーな味わい。



ホワイトホースは1979年以前は、ブレンデッドウイスキーの中では重厚な部類でした。
その当時はアイラモルトのラガブーリンの配合量が多かったためです。
それ以降はハイランドモルトのグレンエルギンの配合量を増やし、酒質を軽くしています。
このボトルの味わいを見ると、1979年以前のボトルかもしれません。
・・・まあ、あくまでも個人的な感想ですが。
非常に美味しいウイスキーです。
もしどこかで見掛けたら買いですよ~!!

↓ ホワイトホース ファインオールドのインプレッションはこちら♪
ホワイトホースと言ったらこれ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栃木県の宇都宮二荒山神社に行こう ータイムカプセルと限定御朱印ー

2018-01-15 20:31:54 | 59号室 神社
『宇都宮二荒山神社(うつのみやふたあらやまじんじゃ)』は栃木県宇都宮市の中心部、明神山(臼ヶ峰、標高約135m)山頂に鎮座しています。


ホントに中心部にあるんですよ。



宇都宮駅西口から徒歩15分程度です。



正式名称は二荒山神社ですが、日光の二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)との区別するために鎮座地名を付けて『宇都宮二荒山神社』と呼ばれています。



階段の途中に摂社・末社がありました。



おお?ここにタイムカプセルを埋めたそうですよ!



昔は宇都宮大明神などとも呼ばれたそうですよ。



おおお~??
参拝客がいっぱいだ。
まあ、1月だからな~。



祭神は『豊城入彦命 (とよきいりひこのみこと)』。
第10代崇神天皇の第一皇子で、天皇の命で東国を鎮めたとされています。



御朱印はあの二荒山会館の中で戴きます。



御朱印の待ち時間は10分程度でした。



御朱印、戴きました!!



こちらは本殿。
格子の隙間から撮りました。



『神酒授与所』がありまして、日本酒を盃で授与していました。
・・・私は日本酒は飲めません(-_-;)。



御神木はイチョウの樹。
神社のイチョウはどこに行ってもデカイね~。



阿の狛犬。



吽の狛犬。



そうそう、限定御朱印も戴いたんですよ。
日付が入っていない、画用紙ほどの厚みがあるものです。



拝殿の右手の方には神馬もありました。



神馬の後ろの方に、何だか魅かれる神社があったんですよ。
誰もいないけど。



『須賀神社』と『市神社』を合祀しています。
誰もいないせいか、何だか呼ばれたような気がしまして・・・・躊躇なく参拝してきました。



阿の狛犬。
可愛い??



吽の狛犬。
こういう狛犬は初めて見た~。
狛犬っていうか。シーサーみたいだぞ。



拝殿の左手には『明神の井』ってのがありましたよ。



詳しくはこれ読んで!!



『初辰稲荷神社』もありました。
もちろん参拝しましたよ。


参拝客が少ないときにゆっくり散策したいな。
個人的にはあの可愛い?狛犬を見に行くのがオススメです♬
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美味しいジェラート!ピスタチオ!

2018-01-14 17:01:23 | 13号室 学食
栃木県宇都宮市で、たまたま美味しいジェラートを食べたぞ!


抹茶じゃないよ。
ピスタチオのジェラートだよ。



栃木県宇都宮市の『ジェラート マスモ』の出店でした。
ピスタチオの味が濃くてメチャメチャ美味しいっ!!!



美味しいジェラートは寒くても美味しいのだっ♬
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東海七福神の品川神社に行こう!

2018-01-14 11:49:14 | 59号室 神社
品川神社(しながわじんじゃ)は、東京都品川区ある神社で元准勅祭社として東京十社のひとつです。


京浜急行新馬場駅北口から徒歩3分です。



東海七福神の一社として、大黒天を祀っています。



鳥居には龍が巻き付いています。
『双龍鳥居』といいまして、左の柱に昇り龍、右の柱に降り龍が彫刻されているんですね。
この双龍鳥居は杉並区の高円寺と馬橋稲荷神社にもあって、これと合わせて『東京三鳥居』ともいわれているそうですよ。
あ・・・階段、結構高いなあ。



やっぱり1月、参拝客が多いです。
金運アップのパワースポットだしね。



1187年に源頼朝が安房国の洲崎神社から、海上交通安全と祈願成就の守護神として、安房国の洲崎明神である天比理乃咩命を勧請して祀り、品川大明神としたのが始まりです。



1591年に徳川家康から5石の社領の朱印を受け、徳川家の尊崇する特別な神社として、社紋も徳川家の家紋の「丸に三つ葉葵」と定められました。



1600年、徳川家康が関ヶ原の戦いへ出陣の祭に品川神社を参拝して戦勝祈願し、祈願成就の御礼として『天下一嘗の面』・『葵神輿』などを奉納しました。
徳川家とは非常に縁が深いんですね~。



御守りやおみくじや絵馬は、拝殿の左側で授与しています。



おみくじや絵馬は、あそこへ。
人、いっぱいだなあ。



こう撮ると全く人がいないように見えるんだけどね。



『阿那稲荷社』もあるんですよ。
上社には『天の恵みの霊』、下社には『地の恵みの霊』が祀られています。
下社には『一粒萬倍の泉』があって、ここでお金を洗ったり、水を持ち帰ることで商売繁盛の御利益があると言われています。



こっちは『富士浅間神社(ふじせんげんじんじゃ)』。
この左側には『富士塚』と呼ばれる『富士山に模して造られた人工の山』があって、この富士塚を目当てで訪れる人もいます。
昔の人には富士登山をする機会があまりなかったので、この富士塚を登れば、富士山を登ったのと同じ御利益が得られると人気だったんだそうです。



こちらで御朱印を戴きます。
そんなに待たなくて良かった。



御朱印、戴きました!
品川神社と大黒天の二つの御朱印を戴くことができます。



これは300部限定の 東海七福神の色紙です。
御利益ありそうだから、フレームに入れて飾ろうかな。



あれ?思ったより階段高かったなあ。
階段の上から下を見下ろすのって、嫌いじゃないなあ。



旧東海道品川宿周辺にある全部で7箇所の寺社・仏閣を巡る東海七福神巡りもできます。
楽しみながらやってみるのもいいと思いますよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボタニカルキャンドルを作ろう! ー宇都宮 花キャンドル&ハーバリウム教室ー

2018-01-13 19:57:51 | 64号室 社会科見学
ボタニカルキャンドルは 、ドライフラワーやドライフルーツ、ハーブなどをワックスに溶かし込んだり装飾したキャンドルです。


今回は栃木県宇都宮市の『宇都宮 花キャンドル&ハーバリウム教室』でボタニカルキャンドル作成体験をしてきました!
これは教室の先生が作られた、私たち体験者にとっては見本になるものです。
凄く綺麗だ~!
つい、見とれてしまいましたよ・・・。



こちらは先生のペットのビーグル犬。
相変わらず動物にはモテる私。



さてさて、体験開始♪
まずは自分が使いたいキャンドルの色を決めます。
空と水のイメージで作りたかったので、水色のキャンドルを選びました。



キャンドルを型になる容器のほぼ中心に置きます。



ここからは今回の自分デザインのキャンドルを作った手順で紹介します。
まあ、自分デザインとは言ってもほとんど場当たりデザインですけどね~(笑)。
最初にグリーンのモスをキャンドルの底に詰め込んで、キャンドルを固定しちゃいます。
そうするとキャンドルが安定して、隙間に部材を詰めるのが楽なんだな~。
そしてトウガラシを配置して、デザインのバランスをここで大まかに決めちゃいました。
素人なので、こういう線引きをしちゃうと何となく安心して進められるんですよ。



部材については事前に教室に連絡をして、持ち込みの許可を戴いています。



トウガラシの間にドライフルーツのブラッドオレンジの輪切りを詰めたり・・・。



こんな可愛いドライフラワーを詰めたりします。



部材が壊れないように詰めるのが難しい。
厚みのあるこのドライフラワーは、裏側をハサミで切り落として厚みを薄くして詰め込みました。
ドライフルーツも邪魔になる出っ張りはカッターで切り落としました。



そしてキャンドルの最上部には、持ち込んだウサギフィギュアを配置!
ガチャで手に入れたものです。
これでデザインは完成♬



フィギュアを使う場合には大きすぎない物で、ロウの熱さで変形しないものを選ぶことが大切です。



先生がキャンドルと型の容器の間に流し込むロウを溶かしてくれています。



左の溶かしたロウを右のキャンドルの型の容器に流し込みます。



なるべくキャンドルの中央に流し込むのがポイント。
結構ドキドキですよ。



流し込むとこうなります。
これを先生が冷蔵庫で冷やして固めてくれます。
固まるまで15~20分ぐらいだったかなあ。



ビーグル犬は・・・飽きたのか、遊んでもらえないからなのか、寝ちゃいました(笑)。



固まったキャンドルを型から抜いて完成!
逆さにして容器の底を押すと、簡単に抜けますよ。
簡単に、とは言っても、キャンドルを容器に入れる前に先生がスプレータイプのオイルを容器の内側に噴霧してくれていました。



うんうん、上手くできたんじゃないかな??



小さなドライフラワーが壊れずに固定できたのが嬉しい♪



よし、空と水と自然のイメージが表現できたような・・・気がするね!



所要120分。
これはとっても楽しかった!!
先生は親切だし、優しいし☆
この体験、すっごくオススメです!!

↓詳しくはこちら!
宇都宮 花キャンドル&ハーバリウム教室
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加