うさぎ学園 多趣味部

学長でウサギのむぎまる君・ZIPPO・ウイスキー・旅行・釣り・・・今日も全力で遊びます!

ZIPPOコレクション 69・スペシャル

2015-01-31 21:01:23 | 4号室 ZIPPO保管室
あれほど言ったのに・・・結局買っちゃうんだ(笑)。


ディアゴスティーニのZIPPOコレクションです!創刊号は1999円。安いからね。
だって1999円で新品のジッポーってなかなか買えないし。



ジッポーはこんな感じに収納されています。
ちなみに、私がかった本屋さんには14冊ありました。同じデザインのジッポーが14個も売ってるなんて、なかなか見られる光景じゃないですね(笑)。



パンフレットはこんな感じです。詳しくは買って読んでみましょう!



ポスターも付いていますよ!折り目は邪魔ですが・・・結構大きいので、部屋の壁に貼ると楽しいかも。



創刊号のジッポーは「フロレンティーン」です。



表面は輝きを抑えたサテン仕上げです。フロレンティーン柄が綺麗ですね。



裏面は無地です。



今回のジッポーは現在でも人気のあるモデルのひとつ、フロレンティーンの限定モデル、ということです。



フロレンティーン・モデルのエッチングが綺麗です。



2014年9月の製品です。



今回の「秘められた”Z”」はここかっ?
ほら、ボトムケースとリッド(蓋)の切れ目とデザインの斜線を繋ぐと・・・。


1974年頃のフロレンティーン・モデル。いわゆる「ベネチアン柄」ですね。



過去のフロレンティーン・モデルと今回のフロレンティーン・モデル。どれも綺麗ですよね!



これだから、ZIPPOコレクションはやめられない!!
始めませんか?ZIPPOコレクション!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨夜のお酒 ボウモア12年

2015-01-30 21:07:55 | 5号室 プライベートバー
個性の強いシングルモルトスコッチウイスキーです。


アイラモルトです。シングルモルトウイスキーとしては安価な方で、3000円前後で手に入ります。



しばらく前にボトルデザインが変わって、こんなチビTみたいなラベルになってしまいました。コストダウンかな・・・。個人的には変更前のラベルの方が好きです。



ラベルがあまりにも簡素化されてしまうと・・・なんだかつまらなくなっちゃいませんか?ラベルデザインも味のうち(っていうか雰囲気かな)って考えるのは、私だけかな?



封はこうしてナイフで切ります。もう、このブログではお馴染みの封の切り方ですね(笑)。



こう切れば、ボトルがたくさん並んだときに、とても綺麗に見えます。もちろん一本だけでも、好きな人が見たら「おっ!」って思いますよ(笑)。



硝煙の匂い、腐葉土・・・アイラモルト独特のピートの香りです。その香りのせいか、鮭とばやイワシの缶詰などもおつまみとして合いますよ。
汁を切ったイワシの水煮の缶詰に少量の塩と唐辛子を振ってレンジでチンすると、美味しいおつまみになりますよ!



たくさん飲むお酒じゃないけれど・・・バランスが良くてとても美味しいですよ。
「アイラモルト好きはボウモアに始まりボウモアに終わる」なんて言葉があるぐらい。



12年物のシングルモルトウイスキーでこの価格なら・・・ねえ。
飲んでみませんか?
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ココ・ノラのドリア

2015-01-29 19:22:28 | 13号室 学食
私のブログではお馴染みになってきた「coco・nora」です。


ビーフドリアセットです。ここはドリアも美味しいんですよ~!



これこれ♪アツアツで目茶苦茶美味しい!中に隠れてる牛肉の塊が大きくて軟らかくて最高なんです!



定番のタマゴスープとデザート。どちらも美味しいですよ~!



広い駐車場の隅にあるウサギマンションのウサギ様たち。今日も元気です。



そうか~。やっぱり冬は白菜かあ。



むぎまる君は、あまり白菜は好きじゃないんだけどなあ。



食事に悩んだら、栃木県足利市の「coco・nora」に行ってみましょう!
後悔しませんよ。
足利フラワーパークの近くです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨夜のお酒  ニッカ・竹鶴 ピュアモルト

2015-01-28 19:00:48 | 5号室 プライベートバー
ついに登場!


NHKの朝の連続ドラマ「まっさん」のモデルになった、竹鶴政孝が創設したニッカウヰスキーの「竹鶴 ピュアモルト」です。



ラベルには「竹鶴政孝」が描かれているんですね。



説明書き、全部読めるかな?
アルコール度数43%、容量500mlです。スタンダードボトルって、一般的には700~750mlなので、随分少ないですね。ただ、ボトリングの容量を少なくすることで、販売価格を調整してるのかな、って感じます。
スーパー、コンビニで普通に買えますよ。



スクリューキャップをフィルムで巻いている封です。



これもナイフで開封しますよ。



そうすると、こうなります。下の矢印の部分から剥ぎ取るよりも、見た目がずっと綺麗になります。



かなり香り高いウイスキーです。甘く、フルーティーで飲み易いです。後味はちょっと辛いので、好みは分かれるかもしれません。のどの奥にちょっと苦い感じが残りますが、それほど気にしなくてもいいかな?



ストレートではちょっと重い味わいなので、トワイスアップ(ウイスキー:水=1:1)で飲んでみたんですが・・・単純に味も香りも薄まりました。そこに苦みだけが強くなるので・・・トワイスアップや水割りはやめた方が無難です。
あ、散らばってるのは昭和24年の一円硬貨です。竹鶴政孝が生きた時代のものですよ(笑)。



重い感じのジャパニーズウイスキーを飲みたい、っていう人には飲み飽きないウイスキーだと思いますよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPPOコレクション 68

2015-01-27 19:01:03 | 4号室 ZIPPO保管室
ディアゴスティーニのZIPPOコレクションは買わないのか・・・って?


「Zip me」って書いてあるだけのジッポーです。



要するに「私に火を付けて」かな(笑)。



裏面は無地ですよ。クロムメッキのブラシ仕上げ(ヘアライン仕上げ)です。



中古で1580円でした。最近、この値段ではなかなか中古ジッポーが買えなくなってきたなあ。



2008年5月の製品です。



元々は煙草に火を付けるために「風で消えない」ライターっていうことで開発されたものですが、煙草を吸わなくても、キャンプや釣り、その他のアウトドアシーンで焚き火等に火を着けるために重宝します。
実際に使わなくても、「火を着ける道具」としてコレクションするのって楽しいじゃないですか!



ディアゴスティーニの「ZIPPOコレクション」についてなんですが・・・私は買いません。多分(ホント、多分ね)。
80回まで続くそうで、定期購読すると35回目でジッポーコレクションケースが無料で貰えるそうです。
(35回目まで待てない、っていう人は自分でコレクションケースを作ってみましょう。このブログのカテゴリー「3号室 趣味の技術室」で作り方を紹介しています)
とっても魅力的なコレクションなんですが、隔週発売で3499円っていうことは月に約7000円掛かるんですね(創刊号は1999円)。これからコレクションを始める人にはとても楽しくて、発売が毎回楽しみになると思いますし、素晴らしいコレクションが出来あがると思います。終了までに3年4カ月と278,420円掛かりますが、これはコレクションとしては当然です。
個人的な問題はそこではなくて・・・このディアゴスティーニのZIPPOコレクションにお金を掛けてしまうと、他に気に入ったジッポーを見付けた時に買えなくなってしまうんですよ(泣)。今までZIPPOコレクションを続けてきた私としては、これが非常に痛い(泣)。
そんなワケで、部長はこのディアゴスティーニのZIPPOコレクションは買わないのです。
これからZIPPOコレクションを始めたいという方、ディアゴスティーニのZIPPOコレクションはなかなかいいと思いますよ!

ホントは買いたいんですよ・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭で野鳥を見てみよう

2015-01-26 20:13:27 | 11号室 バードウォッチングフィールド
冬になって木々の葉っぱが落ちて、更にエサが少なくなってくると・・・私の庭は賑やかになります。


梅の枝の中でチョコマカ飛び回ってる「メジロ」。やっと撮れた一枚です。
だって・・・枝が邪魔で(汗)。



エサ台にヒマワリの種を置けば来てくれる確率が非常に高い「シジュウカラ」。ハトエサに混ざってるベニバナの種もよく食べますが・・・先にキジバトに食べられちゃうんだよね。



冬になると大群で渡ってくる冬鳥の「ムクドリ」。エサ台にはフルーツを置かない限り、ほとんど来ません。でも、エサ台周辺に野鳥が集まると、何故かやってきます。賑やかだと安心するのかな?
私の庭では、地面に降りて虫をあさっています。農薬使ってないからね。



こちらも冬鳥、「シメ」。ムクドリよりちょっと小さいぐらい。スズメよりはずっと大きいです。食べるものがシジュウカラとかぶるので・・・シメがエサ台にいる間はシジュウカラは来ません。だって、シメ、強いもん。



よく見ると、ピーナッツをくわえてます(笑)。



エサ台ではケンカしないで仲良くね、って・・・無理かあ~。いつもバトルだもんなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シジュウカラはピーナッツが好き

2015-01-25 13:11:48 | 11号室 バードウォッチングフィールド
賞味期限切れのピーナッツをエサ台に置いたら・・・来てくれました!


シジュウカラ(四十雀)はスズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属で、スズメよりも小さいです。留鳥で、一年中見られますが、虫が多い季節は芋虫や毛虫などを中心に昆虫類を食べています。



冬は植物性油脂を好んで食べます。ナッツ類やヒマワリの種などの油脂が多いエサをエサ台に置くと来てくれますよ。ピーナッツやクルミなどは殻を割ってあげましょう。



足で押えて、一生懸命食べます。これが可愛いんですよ(笑)。



ヒマワリの種は殻付きのままでエサ台に置いても、上手に殻を割って食べます。



ペットショップでは殻剥きのヒマワリの種も売ってますが、エサ台に置く場合は殻付きの方がいいですよ。殻が剥いてあると、シジュウカラが食べる前にヒヨドリに全部食べられちゃいます。



騒がしいエサ台から離れた場所でのんびり食べています。



庭やベランダにエサ台を置いて、野鳥を呼んでみませんか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イチゴを買いに行こう! 栃木県小山市の「道の駅思川(おもいがわ)」

2015-01-25 10:22:55 | 7号室 旅行代理室
佐野プレミアムアウトレットに行ったついでに、ちょっと遠回りして栃木県小山市の「道の駅思川(おもいがわ)」に行ってきました。


結構大規模な道の駅です。



地元の野菜とかご当地のお菓子とか特産物がたくさんありますよ~!



ご当地のお菓子・・・って、ああ、宇都宮市は栃木県だからここでも売ってるんだ(笑)。
宇都宮餃子せんべいに亀田の柿の種「ギョーザ風味」(あれっ?宇都宮限定って書いてあるのに)。
とにかくたくさんの種類のご当地お菓子がありました。



これは小山市の特産品の「おやま和牛」。・・・高い(汗)。でも美味しそう!



おっ?川魚の佃煮だ!ラムサール条約で盛り上がってる渡良瀬遊水地(わたらせゆうすいち)で獲れた魚を佃煮にしてるんですね。
これは「ホンモロコ」。どんな魚か、については・・・2014年11月2日のブログ「五目釣り!」で紹介していますよ(笑)。



イチゴ発見!「とちおとめ」と「スカイベリー」だ!



こっちは「とちおとめ」。栃木県っていったらこの「とちおとめ」が有名でしょ~。



高価なイチゴ、「スカイベリー」!高いぞ!だけどすっごく甘くて美味しいぞ!



いちご大福もありますよ。このいちご大福、美味しいです。



ほら、美味しそうでしょ~。イチゴ丸ごとですよ。



イチゴが美味しい季節です。
ちょっと、行ってみませんか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐野プレミアムアウトレットは栃木県です

2015-01-24 15:47:54 | 7号室 旅行代理室
ネットで、半期に一度のバーゲンが25日(日)までだと知りまして・・・行ってきました。


東北自動車道の佐野藤岡インターが近いので、交通の便がいいですよ。
で・・・今回はお出迎えがこれ(笑)。誰かが落としていったのを、誰かがここに置いたんでしょうね。
スタンダード仕立てのローズマリーの上に、ビーズのウサギが置かれていました(笑)。



お店が開店する3分前に到着したので、まだお店が開いていません。とりあえず待つか、ってことで「ゴディバ」に並んで・・・セール品のチョコレートを買いましたよ。



初売りと比べるとお客さん少ないなあ。これぐらいの方がショッピングは楽だけど・・・セールも終盤になるとこんな感じになるんだなあ。



個人的には眺めているだけで満足の「G-SHOCK」。最近「シャア専用G-SHOCK」が話題になってますね~。



「エディーバウアー」。メンズウェアってどうしてセールでもあんまり値下がりしないの?っていうのが典型的に表れてました(泣)。



写真だけ撮って、寄るのを忘れた「エドウィン」。



今回も30%OFFやってました「COACH」。この写真はメンズのショップです。
財布が欲しかったんですが・・・やっぱり高くて無理でした×。



春物のセーターを一着、買ってきました。
次のセールにまた来よう(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨夜のお酒 「ロードパーキンス」

2015-01-23 23:07:49 | 5号室 プライベートバー
ハイランドモルトを中心にブレンドされたブレンデッドスコッチウイスキー です。


処分価格で680円で買いました。もともと1000円前後の安価なブレンデッドスコッチウイスキーですが、更に安く手に入れましたよ。



ラベルは結構立派で、なかなかいいデザインですよね。私は好きですよ。



アルコール度数40%、容量700mlです。



まず強烈なアルコール臭。保健室のにおい。プラスチックのようなにおい。
辛くて舌先が痛い感じ。そのあとに苦み。モルト感をほとんど感じません。グレーンウイスキーに、ほんのちょっとだけモルトウイスキーをブレンドしたのか、深みがありません。
後味も落ち着かない雑味ばかりで、多めに飲んだらすぐに飽きそうな感じ。



シングルモルトウイスキーを自分でブレンド(5%ぐらいずつ)して飲むにはいいウイスキーです。モルト感がほとんど無いので、特徴が感じられないのを逆手に取って、「(ほぼ)グレーンウイスキー」として使えば、美味しいマイブレンドが出来ます。
ちなみに、「サントリー・白州」は良く合います。更に「アードベッグTEN」をブレンドすると深みが増します。
「タリスカー10年」だけをブレンドすると、非常に飲みやすく美味しくなります。「ボウモア12年」も合いますが、甘いモルトを足した方がいいですね。
「アベラワー10年」だけでも合いますが、更に「クラガンモア12年」を足すと美味しくなります。
一番飲みやすかったのは「グレンリベット12年」を10%ぐらいと「アードベッグTEN」を2%ぐらいブレンドしたもの。これはオススメです。



水割りやロックは・・・個人的にはオススメ出来ません。苦くてイガイガします。
もし手に入れたら、是非、ブレンドベースとして楽しんでみて下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スズメって、保護色なんです

2015-01-22 18:29:40 | 11号室 バードウォッチングフィールド
気付かない人が多いんですが・・・スズメの身体の色って、保護色なんです。


冬の寒さをしのぐために、羽毛に空気をため込んでプックリ膨らんだスズメ。



可愛いですよね~。でも、この写真だけじゃ保護色だなんて「?」ですよね~。



そこで・・・撮ってみました、落ち葉の中でエサを探すスズメ。ここからの写真はそれぞれ2羽写ってますよ。



こうなると、スズメが飛び立たない限り、近付いても気付かないかも。



地面に降りてエサを探すことが多いスズメにとっては、上空からの視線を遮る木々に葉っぱが無く、身を隠す草も無い冬場には天敵から身を守る手段なのかもしれないですね。


とっても身近なスズメを、こんな見方で観察するのも楽しいですよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昼間の月

2015-01-21 20:40:04 | 0号室 メイン部室
2015年1月10日に撮りました。
・・・つまり、今日まで撮った事を忘れていたってことですね!


月齢20.1(正午基準・月齢カレンダーより)です。
ISO感度400、シャッタースピード 1/500です。500mm超望遠を使って撮りました。



「月齢」は、月の満ち欠けを表した数字で、新月(しんげつ:月のない夜)から何日過ぎたかを表しています。新月を0と数えて、翌日が1、二日後が2、・・・と、1日に1ずつ数が増えていきます。15前後で満月、30に近い数字なら次の新月が近い、っていうことになります。
あとは新月の瞬間の時間から数えての時間単位で24時間で割れば、小数点が付く・・・っていう感じです。
面倒なことはともかくとして・・・朝や昼間の月もなかなか風情があると思いませんか(笑)?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPPOコレクション 67

2015-01-20 18:58:40 | 4号室 ZIPPO保管室
デザインコンセプトがイマイチはっきりしないジッポーって、結構ありますよね。


もともとはハイポリッシュ仕上げだったと思います。使い込んでますね~。
狼がデザインなんですが・・・ただそれだけなのかな。



裏面は無地です。使い込んだ後の色合いを見る限り、シルバープレート(銀メッキ)のようです。



インサイドユニットは綿棒を使って掃除すると綺麗になりますよ。



2010年10月の製品です。割と最近のジッポーですね。左上に打痕がありますが・・・落とさないように気を付けていても、あっ!、ってやっちゃうんですよね~。
大切に使っていたのに落として凹んでしまうと、自分もかなり凹んでしまいます。
ジッポーには永久保証が付いていますが、こうした凹みは直せません。



最後にデザインを正面から。もしかしたら何種類かあるシリーズ物のひとつなのかも。



最近、私が時々行くリサイクルショップでは、ジッポーの買い取りを強化しますっていうPOPが出ていたり、中古ジッポーが数倍に値上がりしていたり・・・。
1500円前後だった中古品が、ある時を境に4500円とか(驚)。さすがに買えませんよ(汗)。価格帯が上がってしまうと、もうそのお店には行かなくなってしまいます。
この現象、私のせいじゃないよね(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニチュアボトルコレクション 「オールド・スマグラー」

2015-01-19 20:51:47 | 38号室 ミニチュアボトル保管室
マイナーなウイスキーなので・・・もう現存数もかなり少ないんじゃないかな?


ブレンデッドスコッチウイスキーの「オールドスマグラー」です。
「年老いた密造者」っていうネーミングのウイスキーですよ。



製造元はJ&Gストダート社。ジェームスとジョージの兄弟が1835年に設立した会社で、ブレンドしたウイスキー(当時はモルトウイスキーとグレーンウイスキーのブレンドではなくモルト同士をブレンドしたヴァッテッド・モルトウイスキー)をシェリー樽で後熟させるっていう方法を考えたのは、この兄弟だ、っていう説があります。
原酒はスペイサイド・モルトの「グレン・バーギー」をメインモルトにしています。



アルコール度数43%、容量はなんと30ml!少なっ!
これも販売当時の酒税と販売価格の見合う容量なのか・・・。1970年代のボトルです。



密造者の増加=酒税の増加。
酒の密造者は捕まったら命がヤバかったそうですが、はたして密造者が悪かったのか、ありえないような額の酒税が悪かったのか。
・・・おのれ、酒税め。
でも密造者がいなかったら、ウイスキーをワインの樽に詰めて隠して勝手に樽熟成される、なんてことは無かったのかもしれませんね。ってことは現在の熟成方法も・・・???
こんな事を考えると、ウイスキーを飲むのが楽しくなってしまいます(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウイスキーのおつまみ ゴディバのチョコレート

2015-01-19 18:36:46 | 16号室 おつまみ屋
ちょっと・・・いやいや、個人的にはかなり贅沢なおつまみです(笑)。
でもね、栃木県の佐野プレミアムアウトレットで買ったので、格安でした(笑)。


ウイスキーにチョコレートって、凄く合うんですよ!
これを知らない人にオススメすると、大半は「え~っ。」ってなりますが(笑)。



こんなに一度に食べられないので・・・ちょっとずつね。一晩に2個がちょうどいいかな~。
貧乏性な部長です。



ホントに合うの~って、ほら、チョコレートに洋酒が入ってるのって多いでしょ。
こういう撮り方だと、ちょっと味気ないかな?



これなら雰囲気アリアリですね。
飲む時の雰囲気、大切にしています。



おつまみにチョコレート、試してみませんか?
部長的には「カカオ70%」がオススメです!
だって・・・ゴディバ、高いし(汗)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加