うさぎ学園 多趣味部

学長でウサギのむぎまる君・ZIPPO・ウイスキー・旅行・釣り・・・今日も全力で遊びます!

趣味の技術 ジッポーコレクションケースの作成方法

2014-07-21 13:10:59 | 3号室 ZIPPOメンテナンスルーム
ジッポーライターのコレクションケースは、なかなか手頃なのが売ってないので・・・自作します。
必要なものはボックスフレーム・ウレタンシート・定規・カッター・赤ボールペン・両面テープです。


まず、「ボックスフレーム」を準備します。これはA3サイズのフレームで3200円でした。深さは35mmです。



「ウレタンシート」を2枚準備します。45センチ×45センチで厚みは7mmです。一枚500円。



まずはフレームの大きさに合わせてウレタンをカットします。45センチの定規と赤いボールペン、カッターが必要です。



カットしたウレタンシートを両面テープでフレームの背板に貼り付けます。



フレームを合わせてウレタンシートの大きさを確認します。



もう一枚のウレタンシートにジッポーの大きさに合わせて線を引きます。55mm×38mmが丁度いいです。ジッポーをはめ込んだ時に抜け落ちません。



カッターで切り抜きます。



全て切り抜いた状態。A3サイズで30個入るケースが出来ます。



仕切りになる部分に両面テープを貼ります。



ボックスフレームの背板に張り付けたウレタンシートに重ねて貼り合わせます。ずれないように注意、注意。



実際にジッポーをはめ込んで切り抜いた枠の大きさを確認します。微調整が必要な部分はここで慎重に調整します。



完成!こんな感じの出来上がりです。結構いい感じでしょ(笑)。



制作に掛かった時間は3時間。ウイスキー飲みながら作ってたからね(笑)。
ジッポーのコレクションケースは、販売しているのを見付けても・・・高価です。製作費4200円でこれを作れば、市販品の3分の1ぐらいの金額で収まりますよ。
この作り方ならナイフ・ミニカー・万年筆・アクセサリーなど、お気に入りの宝物の専用ショーケースを作る事ができますよ。はめ込んだものが抜け落ちないよう、はめ込み部分がきつめになるように切り抜くのがコツです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昼食は美味しい蕎麦 | トップ | スワロフスキーコレクション »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

3号室 ZIPPOメンテナンスルーム」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事