うさぎ学園 多趣味部

学長でウサギのむぎまる君・ZIPPO・ウイスキー・旅行・釣り・・・今日も全力で遊びます!

そうだ、江ノ島に行こう!(その7) -洞窟の神龍-

2017-10-16 19:21:49 | 59号室 神社
江島神社の奥津宮から海に向かいます!


ああ、海っていいなあ。
ここは『稚児ヶ淵』。
これから『岩屋』に向かいます。



あ~、釣りをしてる人がいっぱい・・・。
いいなあ。
釣りしたいなあ。



この通路の左奥に岩屋があります。



岩屋に下りて行きますよ。
洞窟は富士風穴とか鳴沢氷穴以来かな・・・。



洞窟内部・・・両壁に展示されているのは江ノ島の自然や歴史・・・的なもの。
暗いから読みにくいし・・・いらなくね?



水たまりの中で輝いてるのは『与謝野晶子の歌碑』。
「沖つ風 吹けばまたたく 蝋の火に 志づく散るなり 江の島の洞」
と書かれています。



ここは、第一岩屋で奥行152mあります。
中は二手に分かれています。
途中で行灯(あんどん)を貸してもらえます。
絵柄は3種類。
蝋燭の火で周囲を照らしながら歩きます。
・・・風情があるねえ。



とにかく暗いです。
天井が低い部分があるので頭上注意。
すれ違う人がリアルに頭をぶつけていました・・・。



この奥に穴があるんですが・・・。



上手く写りませんでしたが、この穴は富士山の氷穴に繋がっている・・・っていう伝説があるんですよ。
これが二手に分かれているうちの片方の突き当り。



こっちはもう片方の突き当り。
江島神社のルーツになる場所だそうです。
552年にここに鎮座されました。



珍しいのはこの狛犬!
なんと、子供を抱いて乳を与えています。



一度、第一岩屋を出ます。
ここから先にある『第二岩屋』に向かいます。
通路の左奥の方に行きますよ。



第二岩屋は奥行き56m。
奥には凄いのがあるんだよ~。



これ。
神龍(シェンロン)。
青く輝いてるな~なんて思ってたら・・・。



緑になるのね。
なんじゃこりゃ~って飽きれて見てたら・・・。



紫色になったよ。
なんか意味があるのかな(-_-;)。
てか・・・これ、いる?



フラッシュ撮影したら・・・チープな神龍が現れちゃいました。
なんかドラゴンボール持ってるし。
七つ集めるから・・・クリリンを生き返らせてくれっ!!
ヤムチャは・・・いいや。
だって手を合わせれば願い事が叶うって書いてあるんだもの。



次回、タイドプールで遊んで帰ります。
お楽しみに!
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そうだ、江ノ島に行こう!(... | トップ | そうだ、江ノ島に行こう!(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

59号室 神社」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。