うさぎ学園 多趣味部

学長でウサギのむぎまる君・ZIPPO・ウイスキー・旅行・釣り・・・今日も全力で遊びます!

ZIPPOコレクション 94

2017-07-14 20:57:14 | 4号室 ZIPPO保管室
あまり目立たないデザインのジッポーにもイイモノあるんですよ~。


地味なので、ショップで見掛けてもスルーしそうなデザインですね。



ヘアライン仕上げ(サテン仕上げ)で、裏は無地です。



中古で手に入れたものなのでインサイドユニットは綺麗ではありませんが・・・バーボンを飲みながらメンテナンスするのも楽しみのひとつです。



サイドはミラー仕上げ(ハイポリッシュ仕上げ)。



デザインは・・・よく見ると男性がオルガンを弾いています。
『WORLD WAR Ⅱ(第二次世界大戦)』の文字がありますが・・・和訳すると面白いですよ。



1989年2月の製品です。
80年代以前のジッポーは手に入る機会が少なくなってきてます・・・。



オールドジッポーは「見付けたら買い」がコレクターの鉄則ですよ~!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPPOコレクション 93 スペシャル

2017-06-20 21:01:28 | 4号室 ZIPPO保管室
今回紹介するジッポーはかなり古いヴィンテージ品です。


ミリタリージッポーです。
ミリタリーものは不変の人気があるようで・・・なかなかビンテージ物の入手は困難です。



両面エッチングのデザインです。
かなり変形してますが、お気に入りです。



戦艦ですね。
『U・S・S・AULT DD690 』。



真鍮にクロムメッキなんですが・・・メッキが剥がれて下地の真鍮が見えています。
ポンコツじゃん、なんて言わずにこういう経年変化を味わいとして楽しむのがジッポーコレクションの王道ですね~。
だって、新品で手に入れられる機会なんてそう無いもんね。



リッド(蓋)には・・・以前の持ち主のサインかな?
手彫りですね。
この下手ッピ感がいい(笑)。
きっと、以前の持ち主はこのジッポーを大切にしていたんだと思います。



5ヒンジ。
現行品と同じです。



かなり汚れていますが、フリント(発火石)を入れればしっかり着火します。
フリントホイールがツルツルのものもあるので、これは運がいいです。



インサイドユニット。
かなり擦れていますが、MADE IN ZIPPOの刻印がありますよ。
カムの下のカム・スプリングが健在で、リッドを開けたときに”カキン!”っていい音がします。
これ、大切!
(但し、インサイドユニットだけ後から交換されているかもしれません)



フェルトパットが真っ黒になるまで使い込むって、なかなか出来ないことですよ~。



リッドのヘッドはボコボコ。
何度も落としたんでしょうね。
それでもこうして存在しているっていうのは、大切にされていた証です。



1958年の製品です。
現在2017年なので・・・59年前のジッポーってことになりますね。



古いジッポーは高価ですが、運が良ければリサイクルショップなどで格安で手に入る場合がありますよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPPOコレクション 92

2017-04-18 21:12:45 | 4号室 ZIPPO保管室
明治大学在籍及び卒業生必見のジッポーです!


大学がオリジナルジッポーを作る・・・そんな時代があったんですねえ。
今じゃ考えられないな。
作られた経緯は分かりません。



『STUDENT OF Meiji UNVERSITY』の刻印があります。
これは珍品ですよ♪
裏面は無地です。



クロムメッキのハイポリッシュ(鏡面仕上げ)です。
中古で手に入れました。



1990年9月の製品です。



こういうジッポーって、楽しくていいなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPPOコレクション 91 ベトナムジッポー・スペシャル

2017-02-01 19:09:32 | 4号室 ZIPPO保管室
2回目のベトナムZIPPOです。
1回目は『ZIPPOコレクション 15』で紹介しています。


ベトナムジッポーは、アメリカがベトナムに本格介入した1962年~1975年4月、南ベトナム大統領が政府軍全将校への即時停戦命令を発した期間、戦場にいたアメリカ兵が実際に使用していたZIPPOライターです。

ベトナムジッポーは人気が高いため、偽物が数多く存在します。
どんな偽物があるのかというと・・・
ライター自体がZIPPO社の製品でない完全な偽物
ZIPPOタイプ、と言われるオイルライターに「いかにもベトナム」みたいな、それらしいデザインが彫ってあったりするもので、専門誌からデザインをパクッているものが多いので、完成度は・・・マヌケなものもあります。

ZIPPO自体は本物、こいつが厄介です。
1962年~1975年当時に生産された無地のZIPPOに専門誌などに掲載されたデザインをパクッてエッチングしたもの。
さらに古さや使用感など、リアルさを出す為に踏んだり叩きつけたりしていたりします。こうなるともう判別は神業に近くなりますね。

他に、ベトナムジッポーの流通年代よりも本体のジッポーが新しいもの(最近のジッポーをベースに作った偽物)、そもそもベトナムジッポーとしてデザインが無かったものを用いて作った偽物、など様々です。
インサイドユニットが偽物の場合もありますが、使用当事に壊れて交換したものもあるようです。
極端に安価で販売されているベトナムジッポーは注意したほうがいいかもしれないですよ。


で、今回紹介するこれの真贋はまあ、置いといて・・・(とはいえそれなりの確認はして、本物だと確信はあるのですが)


表側。・・・読めません(汗)。



裏面はベトナムジッポーに多いデザインの「中指を立てている絵柄」に「尻」。



1964~1965年に製造された(ベトナムでエッチングされた)ジッポーです。



偽物のインサイドユニットを入れているものも多いんですが、これは本物。
ZIPPOの刻印が見えます。
ただ、かなりこすれて薄れているので、光の加減では見えなくなります。



発火石(フリント)を入れるフリントチューブの下、フリントスクリューの形が近代の物とは違っています。
もしかすると壊れて交換修理しているかも。



インサイドユニットの風防が凄いです。
買うときには「ああ、劣化して崩れちゃったんだな」って思ったんですが・・・とんでもない。



これ、以前の持ち主が意図的に切っています。
なるほど、こうして『何か』に火を着ける際に使いやすいように切ったんでしょうね。
古いジッポーは、こういう物語的なものが見れるのがとても楽しいです。



刻印は1963年製。
しかし、刻印は非常に判別しにくいです。



この時代の刻印は、ロゴの左右に小さな点が打たれています。
その点の数で年代を識別しています。
この写真はその刻印の一例です。



10倍の拡大鏡を使って撮影しました。
ロゴの左に点が二つあります。



右側はRの上に点が一つ。
・・・で、1963年製のジッポーだと判別できました。



ヒンジは5個。



とにかく錆びていますが、これは磨かないほうがいいです!



錆びのそのままを楽しみましょう。



たくさんZIPPOを持つと、ひとつはベトナムZIPPOを持ってみたくなるものです(笑)。
・・・多分(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPPOコレクション 90

2017-01-18 18:58:31 | 4号室 ZIPPO保管室
蚤の市でゲットした新品のジッポー第4弾です。


人気が高い仮面ライダーのデザインのジッポーです。
今回は「仮面ライダー1号」!
定価は10,500円・・・このシリーズのジッポーは高いな・・・。



『ZIPPOコレクション 88』の仮面ライダーV3と同じように、裏面には『東映承認済』のシールが貼られています。



仮面ライダーV3と同じく、かなり厚みのあるのメタルが貼られています。
重いですよ。
使う人にとっては嬉しい重量感。



2004年9月製造の製品です。



仮面ライダーの人気は永遠なのか・・・。
ネットオークションなどでかなりの高値で取引されています。
安く販売されているのを見掛けたら、即買いですよ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPPOコレクション 89

2017-01-04 11:16:51 | 4号室 ZIPPO保管室
ジッポーファンの方、お待たせ致しました!しばらくぶりのZIPPOコレクションです。


1300円で買った中古ジッポーですが・・・デザインは「キャメル」。



アウトサイドユニットはソリッドブラス。
裏面は無地です。
ブラスのジッポーは触るとどうしても色がくすんでしまうんですが、そんな時は綺麗に磨く方法があります。
このブログの「3号室 趣味の技術室」の中で「ジッポーを磨く」という題名でその方法を紹介していますので、気になる方は覗いてみてください(笑)。



キャメルはラクダのこと。でもこのキャメルは煙草の銘柄です。
キャメル・トロフィー「CAMEL TROPHY」はそのキャメルが主催の過酷なアドベンチャーラリーです。ラリーレースなので最終順位はあったんですが・・・賞金も賞品もない、名誉を獲得するためのレースでした。
2000年を最後に、このキャメル・トロフィーの開催は無くなりました。



エンブレムプレートの厚みはそれほど無いです。
ポケットの中で邪魔にならないぐらいです。



インサイドユニットはスタンダード。
中古にしては綺麗です。
綿棒とアルコールを使って掃除をすると綺麗になりますよ。



1993年7月の製品です。
私はローマ数字を使用していた年代以前のジッポーが好きなんですよ。



中古でしか手に入らないジッポーも多いので、リサイクルショップなどを覗いてみるとイイモノに出会えるかもしれませんよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPPOコレクション 88

2016-08-02 19:47:36 | 4号室 ZIPPO保管室
蚤の市でゲットした新品のジッポー第三弾です。


人気が高い仮面ライダーのデザインのジッポーです。
今回は「仮面ライダーV3」ですよ!
定価は10,500円・・・まともに買ったら財布が泣きそうだ・・・。



裏面には『東映承認済』のシールが貼られています。



かなり厚みのある仮面ライダーV3のメタルが貼られています。
これは目立つ。絶対に目立つぞ。



メタルの左下には「V3 35th ANNIVERSARY」の刻印が。
前回も書きましたが、『MASKEDRIDER』というのは海外での仮面ライダーの呼び方「マスクド・ライダー」です。



2005年9月製造の製品です。
Aから順に1月、2月・・・と数えていきます。



ネットオークションなどではビックリな高値で落札されています。
私はこれも前回のと同様に3000円で手に入れました!
ジッポーコレクション、楽しいですよ!
煙草を吸う人のコレクションだと思うかもしれませんが・・・私は煙草を吸いません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPPOコレクション 87

2016-06-23 18:43:42 | 4号室 ZIPPO保管室
蚤の市でゲットした新品のジッポー第二弾です。


人気が高い仮面ライダーのデザインのジッポーです。



裏面には『東映承認済』のシールが。



厚みのある仮面ライダー1号デザインのメタルが貼られています。
派手さと重厚感。結構重いですよ。



メタルの左下には「35th ANNIVERSARY」の印字があります。
目立つな、これ。
『MASKED RIDER』と書かれていますが・・・海外で仮面ライダーは「マスクド・ライダー」と呼ばれているんですね~。
定価は10,500円・・・かなり高価です。



塗装で潰れていますが、ちゃんとZIPPOの刻印がありますよ。
2005年9月製造の製品です。



ネットオークションなどではかなり高値で取引されています。
なんと3000円で手に入れました!
これだからジッポーコレクションはやめられない♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPPOコレクション 86

2016-05-30 20:27:13 | 4号室 ZIPPO保管室
蚤の市でゲットした新品のジッポーです。


仮面ライダーのデザインのジッポーです。
表裏同じデザイン。



メタル貼りなのでゴツくて非常に重いです。
ものすごい重量感・・・。普通のジッポーの倍ぐらいの重量ですよ・・・。



新品なので、袋から出さずに撮影しています。
封印のシールには「本製品は特殊加工のため直接お手をふれないようお願い致します」と書かれています。
シルバーメッキではないようですが・・・。



No,8681の刻印が。限定品にしては数が多いですが、人気があってなかなか手に入らない希少品ですよ。



側面に「30th ANNIVERSARY」の刻印が。



2004年5月の製品です。



ネットオークションなどではかなり高値で取引されています。
3500円で手に入れました!
ラッキー♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPPOコレクション 85

2016-03-30 18:55:30 | 4号室 ZIPPO保管室
激安中古ジッポーを発見!


久し振りにジッポーが格安で手に入りました。
大して珍しくはないロゴデザインのジッポーですが・・・300円って。



極端に大きな傷は無いので、この価格はお買い得!
っていうか、300円の時点で買いでしょ~。



中古ジッポーの中には、インサイドユニットが偽物の場合があるんですが・・・これは本物でしたよ。



本物はインサイドユニットの側面にZIPPOのロゴが入っています。
中古のジッポーを買う際には、激安に限らずインサイドユニットも確認しましょう。



1996年4月の製品です。



最近、中古ジッポーの販売価格が上がってるような気がします。
ディアゴスティーニのZIPPOコレクションが原因なのか??
それとも私のブログが原因・・・って、まさかね(笑)。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPPOコレクション 84 スペシャル

2016-02-22 19:14:01 | 4号室 ZIPPO保管室
機能付きジッポーは便利・・・というか楽しいです。


時計付きジッポーです。かなり使い込まれている中古品。
何でライターに時計が付いてるのかって・・・多分、「付けたかったから」っていうだけの理由でしょうね(笑)。
でも、それがカッコイイって思うんですよ、私は。



時計が付いている分、かなり厚みがあります。



中古で1000円ぐらいで買いました。時計はしっかり動いていますよ。



時計はアウトサイドユニットからスライドさせて取り外し可能です。
取り外した後、時計を無くしてしまったらかなりみっともない感じになりますが・・・。



時計の電池交換が可能なので、長い間愛用することができますよ。
使い捨てじゃないところが嬉しいですね♪



1995年9月製造の製品です。
一度も時計の電池交換をしていないとしたら・・・20年以上も動いてることになりますね。
凄いな、アナログ。



旅行先に持って行けば・・・あまり役に立たないか(笑)。
スマホや携帯、あるしね。
腕時計だってあるしね。



機能付きジッポーの機能って、無用の長物。蛇足。
でも、それがジッポーの魅力ですよね~!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPPOコレクション 83

2016-01-13 19:27:36 | 4号室 ZIPPO保管室
私のコレクションの中で、10本の指に入るぐらい古いコレクションです。


ヴィンテージとして古いっていうわけではなくて、コレクション始める前から持っているジッポーです。
アメリカのアンティークコインが貼り付けられています。
シルバープレート(銀メッキ)ですよ。



ホームセンターの喫煙具売り場を通り掛ったときに、一目惚れして買ったのを覚えています。
・・・当時の私には結構高かったんですよ・・・。
ふはははは、衝動買い!!
シルバープレートのジッポーはどうしても黒ずんでしまいます。
磨き方は当ブログのカテゴリー「3号室 趣味の技術室」内の「ZIPPOを磨く」で詳しく説明していますので、気になる方は見てみて下さい。



このアンティークコインは1916~1930に実際に流通していた25セント硬貨です。
あれ?古かったらもう100年経ってるね・・・。



山とか釣りとかで結構使い込みました。
お気に入りのジッポーですからね~♪



1994年1月製です。
もう、22年も前に製造されたジッポーです。



古いことは良いことだ(笑)。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPPOコレクション 82

2015-10-28 18:47:02 | 4号室 ZIPPO保管室
うさぎジッポーですよ~。


ニューヨークのセントラルパークに住む動物たちがデザインのジッポーのひとつです。



裏面は完全に真っ黒。



新品です。ブラックアイス仕上げなので、向きを変えると光が反射して絵柄が写真に写らなくなります・・・。
色も黒く見えません。



うさぎがデザインのジッポーってあまり見掛けないので、ソッコーで買ってしまいました。
擬人化したうさぎじゃなく、リアルなデザインのって、ホントに無いんですよ~。



1995年3月の製品です。もう、20年も前のジッポーです。



何だか最近、身近で中古ジッポーライターの価格が高騰してるような・・・(汗)。
ディアゴスティーニのZIPPOコレクションの影響でコレクターが増えたからなのか?
それとも多趣味部のZIPPOコレクションのせいなのか?(それはないよね・・・。)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPPOコレクション 81

2015-10-10 19:02:50 | 4号室 ZIPPO保管室
記念すべき、81回目です!
って、中途半端だろ。そういうのは前回言えって(笑)。


ず~っと前に、ちょっとだけ登場したジッポーです。
小学館のアウトドア月刊誌「BE-PAL」で創刊15周年記念で販売されたジッポーですよ。
ツリーハウスが描かれています。



クロムメッキでハイポリッシュ仕上げです。
裏面は無地です。



未使用品です。アウトドアズマンは大切に持ってそうですね。
上部がフラットな1937年レプリカです。



1996年2月の製品です。



こんな感じに撮ると・・・なかなかイイですよね♪



これは・・・欲しいと思っても、簡単には手に入らないと思いますよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPPOコレクション 80

2015-08-18 21:15:18 | 4号室 ZIPPO保管室
プラチナって、なんだかいい響きじゃありませんか・・・?


シンプルな大人のデザインのジッポーです。
っていうか、使う人のほとんどが大人なんだけどね。



裏面は無地ですが、ちょっと違った輝きです。



プラチナコーティングのジッポーですよ。シルバーコーティング(シルバープレート:銀メッキのこと)のジッポーはかなり種類が多いですが、プラチナプレートとなると、かなり種類が少なくなります。もちろん普通に販売されているんですが・・・ちょっと割高。



普通のクロムメッキやシルバープレートと比較すると、光の反射が違います。
輝きだけで周囲と差を付けられるジッポーだと思いますよ。



2011年3月の製品。
比較的新しいジッポーです。



なにげにカッコイイ、そんなジッポーです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加