うさぎ学園 多趣味部

学長でウサギのむぎまる君・ZIPPO・ウイスキー・旅行・釣り・・・今日も全力で遊びます!

茨城県古河総合公園のミソハギがとても綺麗

2014-08-06 18:43:02 | 31号室 ハスを見に行こう
ミソハギが植えられている面積はそれほど広くはないんですが・・・。


それでもとっても綺麗です!





一眼レフデジカメで撮りましたが、コンパクトデジカメでも綺麗に撮れますよ。





これは「バーベナ」かな?種がどこかから飛んできたのか、一本だけ咲いていました。



紫色の「バジル」と黄色い「ニッコウキスゲ」。緑の中にあると目立ちます。



縦位置での撮影。ピントの位置を変えて撮ってみました。どっちがいいかな?





「ミソハギ」の向こうに「ハス」が見えます。



花を眺めていると心が安らぎます。



こういう癒し、いいですよね(笑)。



近くに行ったら、寄ってみませんか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茨城県の古河総合公園のハスが綺麗です

2014-08-05 18:12:31 | 31号室 ハスを見に行こう
茨城県古河市の「古河総合公園」にハスの花を見に行きました。


こんなところですよ。もちろん入場は無料です。



かなり広い公園です。春は「桃まつり」がありますよ。



園内にはちょっとしたレストハウスがあります。



ここは、館林市のつつじが丘公園とは違って、徒歩で充分にハスの花が楽しめます。



ここからは一眼レフで撮った写真です。







おや?この構図はおかしいですね・・・。セミの抜け殻がハスのつぼみの上に・・・ってのはありえないです。きっと、誰かが置いて、イメージ写真を撮ったんだと思います。



だってほら、下は池だからセミの幼虫はあるいてハスに登れないもの。



つつじが丘公園では撮れなかったタイプの写真を撮ってきました(笑)。







花が終わるとこうなります。これはこれでいい雰囲気。



どうでしょう、ちょっと行ってみませんか?



暑いので、熱中症には気を付けて!帽子とドリンクを忘れずに。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

群馬県館林市つつじが丘公園の「花ハスまつり」(その5) 最終回

2014-08-04 17:35:23 | 31号室 ハスを見に行こう
花ハスまつりは最終回ですが・・・花の見頃は今ですよ!


こんなふうに咲いてる花はなかなか無かったのですが・・・これはちょっといい感じに撮れました。



そうそう、ずっと出してなかった遊覧船の全体像(笑)。いい雰囲気でしょ~!



船の上から野鳥達の写真をたくさん撮りました。しかし、動く船の上から動く鳥を撮るっていうのは・・・思った以上に難しい(汗)。
これは「カワウ」です。大きい口で魚を丸飲みにしちゃいます。





「鵜飼い」で使うのは海にいる「ウミウ」です。カワウの嘴には細かい歯(みたいな細かいギザギザ)があるので、せっかく捕らえた魚の身体にキズが付いちゃうんです。





「コブハクチョウ」。黒い部分にコブがあるからコブハクチョウです。これは・・・この沼で飼われているのかな。



被写体を見付けたらソッコーで構図を決めてピントを合わせてシャッターを切らないと・・・勝手に被写体がフレームアウトしちゃうんですよ(汗)。ピントはズレていくし・・・。



上空を飛んで行く「ゴイサギ」の若鳥。成鳥とは身体の色が違います。サギ類は魚の他にオタマジャクシやザリガニやカエルも食べます。



ハスの葉の上に乗って小魚を狙う「コサギ」。いわゆる白鷺(しろさぎ)って呼ばれるサギの中では一番小さくて、一年中見られます。



「カイツブリ」。この子も小魚を食べます。水辺でけたたましく「ケケケケケケケケ・・・」って鳴いてるのがこのカイツブリです。





この写真は、ピントが惜しかった~!カイツブリとオニヤンマです。足場が船上じゃなかったら・・・(惜し)。でも船上じゃないと撮れないかも。



これは良く撮れました!お気に入りの写真です。カイツブリの親子ですよ。子供は親と身体の模様が違います。



野鳥の写真を撮るなら・・・ボートを借りる、っていう方法もありますよ。30分600円だったかな。
もし行ったら、遊覧船に乗ってみて下さい!後悔はしませんよ~!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

群馬県館林市つつじが丘公園の「花ハスまつり」(その4) 花がいっぱい

2014-08-03 17:04:37 | 31号室 ハスを見に行こう
今回は一眼レフデジカメで撮った写真です。


船着き場の側から撮った写真。魚網ですね。養殖場なんかで見掛けるやつです。



遊覧船の上から撮りました。コンパクトデジカメの写真と比べると奥行き感があります。



ハスの写真をたくさん撮りましたよ~!











遊覧船・・・乗ってみると本当に楽しいですよ。遊覧時間は30分ぐらい。





大人700円の乗船料は決して高くないですよ!





花が終わったあとの造形美。



次回は最終回。船の上から撮った野鳥達です!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

群馬県館林市つつじが丘公園の「花ハスまつり」(その3) ハスの花は蓮華

2014-08-02 12:48:15 | 31号室 ハスを見に行こう
船頭さんがとってもいい人でした。


ハスの葉っぱの茎をポキッと折ると、茎の中はほぼ中空です。葉っぱの真ん中の黄緑色っぽいとこに穴を開けてお酒を注いで・・・。



こんな風に飲むと、お酒(この場合は日本酒だな)。のハスの葉っぱの香りが付いて美味しいんだそうです。「象鼻杯(ぞうびはい)」っていうそうですよ。
あ、この人が船頭さんです。



やっと開いてる花があった~!



花びらがポロッと取れると・・・。



こうなります。何かに似てませんか?そうそう、ラーメンのスープを飲む時に使うレンゲにそっくり。レンゲはハスの花の「蓮華」のこと。レンゲはこれがモチーフなんです。



花が散るとこんなのが残ります。ジョウロの先っぽってこんな形してますよね。アレを「蓮口(はすくち)」っていうのはこれに似てるからなんです。



前の写真のヤツの中には、こんな実が入っています。「ハスの実」です。



で、ハスの実を剥くと、中には白い実が入っています。生で食べられますよ。ナッツのような感じでちょっと甘くて美味しいです!



船頭さんが何か始めましたよ。



このハスは「古代ハス」で・・・古代ハスの中のアレは緑色じゃなく黄色なんです。



古代ハスはたくさんのつぼみを付けていました。









古代ハスは色が濃いって、船頭さんが教えてくれました。





次回は一眼レフデジカメで撮った写真です。お楽しみに!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

群馬県館林市つつじが丘公園の「花ハスまつり」(その2) ハス群の中へ!

2014-08-01 21:11:36 | 31号室 ハスを見に行こう
さあ、遊覧船がハス群の中に入りました!


こんな体験ができるなんて。これは楽しいですよ~!



まだ、ハスはあんまり咲いていないんですね。



航路はちゃんとあるんですよ。どんどん突き進んで行きます。









広い沼なので、ハスもたくさんあります。約30万株あるそうですよ。





船名は「第2つつじ丸」です。



ハスの花は朝開くので、午前中に見に行った方がいいです。私は正午近くに入ったので・・・花が閉じていました(汗)。



乗船料700円で・・・これはお得な体験です!



次回はハスの花と実がいっぱいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

群馬県館林市つつじが丘公園の「花ハスまつり」(その1) ・・・あれっ?

2014-07-31 20:23:57 | 31号室 ハスを見に行こう
ツツジが咲く時期にはすっごい混雑のつつじが丘公園ですが・・・。


あれっ?人がいない・・・。閑散。今日は閉園??



ツツジ祭りの時期は駐車場は有料なのに、当然のように無料。もう、どこに停めてもOK。
お土産屋さんがシャッター街になっちゃってます(汗)。



入場も無料でした。ほら、中にも人がいないでしょ。



でも、和むのにはいいですよね。和風庭園がとてもいい雰囲気です。







遊覧船乗り場はちゃんと営業してました。貸しボートもあるんですよ。30分600円。観光地ならこんなもんかな?。私は700円の料金を払って遊覧船に乗ります。



船着き場にはサイクルボートがたくさん係留されています。



屋形船もあるんだ・・・。



「城沼」っていう沼です。周囲5Kmもあるそうですよ。





この遊覧船に乗ります。基本はモーターボートですね。遊覧船は2隻あって、一隻はちょっと前に出船していました。こっちはたまたまですが貸し切り状態でしたよ。



さあ、出発!これは楽しそうです!っていうか、出船と同時にもう楽しいです(笑)。遠くにハスが見えますね。あそこを目指すのだ!



ふふふふ、次回に続きます(笑)。お楽しみに~!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加