すずめのどんぐり

オットひとり ムスメ(はぼ)が小5、 ムスコ(ぐり)年長の保育園児。絵日記でしたが、さぼり中。

こどもに自慢する親

2017年02月22日 | ぐり5歳~6歳
ばーちゃん手づくりの明昌雛を出しました。 ついでに もうこいのぼりも出しといたよ、 玄関に

 ピアノの上です

 家人だれもこの物体について言及しません。 だれにも言及されることなく 出されてしまわれるだけの存在のおひなさま。

まあわたしも、 ムスメが将来 「ママがちゃんとおひなさま出さなかったから おヨメに行けない」 とかほざいたときのために 「おかあさんはちゃんとおひなさま毎年毎年かざったわよ。 あーたがお嫁に行けますようにと心を込めて毎年。」 と言い返すためにだけやってます。 でも、 おもしろいから 旧暦の節句まで仕舞わずに置いとこうかな どのくらい晩婚になるか 実験だ~

 ムスコの雛壇
ムスコ5歳は あいかわらず 開封動画ごっこをしています。 このジュウオウジャー、 わたしはけっこうバカにしてましたが、 よくできてます。 どのパーツ (キューブ) も自在にカタチが変わり 組み合わせもかぎりなく広がるし、 箱から一つずつ出して エアカメラに向かって解説しながら ひととおり組み合わせをつくっているだけで 半日くらい ひとりであそべてしまいます



さて、 ムスメと 「あたしンち」 を見てると みかん(ムスメ)に 「昔は 『サブリナ』 と声をかけられるほど細かった」「昔はまつげが濃かったので 外国人とまちがえられた」 と 「昔」 じまんばかりするお母さん。

ムスメ 「なんで あんなしょーもないことを自慢するのかなあ」

わたし 「昔の母親って みんなあんなカンジだったよ、 スキあらば こどもに自慢ばっかりしてた」


わたしの母も 「高校のときの実力試験で国語でトップを取った」「新聞の短歌欄で選ばれて東京で表彰された」から 「みんながあこがれてた男子生徒から告白(のようなことを)された」・・・・ ホント、 昔話 = 自慢、 でした。

そんで たまに親戚 (母の姉妹) に会うと また自慢なのね 「高校のときに一度だけ英語でいい成績を・・・・」「この子はいい大学に行けるって先生が・・・・」 こどもとか孫のじゃなくて じぶんの 「昔」 の自慢ですよ?

父の兄弟もそんなカンジで お酒が入ると 「昔のじぶん」自慢がはじまる・・・・・ 今のオトナ(親世代)って すくなくとも こんなに正面切って 「昔」 の 「じぶん」 を自慢することってないよね? 

まあ、 同年代で集まったときに ほろ酔いのときに 「甲子園行った」 とかそんな程度の自慢をすることはあっても、 わけわかってない幼いこども相手に がんがん 「昔」「自分」自慢するオトナっていないよねえ。 
 

それだけ 昔の人のほうが 不完全燃焼感が強いってことなんでしょうか? だからひきずってる?


それとも 昔が高度成長期でぶいぶいすぎて いまのじぶんが物足りない?

 うちのインフルちゃん
食事をあまりとれてないので ほっそりしちゃってかわいそう・・・・


ぎゃくに いまのオトナのほうは 昔自慢じゃなくて トラウマを見境なく語るようになってるので、 自慢の対象が 「見栄」 から 「不幸」 に変わっただけなのかもしれませんけどね。


 朝きのこうどん

『育児』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インフルエンザの報告 | トップ | 小4の保健の授業 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL