すずめのどんぐり

オットひとり ムスメ(はぼ)が小5、 ムスコ(ぐり)年長の保育園児。絵日記でしたが、さぼり中。

つねに選びつづけなければならない

2018年02月19日 | ごちそう
スコッチエッグをつくりました~ コロッケも。 まだ スーパーに食品がほとんどないので、 根菜と冷凍庫一掃でのりきってます。 春夏に冷凍しておいた青菜の存在が 心強いです。 オットはよく 「冷凍庫は万能庫じゃないぞ! 冷凍すれば 永遠の命がやどるわけじゃないんだぞ」 とわたしを脅しますが、 わたしは冷凍庫を信じてます



コロッケも万能な存在ですよね~ 味を変えれば なににも使えるし。 
卵でとじてどんぶりに。


オットがガソリンスタンドで給油しようとしたら オイルキャップがはまっていないことを発見。 オットはいつもおなじセルフのところでいれてるので、 店の人に 「オイルキャップ忘れてませんでした?」 と聞くと

ダンボール箱いっぱいのオイルキャップを見せられ、 「どれでもいくつでも持っていってくださーい」 と言われたそうな。

その後、 週末恒例のプールへ。 オットは先週そこで 耳栓をなくしたらしく、 フロントで 「耳栓の落とし物ありませんでした?」 と聞くと これまた

箱いっぱいの耳栓を見せられ、 おなじセリフを・・・・・

ムスメが中学生になったら持つ予定のスマホをチェック中のオット。
ムスメがもつものなので 大きさと重さをチェックしたいと店員さんにもらすと
それぞれ本製品とおなじ重さと大きさのサンプルをくれたそうです。
こどもたちがスマホごっこしてあそんでいますが、 ムスメは 「もっと早くスマホもちたい」 と言いだしています。
サンプルのちからって あなどれませんね。


 お休みの日の朝食時には ムスメにこの曲を弾いてもらうのが 定番になりつつあります。 喫茶店でモーニング食べてる気分になって フーフで ムスメにピアノ習わせてよかったね~ と話してます。

Robert Stolz: Tattoo For Lovers (Das Signal erklingt, lebe wohl)
 恋人たちの舞踏会

 

朝寝中のムスコ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネグリジェのおばあさん・・・・・・こわいかも

2018年02月18日 | はぼ小学5年生












こういうデザインのネグリジェ (いまはナイトドレスって言うらしい)なんですが、 パイル地 (タオル生地) でできているので どうやら重さで 丈が伸びていっているようです。

かなり色あせてきてるので 買い替えたいんですが、 丈がまだまだじゅうぶんいけるので いまいちふんぎりがつかない・・・・

 つぎはこれを着せようかな・・・・


オットは 「なんかこのまま はぼがオールドミスになって あいかわらずこのネグリジェをひきずりながら うちにいつまでもいるんじゃないか」 というキョーフを捨てきれないようです。 たしかに オットがいる時間には (就寝時刻前と早朝) ムスメは いつもこれを着ているので 存在とむすびついてるんでしょうね。

ランズエンドのこの春のライン、 ほしいわ~ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あたしおねえさんだから

2018年02月17日 | はぼ小学5年生








出た! 超絶安請け合いオトコ!!



これを書くのに、 いま話題になっているという 「あたしおかあさんだから」 という歌の歌詞を読んでみました。


母親の応援歌らしいのに ネットで叩かれちゃって かわいそうに、 まあネットって 自分の代わりに悩んでくれるヒトか 自分より病んでるヒトを 探しに行く場所だから それもしょうがないことなのかなとおもってたんですが、 読んでみて

 わたしもムリかもこの歌詞

歌を聴いたわけではないので、 歌になるとまたカンジがかわってくるのかもしれませんが、 なんていうかぞわぞわしてきて なにか言いたくなる気持ちもちょっとわかるかも・・

てゆーか 自己犠牲をとうとうと歌っていいのは 演歌だけ、 という法則を発見しましたよ。


いまやってるオリンピックの選手もサポートする人も 聞かれても 自己犠牲について とくとくと語る人はいないよね。 じぶんを犠牲にしているとおもっているうちは まだなににもなれていないから。 まだなにごとも成し遂げていないから。


それどころか わが身をなげうって尽くしているヒトほど 「わたしが母親じゃないほうが この子はシアワセになれたのではないか」「もっと有能な人がサポートしていれば なにかが変わったのではないか」 と罪悪感を感じていて じぶんの犠牲分に陶酔したりはしていない気がします。


ピースをつないだだけの切りっぱのパズルのようで たしかに共感しずらいかなと感じました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムスメよ、あなたにそのバージンロードを歩いてほしい

2018年02月16日 | はぼ小学5年生












ママはただ、 朝5時から オットたち保護者がいっしょうけんめい雪掻きしてくれた通学路を キミに歩いてほしかっただけなのよう

(休むなら 別の日にと言いたかった)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じぶんであることをまずたのしむ

2018年02月15日 | はぼ小学5年生
カーリングのノルウェー男子のパンツがステキ。 ムスメがほしがってました。 

 イケメンが着ているだけに よけいにクル。

「ノルウェーカーリングチームのクリストファー・スボエ選手いわく、『今回のオリンピック では12の衣装を用意している』とのことで」 さすが世界第3位、 あそびごころがあって 競技をたのしんでいるカンジが いいですよね~



たのしんでいるといえば うちの小5女児。 バレンタインでいただいた友チョコは さすがに小5だけあって どれもパティシエ顔負けの すばらしい出来! 種類もブラウニーありーの マカロンありーの トリュフありーの とっても凝っていて、 ムスメがつくっているような チョコを型にながしこんだだけ、 みたいなのは ほとんどありません。

去年から その兆候はあったので、 つくるまえに ムスメにちゃんとリサーチしたんですよね。 「今年は もうちょっと凝ったもの つくってみたら?」 って。

 「いつものでいい」 キッパリ

そして つくると ちょっとずつをさっさと友達とおとうと、 じじばば用に梱包して、 のこった半数くらいは じぶんでうれしそうに食べてます。

「女の子でよかった~」 だそうで、 それって バレンタインの基本なのかも。 女の子でいることをたのしんでますよね。

 

ムスメのこの競争心や対抗心のなさというか まわりをほとんど気にしてないところは ちょっとしんぱいですが、 裏を返すと 相対比較で じぶんの行動を決めないっていうのは なかなかすごい。

じぶんのやりたいことだけを たのしめる範囲でだけ やっているカンジで、 ものごころついたころから まわりにあわせることばかり腐心していたわたしとくらべると、 ムスメは 天性のマイペースさんですね。

いいところでもあり のんびりしすぎているような気もしますが、 すくなくとも 最大限に じぶんでいることをたのしめる生き方なのかなとおもいます。

  小3ころのムスメ。 うさぎの折り紙をもってます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加