別館 兄弟仁義

超常現象ドラマの兄弟愛と家族愛をうっとおしくつつくブログ

スーパーナチュラル シーズン10 つれづれ感想1

2017-03-15 22:12:14 | シーズン10
第1話 黒い眼

バンカーで調べ続けるサム。ディーンの部屋に行き、ベットに残された書置きを見る。「サミー、俺を探すな」
手がかりを見つけ、キャスに電話する。さびれたモーテルで寝てます。脚はだけてる。サービスショットv
咳き込んで具合悪そうなキャスの様子になかなか気づかず、意気込んで話すサム(兄貴でいっぱい)
さすがに途中で気づき、休んでくれと態度を変える。
二人でディーンを案じる。サムキャスいいですv

デーモン兄は酒場の女アン=マリーとお楽しみ。ジェン相変わらずムチムチ。アン=マリー役の女優さん、毎度スパナチュのゲスト女性はきれい。でも相変わらず色っぽくないラブシーン(笑) スパナチュは全年齢対象ですんで。
クラウリー「俺のベッドで?」 兄とツインで旅してるようですよ! ビッチ・ジャークも言ったよ!

キャスのところに天使のハンナが現われ、地上で油売ってる天使を回収するのを手伝ってほしいと頼む。
ドアを開けたバスローブ姿の彼にハンナさん気まずげ。視線下。パンイチなのかノーパンなのか。これってパンツはいてなかったディーンに向き合ったクラウリーと対なんだよね(笑) だからフルチンじゃね。

アン=マリーの元カレをぶちのめし、アバドンの残党をさっくり片付けるディーン。
サムは警察で、コンビニで男が惨殺された事件のビデオを見せてもらう(毎度FBI)。そこにはディーンがカインの剣をふるう姿が。
そしてその目は漆黒に。衝撃を受けるサム。クラウリーの居所を突き止め、電話する。

ディーンは相棒だとあおるクラに、兄貴を必ず助け出しお前を殺すと言い切る態度がカッコいい。が、どうしても「あにきはぼくのだ。おまえなんかにやらないからな!」と駄々っ子弟にしか見えず、クラウリーの気持ちが痛いほどわかる。
そのクラもディーンに、本格的に組んで地獄を二人で思いのままにしよう!と誘う。利も得たいがバディにもなりたい。やはりただの兄スキー。兄貴花いちもんめ。

一方サムは、コールという男に拉致されてしまう。妻子持ちで軍隊上りらしいが、なぜか兄貴を付け狙い、弟を人質に。
ディーンに電話で交渉するも、「あいつはわかってる。俺は助けない」と切るディーン。



悪魔となっていたディーンは新しい生活を始め、クラウリーと行動を共にし、手の付けられない状態になっていた(DVD解説項より)

そうかあ?
クラウリーは手を焼いてたけど、そんな大した悪っぷりじゃないぞ。ジェンは歌上手いのに、ディーンは手の付けられない音痴設定は継続してるが(笑) そして吹き替え版ではちゃんと東地さんがへたっぴに歌ってます。ジェンより威勢良いヨ。
結局今回ディーンが殺したのは悪魔二人で、アン=マリーの元カレを酷い目に合わせたところが悪魔化と言えるくらい。
しかしあの程度ではサイコな乱暴者だし、下手歌がなって店員を突き飛ばすのはただの酔っ払い。アン=マリーにかけた言葉はクズ男。でも彼女が自分に入れこまないようにけん制してる感じで、思いやりしか感じない。

むしろ兄貴を探し奔走する弟の方が手の付けられない状態
女悪魔を詰問するときの形相のすごさよ。
ジャレが腕を折ったのでサムも悪魔に折られた設定に。シーズン3でもやったよねジャレ(^^;

天使パートについては語りたくない。雑魚天使の幼稚さを言及するの飽きた。
女天使たちが闘争的で、男天使どもはおろおろ。言ってることはまともなようでいて、子供の言い草だ相変わらず。
男天使「いつから天使は分からず屋になった」 はじめからだ。そして天使間のショボい肉体戦。
でもハンナちゃんとキャスはちょっといい感じ。さあキャスファンがごねるぞ(笑)
愛や夢は人間のものよと言ったハンナと、そうだなと答えたキャスの部分だけ、何か示唆してて沁みた。

謎の男コール。彼の脅迫に動じず、サムを殺していいというディーンにファンは騒然としたみたいね。
みたいねって、また動じてませんが。黒い眼君だし。

それよりもさ。書置きですよ。
悪魔が書置き
そっちの方がよっぽど動揺

おかしいだろ!? そしてディーンが消えてから1か月以上たってる設定なのに、そのまま書置きをベッドに置いたままにし、たまに読みに来てるんだろう弟の行動もおかしいですよね!? 現場証拠保存かよ!?

まあ、ウィンチェスター兄弟だからな…(それがすべて)

どうも一回目だけでは、ディーンは「悪魔を気取った男」程度にしか見えませんね私は。
血に飢えた刻印に餌をやらないと、本物の悪魔になってしまうというのもわからない。じゃ今のディーンは人外で悪魔未満ということ?
クラウリーが言ってるだけなんだが、刻印の影響が気になるのは確か。

初回のつかみはばっちりだったと思います。しかし天使パートは変わらずの予感(^^; 
コールは面白く出るか、これからというところ。しかしまたサムは昏倒した。一応あれ、利き手を折ってるのとコールも手練れなので出遅れた設定が効いてるんだけど、いくら頑丈な子とはいえ、気絶させすぎ。いやこれだけ頭打って気を失っても後遺症が出ないほど頑丈ってことか…(スパナチュ的逆転の発想)

オープニングにかかった曲が良かった。何度も書くけど、みんなブー言う(笑)カーヴァーさんがショーランナーになってから、音楽の使い方はとてもいいんだよね。

『Heartbreaker』という80年代のロック。時代を感じさせるメイク カッコいいね。



今日からスパドラさんでS10放映ということで、応援に突貫で書きました。
1話だけで各話ないよ(笑) また当分沈みます。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅するドラマ | トップ | 増え続ける幸せ »

コメントを投稿

シーズン10」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事