森の散歩道

四季折々の自然の風景・鳥や花・生き物など…出会いを綴っています。

カヤクグリ

2017-05-17 | 立山

 ライチョウを探している間、カヤクグリがちょこちょこ出て来ました。

頭の上で囀っていた、カヤクグリの雄  イワヒバリ科/L14cm 繁殖期は亜高山帯から高山帯の岩場や草地でみられます。

 

 

 

 

 

 頭の色が淡色の雌 子育て用の巣材集めにあちこち歩き回っていました。

 

 

 

落ちているライチョウの羽を、巣に敷くようです。

 

 

 

 

 

 ベンチに飛び乗ったり、人が歩いている遊歩道へ出てきたリと、可愛らしい姿を見せてくれました。

 

 

 

 

 

 立山自然保護センターへ通じる「雪の回廊」

朝は凍り付いて通行止めになっていたのですが、昼頃にはたくさんの人が歩かれていました。

 

 室堂山へ登って行くスキーヤーやボーダーの方たちが見えます。雪面にはシュプールが描かれています。

 

 大日岳の斜面の雪が崩れています。雪が緩んで来ると雪崩が起きやすくなりますね。

 

 

 雲上の別天地で、鳥の出会いとゆったりした時間を楽しみました。

 
にほんブログ村
 ご訪問ありがとうございます

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春のライチョウ | トップ | アオサギの求愛ダンス »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
羨ましい~~ (Simco)
2017-05-17 21:02:09
カヤクグリ、未見で憧れの鳥です。
この地味な色合いがとても魅力的です。
こちらでも見られる山はあるのですが、なかなか行けなくて。

どのショットも素敵ですね。
そして雪の回廊、今は「もうしばらく雪はいいや!」の心境ですが(^^;、これはすごいです。
見てみたいです。
白い世界、綺麗ですね。
カヤクグリ (korekore)
2017-05-17 21:55:54
こちらでは冬鳥です。
今の時季、高いお山に移動して繁殖にはいるんですね。
木のてっぺんでさえずる珍しい光景です。
こちらでは草陰とかにいて、なかなか姿を垣間見ることは困難なのです。
そういうところから、カヤクグリという名前がついたようです。
Simcoさん (kogamo)
2017-05-18 08:38:08
こちらにもコメントいただきありがとうございます。
Simcoさんは、カヤクグリを見られたことがなかったですか。
スズメのような色合いですが、高山の自然にうまく溶け込んでいるのかなあと思います。
そちらの近いお山でも会えるとよいですね。

>「もうしばらく雪はいいや!」
お気持ちよくわかります。寒いのも嫌ですよね。
台湾や雪のない所の人たちには雪が珍しいようで、連日「雪の大谷」を散策するツアーの団体さんが多いです。
ありがとうございました。
korekoreさん (kogamo)
2017-05-18 08:47:21
korekoreさんのブログで、冬にカヤクグリを見せてもらって、いつも羨ましく思っていました。
春になると繁殖活動にたくさんのカヤクグリが立山へ上がって来るようです。
もういいかな?と思うくらい撮れたので良かったです。
カヤクグリは、名前のとおり普段は薮の影になって見つけにくいのでしょうね。
立山では、雪の上は遮るものがないので良く目立ちました。
ありがとうございました。



立山の鳥たち (鳥魅童心)
2017-05-18 09:24:23
立山の自然は最高!!
出掛けた時のことを思い出しました。
ライチョウが動き回っているということは・・・・・・
雄の縄張り主張やディスプレイは、まだ少し早いのでしょうか?
真っ白なライチョウもいいけど、やはり、この時期のライチョウが一番綺麗かな?
カヤクグリの鋭いまなざしにも会いたくなりました。
しばらく舳倉島に行っていてコメントが遅くなりました。
すみませんでした。
立山 (min628)
2017-05-18 13:26:27
立山はいつ見せていただいても嬉しいです^^
カヤクグリは遠くからしか見たことがなかったのですが、正面のお顔を見せていただくと、たしかにヒバリのような顔立ちですね。
いろいろな表情を見背ていただいて嬉しかったです^^
そちらはもうすっかり初夏なのだろうな〜、と思ったら、こんなに雪が!
あ、そうか、そういえばこちらも遠くの山はまだ真っ白でした^^;
カヤクグリ ()
2017-05-18 15:07:34
こんにちは。
カヤクグリ、沢山素敵に撮られましたね。
随分近かったのでしょうか。
巣材集めに忙しそうですね。
そう言えば私も1度だけ撮った事がありました。
kogamoさんとご一緒の時だったような・・・。
こんな近くからではなかったようです。

立山自然保護センターへ通じる「雪の回廊」、未だこんなに雪があるのですね。
懐かしく拝見させて頂きました。
鳥魅童心さん (kogamo)
2017-05-18 17:39:14
立山の自然は最高!と言って下さってありがとうございます。
鳥魅童心さんは、雪の上のカヤクグリをバッチリ撮られていましたね。
ライチョウは、今はテリトリーの確保に動いているようです。
これから雌もやって来て、番になるのも間もなくですね。
そうそう、繁殖期は、雄も雌も輝いていてきれいです。

舳倉島へ行って来られたのですね。
たくさんの野鳥の出会いを楽しまれたことでしょう。
これから写真整理も大変ですね。
Unknown (畦夢)
2017-05-18 19:18:06
カヤクグリを綺麗に撮られましたね。
さすがです。惚れ惚れ眺めさせてもらいました。
以前に一度私も撮ったことがあるのですが、
撮れたのは2枚だけでした(笑)。
min628さん (kogamo)
2017-05-18 20:58:19
見ていただきありがとうございます。
そっか。カヤクグリはイワヒバリ科だから、ヒバリの親戚でしょうか。
カヤクグリは人の足元近くまで歩いて来ることもあり、ひとしきり遊べて楽しかったです。
室堂平では、6~7mぐらいの積雪がありましたが、平地は初夏です。
日中は暑い日も多くなってきましたよ。
そちらも初夏らしくなるのも、もうすぐですね。(^^

コメントを投稿

立山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。